足立が辻元の巨大な疑惑を発表!隣の14.2億円こそ不当に高い地価・民進党が産経新聞に抗議文!

38 4
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






足立康史 辻元清美 疑惑に迫る!新疑惑発覚!(土地価格操作)「野田中央公園が疑惑の中心!」「森友学園はフィクション!」「玉木さんも落ちたもんだ、都合の悪い答弁を ...
3月29日、日本維新の会の足立康史議員は、国会(衆議院 国土交通委員会)で、辻元清美の「3つの疑惑」のうち、野田中央公園の【14億値引き】に係る「巨大な疑惑」について発表した!


辻元清美の「3つの疑惑」報道で民進党が産経新聞に抗議文
「流言飛語を疑惑扱い」「首相夫人とは事柄の本質異なる」「厳重に抗議するとともに、法的措置も含めた対応を検討する」

http://www.sankei.com/politics/news/170329/plt1703290021-n1.html
【森友学園問題】
辻元清美氏「3の疑惑」報道で民進党が産経新聞に抗議文 「流言飛語を疑惑扱い」「首相夫人とは事柄の本質異なる」
2017.3.29 18:55更新 、産経新聞

辻元清美議員=2月28日午前、大阪府豊中市(永田直也撮影)
辻元清美議員=2月28日午前、大阪府豊中市(永田直也撮影)

 森友学園(大阪市)問題に関する本紙記事「辻元氏 3つの『疑惑』」(28日付)をめぐり、民進党は29日、産経新聞政治部長宛てに、柿沢未途役員室長名で抗議文を出した。全文は次の通り。
     


 辻元清美議員に関わる報道記事について

 貴紙は3月28日朝刊紙面において、辻元議員に関し、「3つの疑惑」として、籠池夫人の安倍昭恵夫人宛メールに書かれている内容やネット上に流布している流言飛語をあたかも根拠ある疑惑であるかのように報道した。

 しかし、記事に書かれた3つとも、裏取り取材をすれば、容易に事実でない事が判明するものである。だからこそ他の新聞社は「疑惑」という書き方はせず、辻元議員側の否定コメントを淡々と報じているのみである。

 それを「3つの疑惑」と見出しを付けて喧伝し、わずか数時間後に回答期限を設定した質問状にその日のうちに回答しなかった事をもって、辻元議員があたかも説明責任を怠ったかのような書き方をしたのは、著しく公正を欠いた報道と言わざるを得ない。

 安倍総理は国会答弁で「辻元議員も同じ」と発言したが、裏取りすれば事実が容易に判明する辻元議員の場合と、裏取りのための資料も出さず、証人喚問にも応じない政府関係者や安倍明恵夫人(原文ママ)と籠池証人との関係性の問題は、事柄の性質が明確に異なる

 「確認取材」という報道取材の基本を欠いた記事を掲載した貴社に対し、厳重に抗議するとともに、法的措置も含めた対応を検討する。

         以上



>森友学園(大阪市)問題に関する本紙記事「辻元氏 3つの『疑惑』」(28日付)をめぐり、民進党は29日、産経新聞政治部長宛てに、柿沢未途役員室長名で抗議文を出した。全文は次の通り。


民進党がいちいち報道規制をしたり、報道規制に逆らった産経新聞に抗議文を出したりするのは、民進党に後ろめたさがある証拠だ。

籠池妻のメールに辻元の悪事について記述されていたことは事実なのだから、やましいことがなければメディア各位に対して報道規制を強く要求したり、無視して報道した産経新聞に抗議文を出したりしない。






>しかし、記事に書かれた3つとも、裏取り取材をすれば、容易に事実でない事が判明するものである。


そんなことはない!

裏取り取材をすれば、辻元清美の疑惑は益々深まる!






> 「確認取材」という報道取材の基本を欠いた記事を掲載した貴社に対し、厳重に抗議するとともに、法的措置も含めた対応を検討する。


また批判封じのために「法的措置」の恫喝かよ!

民進党や鳥越俊太郎などの左翼は、都合が悪くなるとすぐに「法的措置」の恫喝・脅迫する傾向がある。




さて、辻元清美の「3つの疑惑」については、次々と疑惑から事実への確認作業が進んでいる。

3月29日、国会(衆議院 国土交通委員会)で、日本維新の会の足立康史議員は、辻元清美の「3つの疑惑」のうち、【14億値引き】について「巨大な疑惑」を発表した!

辻元清美の「3つの疑惑」のうち、【14億値引き】とは次の部分だ。

民進・辻元清美氏に新たな「3つの疑惑」
2017.3.28 00:19更新、産経新聞

(一部抜粋)
■14億値引き

 第3の疑惑は、学園の小学校建設地に隣接する「野田中央公園」についてだ。

 同公園はもともと国有地。平成22年10月12日の豊中市議会での市側説明によると、国との契約金額は14億2386万3000円。これが計14億262万円の国庫補助金などを得て、最終的に市の負担は2124万3000円で済んだ。

 市に交付された国庫補助金は、リーマン・ショックの経済対策目的などで、麻生太郎内閣が平成21年度補正予算で決めたものだ。ただ、辻元氏は21年9月から22年5月まで民主党政権で国交副大臣を務めたこともあり、同年10月の豊中市議会では質問者から「政権が代わったからこうなったのか」などの指摘も出た。


上記の疑惑に対し、民進党の回答は次のとおりだった。

第3 野田中央公園に関する補助金について

 野田中央公園の用地取得に関する補助金等は、麻生政権下の平成21年第一次補正予算で決定されたものを鳩山政権下で引き継いで執行したものです。


民進党は「野田中央公園の用地取得に関する補助金等は、麻生政権下の平成21年第一次補正予算で決定されたものを鳩山政権下で引き継いで執行したものです。」と回答して自分たちの責任ではないと主張したが、とんでもない誤魔化しであり、実際には民主党政権の辻元清美国交副大臣が「自分の庭」の土地価格を不当に引き上げるために交付金を利用して異常な高値で土地取引を成立させたのだった!

当ブログの3月25日付記事で、森友学園が購入した土地は実際にはゼロ(タダ同然)~マイナスの価値しかなかったことについて説明した。

足立康史議員によると、豊中市の「野田中央公園」や森友学園が購入した土地の周辺は、「辻元清美の庭」なのだ。


「辻元清美の庭」の土地の値段を上げるため、本来はタダ同然の土地なのに交付金などを利用して高額で土地の取引をさせた!

森友学園が購入した土地に隣接する豊中市の「野田中央公園」の14億2千万円という値段も壮大なフィクションであり、本来はタダ同然の「辻元清美の庭」地上げするために交付金などを利用して14億円以上で取引させたのだ!

3.29国会 足立康史 辻本清美に巨大な疑惑が・・・
■動画
3/29国会 足立康史 辻本清美に巨大な疑惑が・・・
https://www.youtube.com/watch?v=qMes87jNZIM&t=7m57s

(7:57~)
足立康史 辻元清美 疑惑に迫る!新疑惑発覚!(土地価格操作)「野田中央公園が疑惑の中心!」「森友学園はフィクション!」「玉木さんも落ちたもんだ、都合の悪い答弁をスルー」爆笑 最新の面白い国会中継
足立康史 辻元清美 疑惑に迫る!新疑惑発覚!(土地価格操作)「野田中央公園が疑惑の中心!」「森友学園はフィクション!」「玉木さんも落ちたもんだ、都合の悪い答弁をスルー」爆笑 最新の面白い国会中継
https://www.youtube.com/watch?v=b78p2QzdeiQ&t=445s

【要約と重要部分の文字起こし】
(7:25~)

日本維新の会・足立康史議員
今回の問題で、実はもう一つ大きな、より巨大な疑惑が、辻元清美議員に係る疑惑が持ち上がりました!
籠池夫人と昭恵夫人との間のメールのやり取りの中に辻元議員の名前がいっぱい出てきます。
今日、本当に玉木さんも落ちたもんだ。
玉木委員が「地域活性化公共投資臨時交付金」について質問したました。
麻生政権の補正予算で、平成21年5月の閣議決定だと政府から答弁しました。
そして、先ほど交付決定が平成22年3月12日だと答弁があった。
それなのに、玉木さんは都合が悪いからそれをスルーした。
平成21年の8月末に(民主党への)政権交代の解散総選挙があった。
豊中市が初めてこの土地の話を航空局に持ち込んだのは、航空局、分かりますか?
平成21年の8月末の総選挙の直後、政権交代が決まった後、平成21年9月11日に豊中市が大阪航空局に初めて話を持ち込んだ。
その4日後の9月15日に航空局は、近畿財務局に話を持ち込んでいます。
その3日後に辻元清美さんは、国土交通副大臣になっています。
そして、半年かけて調整がいろいろあって、(翌年の)平成22年3月12日にこの金額が決まっている。


平成21年の8月末、民主党への政権交代の解散総選挙
平成21年9月11日、豊中市が大阪航空局に対し、普通財産買い受け要望書を提出
平成22年9月15日、大阪航空局は、近畿財務局に対し、その土地の処分を依頼。
平成22年3月10日、豊中市が土地の購入。
平成22年3月12日、交付金の金額が決定。


(11:02~)
森友学園の土地については、皆でよくやったことであり、美談だ(問題なし)。
疑惑は、隣の野田中央公園だ!
14.2億円の売却価格は、実は豊中市が周辺の土地の値段を調べて入札したのではない。
これは随意契約だから、見積もり合わせで相対で調整した。
それで豊中市は14.2億円という価格を入札した。
なぜ14.2億円という価格になったかというと、以前からずっとある国交省の7.1億円の「2分の1補助制度」に加えて、先ほどから話題になっている「臨時交付金」が6.9億円が付くから足し算して更に2千万円だけ上乗せして14億2千万円という数字になった。
これは国の補助制度がつくった数字だ。
国の補助制度がつくった数字が14.2億円だった。
これは否定できない仮説だ。
(中略)
民進党は、この14.2億円を取り上げて森友学園が1.3億円で土地を購入できたことをおかしいと喧伝している。
しかし、この14.2億円は、地域の実勢から出て来た数字ではない!
これは補助制度がつくった人工的な数字なんです!
この野田中央公園辻元清美議員の庭みたいな土地だから、地価をドーンとぶち上げた!
辻元清美議員の庭みたいな野田中央公園の地価を上げたかったんです!

これで地価は上がっている!
この土地が14.2億円で取引された。
これは、この地域の地価を上げたかったんです!
全てヤラセです!
野田中央公園【14.2億円】は、壮大なるフィクションです!
国と府の補助制度がつくり出した壮大なるヤラセです。
そして、森友学園の問題は、それに付随して出て来た。
この問題を最初にぶち上げた木村真さんという豊中市議会議員らは、酷い人たちなんです。
酷いことをやっている人たちなんですよ!
この問題は、森友学園の問題ではなく、野田中央公園こそ疑惑のど真ん中にある。
その辻元議員の疑惑をこれからも追及していくことをお誓い申し上げて質問を終わらせていただきます。


(参考)
486 :名無しさん@1周年:2017/03/29(水) 14:08:39.58 ID:IG5Do5Be0
維新足立議員
・問題の本質は野田中央公園の不当に高額な土地価格
・14億は豊中市の札入れ価格、高く入れるのは当然
・14億は補助金を最初から見込んだ数字、ただで入手するのはマズいから2千万を足した
・補助金申請、交付は民主党政権時
・結果として周辺土地は高騰、この辺は辻元議員の庭


民主党政権で辻元清美国交副大臣の時に補助金上限9.9億のうち6.9億を臨時交付で野田中央公園に充て1/2補助金7.1億を入れた。
格好を付けるために2千万だけ豊中に払わせて土地を値上げした。

役人も答弁していたので間違っていない

土地の価値を補助金によって上げた
産廃は出る、騒音はある、地歴が悪いクズ土地だったものに14億の価値がついたのは民主党が補助金を多く出して豊中市がおまけで土地の代金を出したから辻元のお庭の地価を上げたかったがためにやったんだろ?という話 
実際地価は上がってる


民進党はFAXで「野田中央公園は麻生政権の引き継ぎ」と言ったが完全にウソ
豊中市が補助金申請して、交付したのが民主党政権・辻元が国交副大臣の時
民主党政権で補助金マシマシしたので、土地14億に対して市の負担額はたった2000万だった



もともとこの土地は伊丹空港の飛行ルートの真下にある事、木造文化住宅が密集してることから
昭和60年ぐらいから国が土地を買い上げての再開発が進められてた。
土地は公園にする約束で豊中市も住民移転とかに協力してたけど、バブルがはじけて国家財政が厳しくなると、
国は公園にするなら豊中市が土地を国から買えと約束を変えてきた。
怒った豊中市議会と、公園にしたい豊中市のやり取りは平成9年から平成21年までつづいて、
21年には300万円という調査費を出してる。
市議会は10億円以上する土地なんて買えるわけないのに、調査費ってなんだとこれも怒ってる。
けど、22年に突然市事案決議として国から2000万円で買える契約が結べましたとだけ上げてくる。








●関連記事
安倍首相が辻元清美の疑惑について国会で言及・フジテレビも辻元の疑惑や民進党の報道規制などを報道
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6615.html

(一部抜粋)
民主党政権となり、辻元清美が国土交通副大臣になったら、14億円以上の夢のような補助金が交付され、結局豊中市はタダ同然(約2千万円)の値段で購入することができた。 安倍昭恵夫人が籠池氏に100万円渡していな
画像

隣接する土地の【14億値引き】については、民主党政権となり、辻元清美が国土交通副大臣になったら、14億円以上の夢のような補助金が交付され、結局豊中市はタダ同然(約2千万円)の値段で購入することができた。
豊中市議会の議事録
平成22年10月12日建設水道常任委員会(決算)-10月12日-01号 委員(岡本清治)

平成22年10月12日建設水道常任委員会(決算)-10月12日-01号 委員(岡本清治)

委員(岡本清治) この(仮称)野田中央公園につきましては、当初予算が15億455万円、契約金額が14億2,386万円となっておりましたけれども、その後さまざまな国庫補助金と合わせて14億262万円が補助対象となるといったことから、実質1億8,250万円の市債も2,124万3,000円の一般財源で購入することができたと、夢みたいな話でございますが、これはどういうかげんでタイミングよくこうなったかわかりませんけれども、政権かわったからこうなったかどうかわかりませんが、どちらにしても当初は理事者も頭を悩ませておった大変大きな金額でありますが、一般財源で買えるといったいいチャンスに恵まれたんではないかと思っております。




●関連記事
松井一郎府知事「辻元清美の話は言わないでねと言われたらメディアは民進党に悪い忖度をしている」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6612.html

(一部抜粋)
森友学園が購入した国有地については鑑定価格が異常に(不当に)高く、実際の取引価格はゼロ(タダ同然)~マイナスが妥当なのだ。

理由は、次のとおり。

――――――――――
1.ゴミ(廃材等)が埋まっている。
2.広大な土地なので住宅向けの小さな土地よりも大幅に安い。(鑑定価格は住宅地の公示価格をベースにして算定しているので実態よりかなり高い)
3.伊丹空港への飛行機の進入路の真下にあり、建物の高さ制限騒音のため、マンションなどを建設できない。
4.隣接する「豊中市公園」整備用地も、補助金や交付金が支給されて最終的にタダ同然で売却された。
5.付近の「豊中市給食センタ-」整備用地は、アスベストを含むコンクリートガラ等が埋まっているため、売買価格よりも埋設物撤去費用の方が大きく、事実上のマイナス価格となっている!
――――――――――

以上の理由から、森友学園が購入した土地は、実際にはゼロ~マイナスの価値しかなかったのだ!


森友学園が購入した国有地の価値が実際にはゼロ~マイナスしかなかったことについては、籠池証人喚問で質疑を行った自民党の葉梨康弘議員が説明したし、証人喚問の後には経済評論家の須田慎一郎がとても分かり易く説明している。

「実は森友への値引きは特別な待遇ではないと言える」と自民党の葉梨康弘議員が説明!▽
森友学園・籠池氏証人喚問。葉梨康弘!自民の追及が怖すぎ!2017年3月23日衆議院予算委員会。
■動画
森友学園・籠池氏証人喚問。葉梨康弘!自民の追及が怖すぎ!2017年3月23日衆議院予算委員会。
https://www.youtube.com/watch?v=RyHiwpRfYrU&t=21m50s

「実は森友への値引きは特別な待遇ではないと言える」と自民党の葉梨康弘議員も説明! -
葉梨康弘議員が国会で提示したパネル(拡大画像
【要旨】
(21:50~)

▽豊中での空港国有地・売却例 比較▽

「森友学園小学校」整備用地
・売却価格: 1.3億円
・埋設物撤去費用: 8.2億円(国側が値引き負担)

「豊中市公園」整備用地 (森友小学校に隣接の「野田中央公園」)
・売却価格: 14.2億円
(国から14億円の補助・交付金で豊中市の支出:0.2億円
・埋設物は撤去せず盛り土で封じ込め公園整備
(豊中市は盛り土費用0.2億円を国へ請求中)

「豊中市給食センタ-」整備用地
・売却価格: 7.7億円
・埋設物撤去費用:14.3億円
(売却主が負担せよと豊中市は関空会社と協議中)



【参考】
須田慎一郎【DHC】3/24(金) 武田邦彦・須田慎一郎・居島一平【虎ノ門ニュース】
須田慎一郎
本当に国有地の売却価格は、安かったのか?

実は、財務省は、森友学園に国有地を高値掴みさせた可能性がある!
【DHC】3.24(金) 武田邦彦・須田慎一郎・居島一平【虎ノ門ニュース】
■動画
【DHC】3/24(金) 武田邦彦・須田慎一郎・居島一平【虎ノ門ニュース】
https://www.youtube.com/watch?v=_2db7EpWVvo&t=12m56s

(12:56~)


須田慎一郎が語るメディアが伝えない籠池問題の核心
■動画
須田慎一郎が語るメディアが伝えない籠池問題の核心
https://www.youtube.com/watch?v=1DKvqEzzQ_8



須田慎一郎
須田慎一郎「そもそも森友学園への国有地の売却価格は格安ではなかった」

http://biz-journal.jp/2017/03/post_18470.html
森友・籠池氏、財務省と大阪府に「ハメられた」可能性…崩れる「国有地払い下げ」説
2017.03.25、ビジネスジャーナル(文=横山渉/ジャーナリスト)
森友・籠池氏、財務省と大阪府に「ハメられた」可能性…崩れる「国有地払い下げ」説

(一部抜粋)

 この問題を取材するジャーナリストの須田慎一郎氏は「籠池氏は肝心なことについて、何も理解していないのではないか」と証人喚問を見た印象を語る。その上で、国有地が格安で売却されたと報じられているが、そのこと自体に異議を唱える。

「そもそも、土地の鑑定評価額9億5600万円に妥当性はあるのか。その算定根拠については、ほとんど報道されていません。すぐ近くに名神高速が通っていますが、その向こう側に住宅地があり、その宅地評価額をベースに算定したものです。小学校用地はかなり広いのですが、そこに狭い土地を前提とする宅地価格をあてはめて計算するのは不動産取引上あり得ません。だから、実際はかなり安くなるはずです」

 小学校用地のロケーションも決して良いとはいえない。伊丹空港の騒音の問題と建物の高さ制限がある。よって、不動産業者にとってはマンション建築などで開発しづらい土地だ。

「宅地価格を当てはめたのは理不尽ですし、逆にいえば、9億5600万円は不当に高いということになる。道路を隔てすぐ隣の国有地9492平方メートルが豊中市に14億2300万円で売却されたと報道されていますが、実際に豊中市が支払ったのはたった2000万円ほどです」

 近畿財務局が10年に公共随契で豊中市に売却した土地の価格が14億2300万円で、森友学園への売却額の約10倍とされてきた。しかし、国から7億1000万円の公庫補助金、住宅市街総合整備事業の補助金が出ていた。さらに、臨時交付金、地域活性化公共投資として6億9000万円も出ていた。それらを差し引くと、豊中市の実際の負担額は約2000万円というわけだ。

 つまり、森友学園が不当に格安で国有地の払い下げを受けたとする前提が崩れることになる。

「土地の評価額を高く設定するのは仕方ないとしても、ああいう使いづらい土地は補助金やなんらかの名目で価格を下げるための調整をするわけです。森友の場合、補助金に当たるのがゴミの撤去費用8億1900万円だったと考えられます。この金額は7メートル除去する前提の費用だそうです」




左:「全部、言っちゃうね。 ~本名・清水富美加、今日、出家しまする。~」千眼 美子著(2017/2/28)
中:「トランプ革命で甦る日本」西村幸祐&ケント・ギルバート著(2017/1/19)
右:『米国人弁護士が「断罪」東京裁判という茶番』ケント・ギルバート著(2016/12/16)


左:【セット品】DHC ブルーベリーエキス 60日分 120粒 3袋セット
中:【セット品】DHC 亜鉛 60日 60粒 3袋セット
右:デルモンテ 国産 旬にしぼったトマトジュース 750ml×6本


「足立康史、Good Job!」
「民進党は、言論弾圧やめろ!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)
日本維新の会・足立康史議員の発言

足立「今回の問題で、実はもうひとつ大きな、より巨大な疑惑がね、辻元清美議員に係る疑惑が持ち上がりました。籠池夫人と昭恵夫人とのメールのやり取りの中に、辻元清美議員の名前がいっぱい出てきます。

でね、今日ほんとに(民進党)玉木さんも落ちたもんだねぇ、あのぅ、玉木委員のやり取りの中で玉木委員が地域活性化公共投資臨時交付金について質問しました。これについて政府から答弁がありました。これは麻生政権の補正予算で21年5月の閣議決定だと。そりゃそうですよ?で交付決定はいつかって聞いたんですよ、さっき。そしたら交付決定は22年の3月12日だって答弁ありました。

それねぇ、玉木さんスルーしたんですよスルー。都合悪いからですよ。ね?えーともう時間ないんでねぇ、私の方からザクっと言いますよ。21年8月30日だったかな?21年の8月末に解散総選挙の選挙がありました。政権交代選挙です。21年8月末です。

豊中が、初めて、豊中が初めてこの土地の話を航空局に持ち込んだのはいつですか航空局わかりますか?私から言おうか?面倒くさい?じゃあ僕から言うから合ってるかどうか確認してね?

21年8月末の総選挙の直後、政権交代が決まった後、21年の9月11日に豊中市が航空局に案件を初めて持ち込みました。4日後の21年9月15日に航空局は近財に話を持ち込んでます。その3日後に辻元清美さんは国交副大臣になってます。ね?そして半年かけて調整がいろいろあって、22年の3月12日にこの金額が決まってる、こういうスケジュールはだいたい合ってますね?だいたいっていうのは正確ですね?」

佐藤航空局長「お答え申し上げます。委員ご指摘の通り平成21年9月11日に豊中市が大阪航空局に対し普通財産買受要望書を提出致しました。で、9月15日に大阪航空局から近畿財務局に対しその土地の処分の依頼をしてございます。で、翌平成22年3月10日に豊中市がその土地を購入したということでございます」

足立「つまりね、この森友学園の問題はみんなで、国も府も一緒になって新しい私立小学校を作ることに、出来るだけ行政サービスですね?いや僕もやりますよよく。役所に電話し『これ白だろ?白だったら早く白にしろよ』と言って電話します。黒を白にしろとは言いませんよ?ねぇ?お金貰って黒を白にしろというのはダメです。やってる人いませんよね?

白なのに、行政が滞ってた時に『早くやったれよ白だろ』と。あるいはこんなのも多いですよ?行政が黒だと言ってる奴を地元からもらいます。それを見ると同じものが白で処理されてることがあるんですよ。行政なんてそんなもんです。『これが白ならこれも白だろ』と言って行政を殴ると、すぐに課長が飛んできて『白でした』って言って進むわけです。こんなことはねぇ、僕ら国会議員の事務所だったら1日に100件くらいやってますよ。」

委員長「足立議員質問をして下さい」

足立「ああ質問します。でね、だからね、結局ね、9-8=1が疑惑じゃないんです。これはよくやったと。みんなでよくやった。いい話、美談なんですよ。疑惑は隣の野田中央公園でしたか?あれ14.2億の売却価格これも言ってましたよ玉木さんが。ね?14.2。14.2っていうのはね、実は豊中市が周りの土地を色々調べてこれくらいで札を入れようと言ってやったんじゃないですよ?これは随契ですから見積もり合わせということで相対で調整したわけです。

その時に豊中市は14.2という価格を入れました。でも何で14.2になったか知ってます?国交省の7.1億の1/2補助制度これはずっとあります。そこに加えて先程から話題になっている臨時交付金が6.9億つくから、足し算をして2千万だけ積んで14.2にしたんです。これは国の補助制度が作った数字なんですわかります?国の補助制度が作った数字なんです14.2。いいですねこれ国交省ええと内閣府だ、内閣府僕の、私の仮説はええとそうだとは言わないと思いますが否定できますか?」

内閣府青柳地方創生推進事務局審議官「(答弁に立とうとしたところで足立議員から「否定出来るかどうか!」)えー、お答え致します。あの地域活性化公共…(足立「いいよ!否定出来るかどうか」)否定というか事実関係をちょっと申しあげさせて頂きますが(足立「ちょっと圧縮して圧縮して」)あの、この公金、豊中市に関しましては、野田中央公園の他にもですね文科省所管の小中学校の耐震補強、それから単独事業、に係る地方負担分も対象として限度額が全体で9億9,701万円ということであの交付金をジュゾウ?しております。その内の6億9,000万円が野田中央公園に充当されたということで地方負担額は他にも文科省の関係などで(足立「だから否定…委員長!」)」

(審議官、答弁終えて席へ戻ろうとする。足立「いいよだから事実関係は全部知ってんだから。私の仮説は否定できますかと言ってんだよ」委員長「足立君、委員長の許可貰って下さい」)

青柳審議官「お答え致します。事実関係としては(足立「もういい。委員長いいです」)今申し上げた通りです」

足立「(苛立って)おい答弁しろよちゃんと。あのね、今言われたようにいくつか事業があります。これね、またじっくり時間がある時やりますけどね、明らかに、ね?国がお金をバラ撒くわけです。そのお金を豊中市は使い切れないんですよ。それぐらい配ってるんですよ。でいくつかの事業にこうハメていったんだけど、残ったお金が6億9千万です。いいですか?これねぇ僕の仮説ですよ?でもね、否定…またじっくりやりましょう時間ないんでね。

要は9.9億円のお金を上限として、9.9億円のお金を上限として辻元清美副大臣も閣内にいる、政府の中にいる民主党政権の時にですね、9.9億円を配ると決めたんですよ。これ決めたのは民主党政権ですよ?繰り返し言いますけど。でその9.9億円を使える費目は限られてますから、豊中市はこれに張り付けて、あと残り2つの事業があります大きく言うと。その2つの事業に張り付けたわけですよ。そしたら6.9余ったんです。余ったんです。

でその6.9を先程の1/2補助制度と6.9。まず6.9が出来たわけです。6.9使い切ってしまわないと勿体無い。でその6.9に1/2補助制度を合わせて、ね?丸めると1/2補助制度の7、14ですよ。でじゃあ、タダで貰うのもカッコ悪いから2千万だけ積んで14.2で札を入れたんですよ。私はこういう臨時交付金制度はおかしいと思いますが内閣府どうですか?」

青柳審議官「お答え致します。えー、ちょっとあの1点事実関係を申し上げますけれども(足立「もういいや!あなたいい!もう!委員長!」委員長「ちょっと待って。答弁!答弁!」足立「時間ないんでもういい!もういい!」)豊中市から実施計画の申請を行なっておりまして、その時の公園に係る総事業費は15億455万円ということで申請を頂いております」

足立「だからね、その申請というのは、出来るだけ大きく申請すんですよ自治体っちゅうのは当たり前だろもう事前にそんなことは全て事前調整でやり取りしてるから、あんたいらないこと喋らなくていいんだよ。聞いたことを答えなさい聞いたことを。

それで、私がなぜこの問題に拘るか。要すればね、民進党はこの14.2を取り上げて1.3はおかしいとさっきから喧伝してる。でもこの14.2という数字は地域の実勢から出てきた数字じゃないんだって言ってるんですよ私は。これは補助制度が作った人工的な数字なんです。いいですか?

でこの数字を、ね?野田中央公園でドーンとぶち上げたのは、このへんはもう辻元清美議員の庭みたいなとこですから。辻元清美議員の庭みたいなとこで、その土地の地価を上げたかったんですよ地価を。これで地価上がってますよ?いいですか?この土地で、この土地が14.2億円で取引されたわけですよ。これはこの地域の地価を上げたかったんですよ。いいですか?全てヤラセです。

私に言わせれば、野田中央公園の14.2億円は壮大なるフィクションですこれは。国と府の補助制度が作り出した壮大なるこれはあの、ヤラセです。そして、森友学園の問題はそれに付随して出てきて、地元の、ね?あのー、いいですか?この問題を最初にぶちあげた木村さんていう市会議員いましたね?木村さんやったっけ?木村さんていう豊中の市会議員。あの人はね、テレビでですよ?テレビ局が放送する番組で、森友学園の小学校のことをえー、(委員長から急かされ)兎に角ね、酷い人たちなんですよ。だから、あっ、酷いことをやってる人たちなんですよ。だから是非皆さんね、この問題は森友学園の問題ではなくて、野田中央公園こそ疑惑のど真ん中にあるということを、辻元清美議員の疑惑をこれからも追及していくことをお誓い申し上げて質問を終わりますありがとうございます」

委員長「ただいま足立君の発言中、不適当な言辞があったと民進党理事から指摘がございましたので速記録を調査の上後刻理事会で協議を致します」



関連記事
ページトップ