天光寺の住職、在日韓国人の高尾聖賢が「体験修行」として預かった中学生らに暴行・東京都西多摩郡

66 5
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






【※注意】
当ブログ記事について

天光寺は、日本テレビの報道についてBPO(放送倫理委員会)の審査を申込み、受理されております

天光寺の主張は、次のサイトに詳しく掲載されています。

今回の、日本テレビの報道内容につきまして、当山の見解、並びに映像をご報告させて頂きます。
https://tenkouji2.jimdo.com/


今後、BPO(放送倫理委員会)の審査結果に応じ、当ブログ記事の内容についても修正、削除などを行うことがあります。


天光寺の住職、在日韓国人の高尾聖賢が「体験修行」として預かった中学生らに暴行・東京都西多摩郡
東京都西多摩郡檜原村にある臼杵山の【天光寺】の住職である【高尾聖賢】は、「体験修行」として預かった中学生らに暴行を加えたり、寺の領収書の整理を手伝わせたりしていた!
映像が撮影さているにもかかわらず、「やっていません」と暴行そのものを否定!
実は、天光寺の住職の高尾聖賢は、在日韓国人だった!

しかも、天光寺は宗教法人として認可されていない偽寺であるにもかかわらず、テレビなどのマスゴミはこの韓国人の偽寺「体験修行」を宣伝していた!

http://www.news24.jp/articles/2016/11/14/07346411.html
【独自】寺の住職「体験修行」生徒ら暴行か
2016年11月14日 12:18

 東京の多摩地域にある寺で、「体験修行」として預かっている中学生らに、住職が暴行していた疑いなどがあるとして、児童相談所が中学生らを保護していたことがわかった。

 東京の多摩地域にある寺で先月下旬に撮影された映像には、預けられている中学3年の15歳の男子生徒が寺の住職に顔を平手打ちされたり、棒でたたかれたりする様子などが記録されている。

 暴行被害を訴える男子中学生(15)「(住職に)全身的に全体を殴られる。(Q:素手で?)素手の時もありますし、太鼓の棒とかでたたかれる時もある。ボコボコにされるし、めっちゃ怖いんで、言葉だけでも圧倒されるぐらい怖い。1秒でも早く(寺から)出たいです」

 男子生徒の耳や腕などには、暴行によってできたとみられるあざが残っていた。

 この寺では不登校や家庭の事情などの問題を抱える子供たちを1日あたり7500円で預かり、「体験修行」として、滝行や写経などを行っているとしている。しかし、関係者が寺で撮影した映像には、預かった子供に住職が繰り返し暴行する様子に加えて、寺の領収書の整理を手伝わせている様子も記録されていた。

 目撃した関係者が通報したことなどを受けて、立川児童相談所は11日に寺に立ち入り調査を行い、男子生徒らを保護した。警視庁もこうした情報を把握していて、暴行の実態など情報収集を進めている。

 一方、寺の住職は日本テレビの取材に対し、「やっていません」と暴行そのものを否定している。

【独自】寺の住職「体験修行」学生ら暴行か

【独自】寺の住職「体験修行」学生ら暴行か

【独自】寺の住職「体験修行」学生ら暴行か

【独自】寺の住職「体験修行」学生ら暴行か

【独自】寺の住職「体験修行」学生ら暴行か

【独自】寺の住職「体験修行」学生ら暴行か

【独自】寺の住職「体験修行」学生ら暴行か


【独自】寺の住職「体験修行」学生ら暴行か
■動画
【独自】寺の住職「体験修行」学生ら暴行か
https://www.youtube.com/watch?v=m3EDO6swzZI






>一方、寺の住職は日本テレビの取材に対し、「やっていません」と暴行そのものを否定している。


暴行している映像が撮影さているにもかかわらず、「やっていません」と暴行そのものを否定するのは後ろめたいことをやっている証拠だ。

ここが戸塚ヨットスクールの戸塚宏校長とは完全に異なる。

戸塚宏校長は、体罰教育を信念を持って行い、堂々と教育として体罰をしたと主張していた!
「罰の目的は進歩。重い罰をあたえることは、その子を大きく進歩させる」(戸塚宏・戸塚ヨットスクール校長)
「罰の目的は進歩。重い罰をあたえることは、その子を大きく進歩させる」(戸塚宏・戸塚ヨットスクール校長)

子供(若者)にもよるが、世の中には現実問題として体罰を加えないと厚生できずに殺人犯などになってしまう子供(若者)たちが存在するのだ。

そして、戸塚ヨットスクールでは、そのような子供(若者)たちの多くを見事に立派な真人間に更生させ、多くの人々から感謝されていた。

戸塚宏校長は逮捕され、裁判においても、体罰の事実を認めた上で「教育として体罰を加えた」と堂々と主張した。

その上で、業務上過失致死の罪状なら認めて謝るが、判決で下された傷害致死や監禁致死という罪状を決して認めることはなかった。

一方、天光寺の住職である高尾聖賢は、暴行している映像が放映されたものの、「やっていません」と暴行そのものを否定している。!
天光寺の住職、在日韓国人の高尾聖賢が「体験修行」として預かった中学生らに暴行・東京都西多摩郡

実は、天光寺の住職である高尾聖賢は、在日韓国人だった!

さらに、天光寺は宗教法人として認可されていない偽寺であるにもかかわらず、テレビなどのマスゴミはこの韓国人の偽寺の「体験修行」を宣伝していた!

天光寺の住職、在日韓国人の高尾聖賢が「体験修行」として預かった中学生らに暴行・東京都西多摩郡
https://web.archive.org/web/20040211173807/http://www.kiryou.jp/profile.html

みたま塾ー高尾氣霊易院
http://blogs.yahoo.co.jp/mitamajyukutakao/2536872.html
高尾聖賢

私、高尾光輝は在日韓国人の三世です。
先祖代々シャーマニズムの血を強く継承しており、幼少の頃より、数多くの神秘体験を経験してきました。
韓国では霊山として知られる智異山(チリサン)で修行、日本では真言密教の修行を積んでまいりました。

現在、先祖代々から受け継ぐ霊力と修行で得た力により、
多くの人々の悩みを解決しております。

30年前、神秘的体験をする中、韓国の霊山智異山(チリサン)で神授け、神降ろしの体験をして、各地の霊山で修行しながら、韓国の超気孔師(仙人と言われている長老)より、ヒーリングの奥義を学び現在に至っております。

わが家系のシャーマニズムの血(神氣、神霊)は、一族の誰かが継がなければ、到底収まるものではありませんでした。また、一族なら誰でも良いという訳ではありません。

それはシャーマンをしていた先祖が、(神氣、神霊)の力を持って子孫に降りてくる訳です。先祖に選ばれた子孫がシャーマンになって行く訳です。それは、本人の意思とまったく関係なく降りてきます。

私の場合は、母がシャーマンになる事をずっと拒んでいたため、その子孫である私に降りて来たものと思います。

私は一代目から数えて37代目になります。韓国ではかなり古い一族です。父方の先祖の中には(将軍、僧侶)が多数おり、お寺で儒教を教えた先祖も何人かおります。

私から数えて5代目の先祖は、儒教を教えた先祖の中でも特に名前が通った一人でした。母方の先祖は代々シャーマンを職業にしていた一族です。このような家系から生まれた私は先祖の血と意思をかなり強く引き継がれて、現在の私があると思います。

平成17年3月放送、テレビ東京他(悪払い、降霊)に出演しました。
その他雑誌に数多く紹介されております。

平成17年11月、檜原本山において土地治めのため、十二段の刃物でできたチャット(高さ7m)にのぼり、見守っていた大勢の人が神秘的な体験をしました。

高野山真言宗の寺で得度を受けました。

みたま塾のホームページも合わせてご覧ください。









「在日特権と犯罪」元警視庁通訳捜査官の坂東忠信著
警察内部でさえ明らかにされていなかった詳細データを一挙公開!

http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1235607
坂東忠信の日中憂考
燃えろ国論 燃やすな日本「在日特権と犯罪」発売!
2016.10.11 Tuesday
「在日特権と犯罪」元警視庁通訳捜査官の坂東忠信著が政治部門で第1位に上昇!警察内部でさえ明らかにされていなかった詳細データを一挙公開!

(前略)

近年の嫌韓ブームは、この公表されていなかった統計データとは全く関係なしに国民全体が得ていた「体感治安」であり、その反応は正しかったことを裏付けることができたと思います。

近年の嫌韓ブームは、この公表されていなかった統計データとは全く関係なしに国民全体が得ていた「体感治安」であり、その反応は正しかったことを裏付けることができたと思います。

この日本独特の移民問題である在日特権問題を解決せずに、次の制限無き移民受け入れや難民受け入れを行えばどうなることか?

おそらく、私達の子孫は日本人特有の思いやりや譲り合いがもはや日本でも通用しなくなったことを知り、他の移民政策国の子供達のように、凶暴化して身を守るか、いじめに耐えるサンドバッグになるでしょう。

「在日特権と犯罪」元警視庁通訳捜査官の坂東忠信著が政治部門で第1位に上昇!警察内部でさえ明らかにされていなかった詳細データを一挙公開!


アパートに侵入、女性暴行し現金盗む 容疑で韓国籍の男を逮捕


この機会に、在日韓国人と在日朝鮮人だけが持つ犯罪に係る「在日特権」について説明しておく。

在日韓国人や在日朝鮮人による凶悪犯罪は年々増加しており、深刻な社会問題となっている。

しかし、多くのマスメディアは、この真実を隠蔽し、在日犯罪を助長している。

また、在日外国人は決められた年数ごとに在留許可申請をすることになっているが、在日韓国人と在日朝鮮人だけには「特別永住資格」という在日特権が与えられているため、子々孫々まで日本に居座ることが容認されてしまっている。

これが「法の下の平等」に反する特権(差別)であることは明白だ。


そして、日本の法律では、犯罪を行った外国人については、裁判で有罪が確定し刑期が終了すると国外追放することになっているが、1970年以降、在日韓国人と在日朝鮮人だけは誰一人として犯罪事案を理由に国外追放となっていない!

在日韓国人については韓国政府との間に1965年に結ばれた日韓基本条約の付帯協定「在日韓国人の法的地位協定」によって、内乱罪や麻薬事犯などの重大犯罪以外では韓国に強制送還できないことになっている。

しかしながら、麻薬事犯や懲役七年以上の重大犯罪と規定される事犯で有罪となった在日韓国人と在日朝鮮人も、1970年以降は誰一人として強制送還されていない!

日本は法治国家ということになっているが、歴代日本政府は在日韓国人と在日朝鮮人に対してのみ、法律を無視した「在日特権」を認めて、在日犯罪者たちを野放しにしている。


●関連記事
在日特権!犯罪しても捕まらない・大阪市ヘイトスピーチ抑止条例可決!日本国籍は保護対象外=差別
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6093.html
奥田愛基「俺日本人だけど、在日特権があるとか在日が支配してるとか差別や陰謀論いい加減にしろ」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6281.html
外国人犯罪多発!西川口で防犯キャンペーンのアピール行進・生活保護費を酒代に使いコンビニ強盗!
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6336.html
「在日特権と犯罪」1位(政治部門)・元通訳捜査官の坂東忠信著・非公開の詳細データを一挙公開!
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6405.html




左:「在日特権と犯罪」坂東忠信著(2016/10/8)
中:「カエルの楽園」百田尚樹著 (2016/2/26)
右:『日本人に「憲法」は要らない』西村幸祐著(2016/8/9)


左:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml×15本
中:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 食塩無添加 スマートPET 720ml×15本

右:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6


「在日韓国人は、犯罪者が非常に多い!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)
http://tenkou.sub.jp/wp-content/themes/tenkouji/images/pdf/20161215.pdf
【今回の報道に関する内容につきまして】
この度の一連の報道により、皆々様方に多大なるご迷惑をおかけしました事につきまして、深くお詫びを申し上げます。
当山としても弁明すべき事、多々ございますが、未成年者も関係していたため、あえて成り行きを見守っていた次第です。
少年に対する躾の在り方など、今後改善させていただきます。
今回の件で皆様から沢山のご意見、ご指摘を受け、住職及び役員、職員一同重く受け止めております。今後を見守って頂ければ幸いと存じます。
今回の経緯についてご報告できる範囲でお知らせ致します。
天光寺は主に大手企業の新入社員の修行・研修を行っております。
その他、不登校、引きこもりなどの少年達を両親から預り、修行を行っております。特に、親に反抗する子供を抱える両親は住職に“息子を厳しく指導して欲しい”と言われて預けていきます。
天光寺でお預かりしていた少年の中には、窃盗、暴行、喫煙などの非行を繰り返す少年もおり、その大半が保護者によって連れこられております。また、保護者からは申込書と承諾書及び、保護者が必ず保証人になって頂いております。
今回の報道にありました映像につきましては、まず2階の講堂にて煙がこもっており、その煙は布団部屋から出ていたため火事になったら大変だと思い急いで駆け付けました。布団部屋の布団の中にもぐりこんで、少年達が火災の危険がある行為(喫煙)を行っていたことに起因しています。またこの少年達は以前にも寺を抜け出し、窃盗で何度も警察に補導されることがありました。万が一を考えると、あまりにも危険な行為だった為、私共と致しましても、当初躾の範囲内での指導という認識でしたが、行き過ぎた指導があった事に対しまして、深く反省しお詫び申し上げます。
次に賞味期限・消費期限切れの映像ですが、撮影された前後、数回保健所の調査がありました。その際に期限切れの食材は廃棄の為に一箇所に集めて置いたにもかかわらず、そこのみの映像はあたかも賞味期限・消費期限切れの食品が天光寺で使用されているかの印象を与えました。容器に食べ物の残りを戻す場面に関しては、日頃、住職に食べるだけを大皿に盛るように言われており、盛りすぎて怒られると思い、子供たちが戻している場面と考えます。また、数ヶ月過ぎた卵に関しては、あり得ない映像と考えています。意識的にそのような場面を作り出し撮影したと思われます。
また、日本テレビは『内部の独自取材』と表現していますが、天光寺への11/10(木)取材の了承を得る時点では、本当の目的を伝えておらず、住職に対して滝修行のロケ撮影という名目で撮影しております。少年二人が車内でインタビューを受けていた場面ですが、相談所が保護する際には勿論、インタビューの時間など無く、前日、又はそれ以前に撮影していたと思われます。少年達及び日本テレビ関係者は、児童相談所の介入を事前に知っていたと解釈しております。
宗派の登録についてですが、これも日本テレビの意図が感じられます。理由は、当寺は単立寺として活動しているため、「宗派」云々の登録は存在することはなく、このような単立の寺はいくらでもあります。住職は豊山派の寺院で得度を授かり、加行道場で四度加行を成満し、灌頂も終了しております。
それを何も調べることもなく、一方的な報道に対して憤りを感じております。こういった当山の実態を意図的に歪める報道に対しましては、取材方法を含め、BPO(放送倫理委員会)の審査を申込み、受理されております。
現在、当山顧問弁護士が法的手続きをとっております。
詳細につきましては、後日内容を発表させて頂きます。
関連記事
ページトップ