正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
本当の歴史と外交! 日本国民の生命と財産と自由を守る核武装!取り戻せ、拉致被害者と領土と国家の誇り!がんばれ!維新政党・新風!
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
瀕死の日本株式市場、即効薬は円安誘導・通貨発行量の多い国の通貨は少ない国の通貨より安くなるが、日銀だけが通貨増発を拒んできた・日銀は批判者を脅迫まがいで黙らせる・白川日銀は「デフレ誘導」意図的な「物価下落」で日本経済の貧乏神
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




上:世界では日本の株価だけが20年デフレ、下:見事に連動する日本の株価と円相場
上:世界では日本の株価だけが20年デフレ
下:見事に連動する日本の株価と円相場


http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100718/fnc1007180852000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100718/fnc1007180852000-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100718/fnc1007180852000-n3.htm

【日曜経済講座】
編集委員・田村秀男
瀕死の日本株式市場
即効薬は円安誘導

2010.7.18 08:50、産経新聞

 ◆海外投資家も日本国債に注目

 またもや、政策より政局と言わんばかりの政治情勢だが、政治家諸氏よ、グラフ(上)をみてほしい。日本の株価だけが20年前より3割も低い。米国が大恐慌前の株価水準に回復するには25年かかったが、日本は回復の見通しが全くたたない。株式こそ市場経済の要であり、その活性化なくして日本経済の再生はありえない。その責務は官僚にではなく、決断しない政治にある。政治家は瀕死(ひんし)の株式を放置してきた怠慢を自覚すべきだ。

 どうすればよいか。

 即効薬は円安である。もうひとつのグラフ(下)は、この5年間の日経平均株価と円の対ドル相場の逆相関関係を証明している。つまり、円安のときに株価は上昇し、円高時には株が下落する。米欧では対照的に通貨が上昇するとき、株価も上昇する。

 2007年から円高基調の続く日本では株が売られて、国債だけが買われ続けてきた。高い国際競争力を持つ民間企業が少なからずあるのにその株式が信用されず、主要国中、最大級の債務を抱える政府が発行する国債が買われる。この10年間で日本の家計の預金残高は40兆円強増えたが、株式資産残高は25兆円以上も縮小した。増え続ける預金は銀行を通じて国債に投じられる。この結果、日本国債の95%が国内貯蓄でまかなわれ、国債相場は安定している。

 これをみた海外の投資家は日本株に見向きもせず、国債購入に向かう。日本の円建て資産が買われるのだから、円相場はさらに高くなる。日本の金利は超低利でも、円高が進むと予想されるため、外国の投資家は日本国債で運用すればたやすく為替差益を稼ぐことができる。

(中略)

 円高・株安・デフレというアリ地獄から脱出するためには円安傾向に反転させるしかないが、静かに誘導する必要がある。政府高官が声高に「円安政策をとる」と言えば、米国も欧州も中国も「日本は通貨戦争を仕掛けるつもりか」と非難するだろう。1930年代の大恐慌期、世界は通貨の切り下げ競争に転じ、最終的には第二次世界大戦にまで突き進んだ。

 国際摩擦を少なくする方法はただ一つ。「デフレ対策としての金融の量的緩和」である。通貨の相場とは、他の国の通貨との交換レートのこと。通貨発行量の多い国の通貨は少ない国の通貨より安くなる。米国は08年9月のリーマン・ショック後、ドルの発行量を2倍に増やし、不良資産化しかけた住宅ローン担保証券を買い上げてきた。欧州は、金融市場安定のために中央銀行が大量の資金を発行してきた。中国も人民元を大量に発行してドルを買い上げてきた。日銀だけが通貨増発を拒んできた。円高は当然の帰結である。

 日銀は01年からの5年間に及ぶゼロ金利・量的緩和政策を実施したが、円資金の多くが国内で使われずに国外に流れ、米国や欧州の住宅バブルを促進した。日銀内部に量的緩和の効果に疑問視する向きが多い背景である。しかし、このままでは日本の閉塞(へいそく)状況は切り開けず、円高のままカネは動かず、日本経済は壊死(えし)してしまう。

 ◆新成長分野への投資が急務

 政府は日銀と協調して、日銀が大量発行する資金を国内向けに流す仕組みを早急につくる責務がある。新成長分野を特定し、そこに重点的に投入することだ。民間保有の政府短期証券100兆円を日銀が買い上げるか、政府が新たに無利子国債を大量発行し、日銀が市場を通じて買い上げる方法もある。

 ひたすら国債だけが買われるデフレ下の金融市場の特性を利用し、通貨を大量発行するしか、日本の反攻の道筋は開けないはずだ。



>即効薬は円安である。
>円安のときに株価は上昇し、円高時には株が下落する。
>通貨発行量の多い国の通貨は少ない国の通貨より安くなる。
>日銀だけが通貨増発を拒んできた。円高は当然の帰結である。



事実だ。

やはり日本は通貨発行量をもっともっと増やし、円安と株高を実現するべきだ。





>政府は日銀と協調して、日銀が大量発行する資金を国内向けに流す仕組みを早急につくる責務がある。新成長分野を特定し、そこに重点的に投入することだ。


これに関して、私は以前より、軍需産業(原潜や核ミサイルなど)、海水資源採取産業(レアメタルやウランなど)、カジノ産業などを新たな成長産業として育成することを提言している。

軍需産業は、日本に必要な核弾頭や弾道ミサイルや原潜を開発生産する他、武器輸出を解禁し、日本が競争力のある武器を積極的に輸出する。

日本が官民上げて本気を出せば、世界の武器マーケットで大きなシェアを獲得できる。

また、海水資源採取産業(レアメタルやウランなど)は、日本を資源大国にし、日本の産業構造を激変させる。





>ひたすら国債だけが買われるデフレ下の金融市場の特性を利用し、通貨を大量発行するしか、日本の反攻の道筋は開けないはずだ。


同感だ。

私は、7月16日付ブログ記事で、通貨供給量を増やしてインフレになるように金融調整しない日銀を非難した。

有り難いことに、いろんなご意見を頂き、中には反論や間違いのご指摘も頂いた。

私も間違っていたことはあったが、主な主張に間違いはないと確信している。

つまり、日銀がインフレになるような金融調整を怠ってきたことは紛れもない事実だ。

そして、日銀は2001年から5年間に及ぶゼロ金利・量的緩和政策を実施したものの、十分なインフレにならないままゼロ金利・量的緩和政策を解除してしまった。

ゼロ金利・量的緩和政策を実施したことにより、株価は2003年から2007年まで大きく上昇し、当時の円相場も今のような一方的な円高にはならなかった。

ところが、日銀が2006年に量的緩和を解除し、その後金利も上げたら、株価は急落し、為替は大きく円高となった。

量的緩和をもっと大規模かつ長期的に実施した方が良かったことは明白だろう。


今後、逆に考えて、もしも日銀が量的緩和をプラス2%のインフレになるまで大規模かつ長期にわたって実施した場合、何らかの弊害が発生する可能性は殆どない。

ならば、日銀は30兆円とか50兆円といった規模で日本の紙幣を刷って市場に供給するべきだ。

白川日銀のインフレ目標は、「-1~0%」と最初からマイナス目標だ。

日銀のインフレターゲットがマイナスということは、日銀は最初からデフレになるように金融調整をしているということだ。

すなわち日銀は、「デフレ誘導」をしているのだから、いつまで経っても日本がデフレを脱却できず、円高と株安と不況が続くのは当然のことなのだ。

日銀は、狂っている。


田中秀臣著「デフレ不況―ニホン銀行の大罪」

掲示板の書き込みによると、私は読んでいないが、田中秀臣著(冒頭記事の産経新聞の田村秀男編集委員と似た名前だが別人)「デフレ不況―ニホン銀行の大罪」には次のようなことが書いてあるという。

―――――
日本のマクロ経済学者の多くは、日銀の政策に影響を与えている東大学閥だったり、若い頃に日銀の研究員だったりして、大学や企業に就職しており、日銀を批判すると就職や昇進に差し支えるので日銀を批判しない。
日銀も批判的論説を書く人物を脅迫まがいの事までして黙らせているという証言もある。
―――――


マスコミも、もともと日銀から金融ネタをもらう立場にあるから、あまり日銀を非難できない。

さらに最近日銀は、池上彰まで抱き込んで、テレビでも絶対に日銀を批判する方向に向かわないように根回ししているという。




鳩山首相との会談を終え、記者に囲まれる白川方明日銀総裁(12月2日)
鳩山首相との会談を終え、記者に囲まれる白川方明日銀総裁(2009年12月2日)
http://facta.co.jp/article/201001053.html
白川日銀は「デフレ誘導」
政策“ミス”はこれで三度。世界最悪のGDPギャップを埋めようともしない。実は意図的な「物価下落」。
2010年1月号 [日本経済の貧乏神]


(前略)

本誌(10月20日発売の11月号の「日銀確信犯の『鳩山デフレ』」参照)以外に10月に現状をはっきりデフレと指摘したメディアはほとんどなかった。日銀にもその危機感はなく、現に10月30日、白川方明総裁はデフレ宣言とは正反対の逆噴射をふかしている。この日の政策決定会合で、企業金融支援特別オペを10年3月末に完了、企業の資金調達手段であるCP(コマーシャルペーパー)や社債の買い取りは12月末で完了すると決めた。リーマン・ショックから1年余を経て、一日も早く緊急措置の「出口」を探ろうとしたのである。

同日公表された日銀の「経済・物価情勢の展望」(展望レポート)では、3年連続物価上昇率がマイナスになるとの見通しを立てているが、白川総裁は記者会見で「デフレという言葉で呼ぶかどうかは、論ずる人の定義如何によりますから、その問題にここでは入るつもりはありません」ととぼけている。記者もバカにされたものだ。デフレは「物価が2年連続して下がる」というのが国際社会の常識。デフレの定義をうんぬんする人は、例外なくデフレがわかっていない容認論者がほとんどなのだ。

3週間後に政府がデフレ宣言するとは夢にも思っていなかったことがよくわかる総裁会見だった。政策決定会合に出席した野田佳彦財務副大臣ら政府側も間抜けで、日銀のこれらの措置に「待った」(議決延期請求)もかけずに見過ごした。

11月初めの段階で、政府・日銀にはデフレという認識がなかったのだ。ようやく政府が11月20日にデフレ宣言したのに、同日開かれた日銀の政策決定会合では何も金融緩和策は出なかった。政府と日銀の間で明らかに齟齬が生じている。


(図�)08年危機後のGDPギャップと対応策の効果
(図�)08年危機後のGDPギャップと対応策の効果

(図�)日米欧中央銀行のバランスシートの推移
(図�)日米欧中央銀行のバランスシートの推移

GDPギャップを放置

(中略)

日本のデフレは世界から見ても異常な事態だ。ちなみにOECD経済見通しで、30カ国のうち09年の物価上昇率がマイナスの国は日本を含め8カ国あるが、2年続けてマイナスは日本、アイルランドの2カ国だけだ。実は日本は3年連続マイナスで、こんな国はほかにない。

今回は日銀が政策誘導のタイミングでチョンボを犯したことが明らかだが、日銀は昨年もミスしている。

08年10月8日、リーマン危機後に米欧の銀行間市場が凍りつき、連鎖リスクが高まったため、世界同時利下げが行われた。利下げを発表・実施したのは欧米6中銀のほか、中国、アラブ首長国連邦(UAE)、香港、クウェートの計10カ国・地域。日本の名はない。その前日の7日、日銀は政策決定会合で金利据え置きを決めていたのだ。

8日当日、日銀は利下げではなく「支持」を表明した。あるテレビ局は「支持」を「支援」と報道して慌てて訂正した。それほど日銀の利下げ不参加は、微妙かつ奇異な出来事だった。マスコミからも「日本の不参加で市場には主要7カ国(G7)の足並みの乱れを指摘する声が出る可能性もある」といわれた。

すでに低金利だったので利下げの余地が乏しかったという日銀を擁護する意見もあるが、ゼロ金利下でも量的緩和によって実質金利でマイナス金利にできることは、日銀自身にすでに実績がある。日本だけが金融緩和しないため相対的に日本の金利は割高になり、円高圧力がかかって円が急騰、優良株といわれる輸出関連株が下がって怨嗟の声があがった。日銀が重い腰をあげて政策金利を0.2%下げたのは10月30日、それでも足りず12月19日に0.2%下げて現行の0.1%にしたのだ。

速水優総裁時代のゼロ金利と量的緩和政策に反対したのが当時理事だった今の白川総裁と山口泰副総裁である。利下げも渋々だが、非伝統的な緩和も米欧に比べ日銀が消極的だったのは明らかである。

実は日本の景気が悪いのは、サブプライム危機の余波というより、06~07年の金融引き締めが原因なのだ。06年3月、福井俊彦総裁のもとで量的緩和政策を解除し、同年7月、07年2月、政策金利をそれぞれ0.25%ずつ引き上げた。定量分析をしても、06年中ごろから予兆がみえ、07年に確実になった景気下降をよく説明できた。サブプライムで直撃弾を受けていない日本の景気が不振を脱することができないのは、日銀の政策ミスによるところが大きい。

06年からの金融引き締めの担当者は現総裁の白川筆頭理事である。彼は06~07年、08年、09年と連続して三度のミスを犯しているのだが、会見では薄笑いを浮かべて恥じる様子もない。ただ、ここまで繰り返すのは、単なるミスではなく、確信犯であると思えてならない。

「デフレ・ターゲティング」?

先述した本誌11月号の記事にあるように、世界標準の消費者物価指数(除くエネルギー・食品)でみると、日銀は00年以降、「マイナス1~0%」の幅に見事に物価をコントロールしている。これは単なる偶然ではありえない。実際、日銀の金融政策変更をみれば、ひどいデフレ(マイナス1%以下)にならないよう、しかもデフレから脱却(0%以上)しないよう、完璧にコントロールしているとしか見えない(図�参照)。


日本の消費者物価指数と日銀の政策(消費者物価は前年同月比)
(図�)日本の消費者物価指数と日銀の政策(消費者物価は前年同月比)

日銀は、世界の先進国で標準的になっているインフレ目標について、「実施できる手段がないと信頼を損なう」として反対してきたが、00年以降の結果だけをみると、とんでもない。皮肉をこめて言えば、世界でもっとも物価管理能力のある中央銀行なのだ。ただし、その目標ゾーンが狂っている。「マイナス1~0%」ではなく「1~2%」と、2%ポイントほど上に設定すべきなのだ。

日銀から金融ネタをもらう“御用聞き”マスコミや、研究助成を受ける“御用”経済学者のなかに「本石町応援団」が多い。彼らは日銀の顔色を読んで「量的緩和をしても効果がなかった」と口をそろえる。顕著な効果がなかったのは、物価を生かさず殺さず「デフレ・ターゲティング」に押し込めてきたからだ。

筆者は10月の消費者物価指数(除くエネルギー・食品)がマイナス1.1%と判明し、「マイナス1~0%」の目標ゾーンから下振れしたときから、日銀は何かやると思っていた。ゾーンを上か下に外れたら動くのが、これまでの日銀の行動パターンだからだ。しかしデフレ脱却まではやらない。

デフレ脱却のためには、GDPギャップを埋めればよく、長期国債買い入れで量的緩和を30兆円以上、または同じことだが財政法第5条但し書きに基づく日銀引き受け30兆円を行えばいい。「デフレの闘士」どころか「デフレ愛好」の白川日銀にそれは望むべくもない。





「政府・日銀はちゃんと仕事しろ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
銀行にも個人にも金が余っていて、流通が滞っているのがデフレの要因です。
単純に金を刷れば解決なんて、そんな安易な方法では解決しない事は明らか。逆に紙幣価値が下落してさらなる経済不安に陥るでしょう。残るのは最も悪いインフレスパイラルで個人資産の放出だけ。愚かな経済学者にだまされてはいけません。日本が今なんとか持っているのは物価が安いから。
2010/07/19(月) 08:13:27 | URL | ai #- [ 編集 ]
最悪池上彰
池上彰の解説途中まではあっている。だがある時点から誘導にかわる。
もうバレバレだよ池上センセイ。
さらに超円高進行していますね1ドル86円56銭。

quote.yahoo.co.jp/m3?u
2010/07/19(月) 09:05:20 | URL | 超銀 #99DFA69w [ 編集 ]
金融政策
私もまた、日本経済の現状に在っては、通貨発行量の増大は、やり方さえ間違えなければ、デフレ脱却に極めて有効な策、と考えています。
もし、池上彰の弱い点があれば、こうした事実への踏み込んだ発言でしょう。やはり、全共闘運動の尻尾を未だに引きずっているのでしょうかねぇ。。。
2010/07/19(月) 09:44:13 | URL | John Doe The Passerby #- [ 編集 ]
実例
韓国のウォンが大暴落後のウォン安を背景に輸出を伸ばして経済成長を達成した事から、今度は公定歩合を上げる事にしたとか。もう日銀と政府の怠慢はバレバレですな。

…通貨管理当局としては「強い自国通貨」に憬れるんでしょうけれど、80年代の米国レーガン政権が『強いドル』を標榜した結果どうなっていたかを全く学習していない愚策。

考えてみれば、中川昭一財務大臣の頃まではなんとか踏みとどまっていた訳だから、あの酩酊会見のウラにはおぞましいものが沢山あったのでは?と勘ぐりたくなれます。

…まずは1$=¥100-でいいよ。ホント。
2010/07/19(月) 09:46:43 | URL | 一庶民 #WZHZREeQ [ 編集 ]
「羹に懲りてなますを吹く」とはまさにこの事です。
デフレは年金暮らしの高齢者にとっては最高なんですけど、若い連中にとっては地獄です。
なんせ給与が増えず下手をすると働く場所さえ無くなりかねないのですから。
誰が税金を負担しているのか、政府・日銀はもう一度考えてみるべきです。
ケインズはデフレよりはインフレがマシと言いましたが、それは現在の日本によく当てはまります。
2010/07/19(月) 10:31:46 | URL | 金沢実時の霊 #- [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/07/19(月) 12:54:36 | | # [ 編集 ]
↑返信コメントをコピペしました。
2010/07/19(月) 12:55:53 | URL | chikkenndo #wLMIWoss [ 編集 ]
chikkenndoさん
>約10年間政府が「デフレを推進します。」と言って旗を振っていたわけです。

日本政府が金融引き締めに反対していた際にも日銀が引き締めに動いたときは少なくありません。

>「日銀が悪の元凶だ」とのたまうことに一体何の意味があるのでしょうか。

日本経済のため、国益に大いに異議があります。
金融政策は日銀の専管事項です。

>講学的に「日銀はデフレ政策をとるべきでない」と仰るならともかく政治カテゴリーで政治運動にも参加なさるcoffeeさんが仰るのは非常におかしなものを感じます。

私は愛国者であり、日本経済が回復し、日本の国益のためになると思えば日銀も非難します。
私はもともと証券会社勤務が長かったので、むしろ証券や企業や経済などが専門で、歴史や軍事など政治のことは趣味というか日本を愛する一国民の当然の関心事となっています。

>私のブログにはクリックも支援も無いようなので懇切丁寧に説明する気ももないし、

意味が分かりません。
必ずクリックをしているんですけどね。
2010/07/19(月) 13:40:30 | URL | coffee #- [ 編集 ]
事情はよく知りませんが、「傍から見ると」「素人目には」、このブログに対して「嫉妬している」としか思えないコメントが上にありますね。
ここに来る人は「面白くて、役に立つし、自由にモノが言える雰囲気を持っている」から来るのであって、かなりの支持を集めているのは共感が持たれている証拠。
それにトップページのデザイン、猫のイラスト、写真と文字のバランス、筆者の絶妙なユーモアも人気の理由である。
筆者は自分で絵も描き、視覚芸術にも少しは造詣があると自負する者、このブログの優れた点は素直に認めるものである。
管理人さん、これからもいろんな記事期待しています。
軍需産業「再開」には賛成です。これだけ日本の若者が就職難に苦しんでいるご時世。
折しも醜い「エイリアン」が隣の大陸でよだれを垂らしながら、隙を窺っている時代。
わが国が真の独立を果たすのに、「ある程度の犠牲と産みの苦しみに耐え」なければ、実現不可能なことは、心ある人なら理解しているはず。
2010/07/19(月) 15:49:39 | URL | 名前を書いてください #- [ 編集 ]
ん~。
私はやっぱり日銀が国債を購入し市場への資本流入を行うと同時に、公共工事等による需要の増大が必要だと思うんですけどね。
お金だけでは、企業は内部留保を増やすだけ、庶民は貯蓄を増やすだけで経済が回りません。
あくまで仕事あっての企業投資、仕事あってこそ庶民は借金が出来るのだと思うのです。

ちなみに日銀がデフレを好んでいるってのは全く異論が御座いません。
まぁ、実際のところ、日銀の仕事はあくまでも通貨を守ることですから、彼らがデフレへ舵を切るのは仕方ないのですけれど。
問題は、国家状況を鑑みた上でその舵取りを捻じ曲げさせる命令系統……つまり政府がデフレを止めさせる権限を行使出来ないことだと思うんですよね。
日銀が政府の下部組織である以上、全ての責任は政府にある……と、私は思うのです。
2010/07/19(月) 17:59:47 | URL | umama01 #EBUSheBA [ 編集 ]
必ず目的があるはず
日本はわざとデフレを脱却しないんじゃないかとも思える。デフレのままなら企業はコスト削減に力を入れ続け、日本人より人件費の安いシナ人を雇うからね。

なんか司法、立法、行政、すべてグルになってシナ人を増やす政策を一生懸命やってるように思える。
2010/07/20(火) 16:30:55 | URL | 火炎瓶千葉罷免変態エロ教育の輿石お迎えよろしく #8.gIlSqM [ 編集 ]
判断は数値データでするべき
日本は外需依存国家だから円高は危ない。国際発行額が800兆円を超えているからギリシャになる。とか、いろいろな情報が飛んでいます。が、数字でその根拠を説明する情報はありません。確かに、資源の少ない日本は貿易は大事です。が、貿易依存度はアメリカに次ぐ低い数字です。外国資本が日本に入らないと言います。あたりまえです。1400兆円を超える金融資産を持っている日本が、その資産の運用に困っています。日銀がいくら金をばらまいても需要がなければ海外にいくだけです。その状況で外国資本が入ってくる余地はありません。円高になれば物価は安くなるのは当然です。その影響を数字で説明しないと国民は騙されます。
2010/07/20(火) 22:02:52 | URL | にっぽんじん #- [ 編集 ]
ハゲタカファンドの餌食
ヘッジファンドなど大口投機家による円の上昇を見込む取引が、7カ月ぶり高水準になった。ゴールドマン・サックス・グループやスタンダード・チャータード銀行などの金融機関は、円の弱気予想を撤回した。ブルームバーグのデータによると、1年前に円が対ユーロで下落すると予想していたストラテジストは、予想を撤回するとともに、円の対ユーロ予想を他の通貨ペアよりも大きく引き上げている。
  ゴールドマンのエコノミスト、フィオナ・レイク氏(香港在勤)は、「ドル・円相場は引き続き、日本が危機から回復できないとの見通しを背景に円安を予想する人を失望させている」と指摘。「円はさらに上昇する可能性がある」と述べた。
www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920009&sid=a7Rklbg60kZo
2010/07/20(火) 23:49:06 | URL | オバマ1号 #99DFA69w [ 編集 ]
【日本語が、まずは初めの防波堤

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/592db2883135541d72ef2fa3b49d0caa

世界のどの文化圏にも属さない、この世に一輪だけの花、日本。
(写真富士山)

今のわたしたち、親に叱られることしか知らず育った
      縮かんだおとなみたい・・・
      大きく息をしてみようよ
      この小さな島国でがんばっていこうよ、わたしたち
      先祖から遠く引き継いできた美しい言葉と感性を護りながら
      抱きしめながら・・・
      誇りにおもっていいんだよ、この国を


【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュースタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。


今日の内閣支持率はこちらをカッチとね
http://www.jra.net/ank/online/naikaku.php
2010/07/21(水) 01:25:23 | URL | 愛信 #EBUSheBA [ 編集 ]
そのとーり
2010/07/21(水) 23:47:22 | URL | そのとおり #- [ 編集 ]
ニクト邱ッ、ャ・ョ・罕?ソヘ、ヒノョイシ、?キ
JCjv3k]h, www.galmovie.org, ニクト邱ッ、ャ・ョ・罕?ソヘ、ヒノョイシ、?キ, http://www.galmovie.org/14.html
rmmiiv@gmail.com
Good blog! I really love how it is easy on my eyes and the data are well written. I’m wondering how I might be notified when a new post has been made. I have subscribed to your RSS feed which must do the trick! Have a great day! “If you are going to do something wrong at least enjoy it.” by Leo C. Rosten.
2013/05/19(日) 14:20:53 | URL | christian louboutin uk #EBUSheBA [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
  民主党、党員・サポーターに国籍条項無し!     永住外国人 、 地方国政選挙 は 不可   でも党代表選 = 首相選はOKって?  7月15日の産経新聞3面の画像の記事、サラッと読んだだけで見逃していたのですが、9月に予定されている民主党の代表選は、永住権を持つ在日...
2010/07/19(月) 12:25:03 | 花うさぎの「世界は腹黒い」
上記2つ3つの画像をクリックすると当ブログの内容がより多くの人に伝わります。 ☆追記☆ 凪に反日って言われちゃった v(^_^ ) http://angel.ap.teacup.com/applet/grnahtgasgra/366/trackback さんが所得税減税や法人税減税失敗の国の例を知りたがってい...
2010/07/19(月) 12:57:16 | 東京のばかやろーブログ
IMF(借金の保証人)を無視して日韓スワップ協定枠拡大という 最大限のお土産を渡したにもかかわらず 素人が外交しても、日本側のメリットは何も勝ち得ないどころか 更なる譲歩を要求している 今回の野田は こいつの差し金だったのねぇ
2011/10/23(日) 13:34:09 | 文句言いのたわごと
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.