正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
本当の歴史と外交! 日本国民の生命と財産と自由を守る核武装!取り戻せ、拉致被害者と領土と国家の誇り!がんばれ!維新政党・新風!
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
TBS青木、中川氏死亡の速報に「注目しないでください」・情報バラエティー番組『サンデージャポン』(サンジャポ)で不倫女子アナ青木裕子が発言・爆笑問題田中の離婚話を優先・辛坊治郎「自殺すればいい」発言
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓
人気ブログランキング





サンジャポ青木裕子。中川氏死亡の速報に「注目しないでください」


サンジャポ青木裕子。中川氏死亡の速報に「注目しないでください」
2009年10月04日16時12分 / 提供:Techinsight Japan

酩酊会見やバチカン美術館でのトラブルなどで世間を騒がせた、元財務相 中川昭一氏死亡のニュースが流れた4日朝。TBS系列の情報バラエティー番組『サンデージャポン』で、中川氏死亡のニュース速報に「速報は注目しないでください」という冷たい一言が放たれた。

この日、中川氏死亡のニュース速報は、サンジャポの放送開始後すぐに流れた。このとき同番組は、爆笑問題の田中さんの離婚についての話題で盛り上がり中。

画面に流れた中川氏死亡のニュース速報に田中さんが反応すると、「速報は注目しないでください」と進行役の青木裕子アナがピシャリ。確かに今年8月に行われた第45回衆議院議員総選挙に落選したとはいえ、元は農林水産大臣や財務大臣、金融担当大臣など歴任した人物。そこまで冷たく言い放たなくても・・・と感じたのは記者だけではなかったはずだ。

この発言に関しては既にネット上でもスレッドが立っており、「馬鹿だなあ言い方があるだろ 」「注目しないでなんのための速報だよ 」「こんな重大なニュースよりタレントの離婚のほうが大事なのか?」と厳しいコメントが書き込まれている。

この中川氏の死亡についてはwikiも即座に修正・加筆が行われており、4日の10時5分時点で「自宅2階のベッドでうつ伏せになって死亡している」という情報が掲載されている。


■動画「速報は注目しないでください」

1:25~1:50辺り




青木裕子は、「ニュース速報」の内容を見た上で、「速報は注目しないでください」と発言しているから、中川昭一元財務・金融相の死亡より、爆笑問題の田中の離婚話を優先するべきだと判断したようだ。TBSは井上弘社長から一般社員(朝鮮人多数)まで低レベル人間が多いことで知られているが、このアナウンサーもその典型例だ。

TBS青木裕子アナ不倫同棲発覚
2006年1月7日、読売新聞

TBSの青木裕子アナウンサー(23)の“不倫同せい”が7日、明らかになった。10日発売の写真誌「FLASH」が、青木アナが出演する「サンデー・ジャポン」(日曜・前10時)のスタッフで、2人の子供を持つ既婚者の男性(33)とのツーショットを報じている。

 同誌は昨年12月に2人が手をつないで歩く姿や、喫茶店で2人で話し込んでいる姿を掲載。深夜には青木アナの自宅の都内のマンションに入っていく2人も目撃している。青木アナは2005年入社の新人アナながら、「サンデー・ジャポン」のほかに「E娘!」(木曜・深夜後2時25分)などに出演して人気上昇中。出演するTBS広報部は、青木アナの交際について「個人のプライバシーのこと。コメントできない」としている。



2007年6月12日のフラッシュに年下のフリーディレクターとの恋愛記事がフライデーに掲載される。2006年のサンデージャポンの番組慰安旅行で、青木アナの猛アタックから交際がスタートしたと伝えている。 
wikiより



青木裕子アナ「年間300回以上は(SEX)しています!」 
2008年3月19日 20時00分

 番組スタッフとの不倫報道や透けブラ半同棲などが報じられたTBSの青木裕子アナ(25)が、奔放発言をしていたことが発売中の写真週刊誌『FLASH』が報じている。レギュラー出演する『Goro's Bar』の収録現場で「年間300回以上は(SEXを)しています!」と自ら告白したという。

 その報道を受け、4月にスタートするTBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』の会見では、司会の爆笑問題・太田光(42)が取材に来ていた青木アナに「1年に300回SEXしてるんですよね、エロアナウンサーとして」と、ツッコミ。

 田中裕二(43)も「テレビで言えないことを、この番組で言えば?」と追い打ちをかけた。青木アナも「300回の話とか?」と返し、会見の笑いをかっさらった。
(以下略)
http://news.ameba.jp/domestic/2008/03/12083.html



青木アナ「TBS退職」を撤回 不倫疑惑は語らず
2008.8.3 12:01

 TBSに退職の意思を示していると報じられた同局の青木裕子アナウンサー(25)が3日、アシスタントを務める同局系「サンデー・ジャポン」(日曜前10・0)に出演し、今後もTBSアナウンサーとして活動していく意向を明らかにした。

(中略)

 また一部で伝えられている同僚プロデューサーとの“不倫疑惑”については、「今回、いろんなことが理由として挙げられているみたいなんですけど、そんなこと(不倫疑惑)がなんで書かれているのかは、私もよくわからないというのが実際のところ」とし、「プライベートなことに関しては、お答えを控えさせていただきます」と話した。


http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/080803/tnr0808031207007-n1.htm




●TBSの通名「サンデー・ジャポン」=本名「サンデー・イルボン」の主な不祥事


●2006年12月~2007年4月、番組スタッフが、取材日時を事前連絡し街頭インタビューに同一人物を4回登場させた






●2007年2月11日、柳沢伯夫厚生労働相の発言を不適切に編集






●2008年10月19日、大阪府が行政代執行で保育園の畑を強制収用する映像に、前日に撮影した園児ら十数人が一列に並んでいた映像を挟み込んで放送。BPOが勧告

■動画青木裕子アナ サンデージャポン BPO「勧告」謝罪



●2009年10月4日、青木裕子アナが、中川昭一元財務・金融相死亡の速報に「注目しないでください」と言い放った








中川昭一氏への許されざる暴言としては、辛坊治郎(読売テレビ解説委員)の次のような発言もある。

■動画辛坊治郎が中川昭一元財務相を痛烈批判!

2分25秒~

■たかじんのそこまで言って委員会 
番組司会の辛坊治郎(読売テレビ解説委員)発言

「お父さんも自殺されてるし、ああいうこと(酩酊会見など)を何回も何回もTVで放送すると、本人は自殺の恐れがあるから、もうこの辺で止めといてやろうやないかという話になるじゃないですか。 とんでもない話だと思います。

【あんなモンはね・・・ ★自殺すればいい★ と思いますよ。】

あんだけ国際社会に恥かいてね、オメオメねぇ  オメオメ有権者の前にもういっぺん出るなと! もう二度と再びたぶん出られないと思う・・。 出てきたら必ずあのVTR(酩酊会見など)を流されますからね。・・・」




「テレビ局社員、酷過ぎる!」
と思う人は、↓クリックお願いします。↓
人気ブログランキング

くつろぐブログランキング(政治)

   ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.