正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
本当の歴史と外交! 日本国民の生命と財産と自由を守る核武装!取り戻せ、拉致被害者と領土と国家の誇り!がんばれ!維新政党・新風!
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
電波オークション待ったなし!競争も新規参入もないからテレビはフェイクニュースのオンパレード!
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






▽真実▽
川井議長と小池都知事は丁寧に会釈をかわしながらしっかりと握手していた!

悪魔を造るTBSひるおびのフェイクニュース

悪魔を造るTBSひるおびのフェイクニュース
川井重勇東京都議会議長と小池百合子東京都知事は丁寧に会釈をかわしながらしっかりと握手していた!
これが真実!

ただし、川井議長は、マスゴミが「記念写真などを・・・」などと記念撮影用にもう一度握手か何かのポーズをしてほしいという勝手な要望に対しては「あなた(マスコミ)の要望に応える必要はないんだから」と言って応じなかった。
川合議長はマスゴミのカメラマンが要望した記念撮影用の悪手は断ったのだった.

つまり、川井議長は、小池知事とはしっかりと握手をしたが、マスコミの記念撮影の要望には応じなかっただけだった!
悪魔を造るTBSひるおびのフェイクニュース



▼テレビ(TBS)のフェイクニュース(虚偽報道)▼

平成29年7月3日
TBS
ひるおび


アナ「この川井議長なんですけれども去年8月小池知事就任挨拶で、握手拒否もあったという事なんですけどそれ御覧頂きましょうか?」
アナ「この川井議長なんですけれども去年8月小池知事就任挨拶で、握手拒否もあったという事なんですけどそれ御覧頂きましょうか?」

(スタジオ:そうそうそうそう、印象的でしたよね)
(スタジオ:そうそうそうそう、印象的でしたよね)
(スタジオ:そうそうそうそう、印象的でしたよね)
(スタジオ:そうそうそうそう、印象的でしたよね)

ここで映像が途切れ、握手を交わしシーンを完全にカット!

握手シーンを完全にカットして次の映像へ!
ここで映像が途切れ、握手を交わしシーンを完全にカット!カットして次の映像へ!
ここで映像が途切れ、握手を交わしシーンを完全にカット!カットして次の映像へ!
ここで映像が途切れ、握手を交わしシーンを完全にカット!カットして次の映像へ!
(VTR終了)

惠「ねー三雲さん、これ印象的でしたもんね!」
恵俊彰「ねー三雲さん、これ印象的でしたもんね!」

三雲「ねー、握手ぐらいすればいいじゃない、ねーご挨拶なんだからね」(スタジオ(笑))
三雲孝江「ねー、握手ぐらいすればいいじゃない、ねーご挨拶なんだからね」(スタジオ(笑))

惠「本当ですよね」
恵俊彰「本当ですよね」

■動画
https://www.youtube.com/watch?v=gd7baro5syE


画像等:メイド・イン・ジャパン!



https://twitter.com/kazue_fgeewara/status/882220443851030533?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=https%3A%2F%2Fd-013757567941944160.ampproject.net%2F1498868275630%2Fframe.html
藤原かずえ‏
@kazue_fgeewara
TBSのワイドショー「ひるおび」は、7月3日の放送で、映像を見せながら、川井都議会議長が知事就任の挨拶に出向いた小池都知事との握手を拒否したと報じましたが、これは映像から握手シーンを巧みにカットした完全なるフェイクニュースでした。国民はあからさまな情報操作を受けたわけです。
(動画)
2017年Jul4日 21:51



上記のとおり、ネットでTBS「ひるおび」の悪質なフェイクニュース(捏造虚偽報道)がばらされると、TBSは捏造報道から3日後の7月6日になって訂正をした。

TBSは悪意をもって捏造したくせに、「川合議長が拒否したは握手ではなく、記念撮影でした。失礼しました」と意図的な捏造については認めず、あたかも握手と記念撮影を間違えてしまっただけのように訂正し、謝罪とは言えない「失礼しました」という軽い挨拶で済ませた。

ひるおび 2017.07.06 捏造訂正 失礼しました

ひるおび 2017.07.06 捏造訂正 失礼しました
■動画
ひるおび 2017/07/06 捏造訂正 失礼しました
https://www.youtube.com/watch?v=sskdGi8ydeY



TBSは悪意ある意図的な捏造を認め、謝罪しなければならないにもかかわらず、ちょっとした勘違いをしたように訂正し、謝罪らしい謝罪はしなかった!

https://twitter.com/YES777777777/status/882819912409993218
Mi2‏
@YES777777777
【訂正するも謝罪なし】都議会・川井議長が小池都知事の握手を拒否したと映像を意図的にカットして放送した悪質なフェイクニュースを訂正。
散々と政権批判と印象操作をした後に、訂正だとな…。捏造報道しておいて、謝罪もなく、訂正だけで済むと思ってる時点で終了。謝ったら負けなのか?#ひるおび

(動画)
2017年Jul6日 13:34






7月1日(土)の東京都議選最終日に秋葉原で行われた自民党の演説会で、テロ集団「レイシストしばき隊」中核派全面支援の選挙ボランティア兼マスコミの仕込み女など「安倍やめろ!帰れ!」などと大騒ぎした際に安倍首相が「こんな人たちに私たちは負けるわけにはいかないんです」と言ったことについても、テレビは安倍首相を批判している。
7月1日(土)の東京都議選最終日に秋葉原で行われた自民党の演説会で、テロ集団「レイシストしばき隊」や中核派全面支援の選挙ボランティア兼マスコミの仕込み女など「安倍やめろ!帰れ!」などと大騒ぎした際に安倍

しかし、これについては、百田尚樹が7月4日に「外国特派員協会」で痛烈にテレビ局を批判した。(関連記事

https://twitter.com/YES777777777/status/882132891152424960
Mi2‏
@YES777777777
【テレビは反日】外国特派員協会での会見。百田尚樹氏「テレビの電波は国民の共有財産。日本の現在のテレビは反政府、極端なこと言えば反日です。日本ではこれが正しい文化と考えられてる。スキャンダルは与党と野党では扱いが100対1ぐらい違う」
そろそろ自民党も電波の自由化を考えた方がいい。

(動画)
2017年Jul4日 16:04



その他にも、タレントなどがテレビ局の当該偏向報道に異議を唱えている!

インテリ芸人のロザン・宇治原は、テレビ番組の中で「安倍総理の発言を切り取る報道はフェアじゃない」などとマスメディア(テレビ)の報道を批判した!

https://twitter.com/blue_kbx/status/882218309365649410/video/1
ブルー‏
@blue_kbx
【フェアじゃない】
ロザン・宇治原「安倍さんの〝こんな人達に負ける訳にいかない〟は演説を聞かずに〝妨害する人達〟という文脈だった思う。そこだけを切り取り、総理が自分に反対する人達を〝こんな人達〟と言ったと報道するのは、フェアじゃない」


その通り。良く言った!!
#ちちんぷいぷい

(動画)
2017年Jul4日 21:43



http://netgeek.biz/archives/99034
ロザン宇治原「安倍総理の『こんな人たち(選挙妨害者)』を『反対者』と捻じ曲げたメディアはフェアじゃない」
ロザン宇治原「安倍総理の『こんな人たち(選挙妨害者)』を『反対者』と捻じ曲げたメディアはフェアじゃない」
2017年7月5日 netgeek

ロザン宇治原「安倍総理の『こんな人たち(選挙妨害者)』を『反対者』と捻じ曲げたメディアはフェアじゃない」

安倍総理が応援演説中に「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と発言したことがメディアに一斉にバッシングされている件について、ロザン宇治原が正しい分析と指摘を行った。

「安倍総理の発言を切り取る報道はフェアじゃない」
(動画)

「安倍さんの『こんな人たちに負けるわけにはいかない』は『自分を非難する人たち』だという報道がよくなされているんですけど『演説を聞かずに妨害する人たち』を指す文脈だったと思うんですよね。それが切り取られて自分に反対する人たちをこんな人たちと呼んだという報道がなされている。僕はそれはフェアじゃないと思う」

選挙後、各メディアは一斉に「安倍総理が支持しない国民を敵とみて批判した」と報じた。現場を知る者であれば安倍総理は選挙妨害をする集団(後にしばき隊と判明)を指差して言ったことは明らかだったのに、メディアは「反対者を指差した。国民の権利を無視した独裁者だ」と事実を捏造したのだ。
(以下略)



また、7月4日放送の「バイキング」(フジテレビ系)でも、前横浜市長の中田宏氏が、「安倍やめろ」コールを行っていた聴衆を「組織的活動家」と断言していた。
中田宏前横浜市長 「安倍やめろ」コールの聴衆の正体について断言
中田宏前横浜市長

http://news.livedoor.com/article/detail/13289381/
中田宏前横浜市長 「安倍やめろ」コールの聴衆の正体について断言
2017年7月4日 12時43分、トピックニュース
中田宏前横浜市長 「安倍やめろ」コールの聴衆の正体について断言

4日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、前横浜市長の中田宏氏が、「安倍やめろ」コールを行っていた聴衆を「組織的活動家」と断言した。

番組では前日に続き、2日の都議選最終日に秋葉原で最初で最後の演説にたった安倍首相が、「安倍やめろ」コールに対して「こんな人たちに、私たちは負けるわけにはいかない!」と聴衆を「こんな人たち」呼ばわりした話題を特集。ネットで賛否両論が起きる中、菅義偉官房長官は「民主主義国家ですから、選挙運動というのは自由」「許容の範囲というのはあるし、きわめて常識的な発言」だと述べた。

坂上は「安倍さんって怒りっぽい方なんですかね」とびっくりした様子で語り、「まともに相手しちゃってたらその時点で負け」「そのときにどういう対応をとるのか」が重要だとし、「まともにケンカしちゃったのに、びっくりした!」と述べた。

コメントを求められたヒロミも「びっくりした!」とし、「他の人が、稲田【朋美防衛相)さんだったらまた大変なことだし」「熱い人というか、カチンときちゃったんだよね」「挑発に乗っちゃダメなんだよね!」と述べた。また坂上は「もっとびっくりした」として、菅官房長官の発言をあげて「あまりに守り方がね…」と呆れていた。

一方、前横浜市長の中田氏は「見る人が見るとわかる」といい、「あれは(安倍首相を)詰ってる反対派っていうのは組織的活動家」だと発言したのだ。中田氏は、安倍首相もそのことをわかっているとし、国会で民進党に対して反論しているのと「同じことをやっちゃった」と推測した。ただ中田氏は「活動家であろうが国民」であるとし、「挑発に乗っちゃいけない」とやはり安倍首相の言動を非難した。

坂上は改めて、菅官房長官の言うとおり発言の自由はあるとしながら、一般人と「国の最高権力者」を「同じなんですか?ってお聞きしたい」「重みがぜんぜん違うし、圧力が全然違う」と憤っていた。


●当ブログ詳細記事
日の丸踏んで「安倍やめろ」マスコミ偏向報道!自民惨敗・小池圧勝!平慶翔も当選!下村「被害届」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6715.html
坂上忍&東国原、安倍首相の『こんな人たち』発言を断罪・百田尚樹「テレビは反日!電波の自由化を」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6717.html





もう、これほどまで盛んに選挙にも影響を及ぼす悪質な捏造報道や虚偽報道や偏向報道が繰り返されるのか!?

テレビなどのマスコミは、何をやっても「バレたら訂正すれば済む」と考えており、全く責任を取らない上に捏造や虚偽がバレても何ら不利益にならないからだ。

このようなテレビ局などマスゴミの捏造報道や虚偽報道の防止策は、主に2つある。

1つは、放送法で厳しい罰則規定を設けることだ。

もう1つは、電波オークションを導入して公共の電波を使用する事業者の参入を自由化し、競争原理を働かせることだ。

まず、放送法に罰則規定を設けることについて。


日本国民は、マスコミの虚偽報道や偏向報道にウンザリしている。

虚偽報道や偏向報道は、「言論の自由」の対象外だ。

政治が虚偽報道や偏向報道を改善させるべきだ!

「言論の自由」を逸脱した虚偽報道や悪質な偏向報道については、放送法に罰則規定を設けて取り締まるべきだ!

また、虚偽報道や偏向報道をやりたい放題やっている「マスコミを懲らしめるには、広告料収入がなくなるのが一番」という意見も、一つの建設的な意見だ。(関連記事

2015年 6月25日に自民党本部で行われた勉強会「文化芸術懇話会」での発言について検証してみよう。



次に、電波オークションについて。

実は、電波の周波数帯の利用権を競争入札にかける「電波オークション」制度については、民主党政権が次の電波割り当てから入札を実施することを閣議決定し、平成24年(2012年)の国会に電波法改正案を提出していた。

しかし、安倍政権に交代したら、平成25年1月19日に新藤義孝・総務相が「今国会に電波オークション導入の法案を提出することはない」と言って事実上の廃案にしてしまった!

安倍政権は、電波オークションを廃止したことによってテレビ局に大きな恩を売ったため、平成24年12月の政権奪還から数年間はテレビなどのマスメディアから厳しい批判をされずに済んだ。

民主党政権で仕分け人を務め、電波オークション導入を提言した鬼木甫・大阪大学名誉教授(経済学)は、次のとおり述べている。

「新藤総務相はオークション制度の撤回理由を『資金力のある事業者が周波数を独占しかねない』と説明しているが、それはおかしい。欧米諸国はほぼ全ての国でオークションを導入し、東南アジアでも一般的、東アジアで導入していないのは中国、モンゴル、北朝鮮と日本だけです。」
「電波は国民の財産なのに、巨額のオークション収入を逃した上、電波事業はテレビ局と携帯電話会社に寡占されて特定企業の既得権になっている。オークションをすれば新規参入が可能になり、国民には新たなサービスや事業者の選択肢が増えるメリットがあります」
「メディア側にすれば、オークションが導入されれば外資など新規業者がライバルとして参入し、新たな脅威になる。それに対抗するには、現在支払っている電波料に加えて、オークションで競り勝つ高額な費用が必要になる。だから制度導入を阻止したいわけです」

(週刊ポスト2013年2月15・22日号)

せっかく民主党政権と総務省が導入しようとしていた電波オークション導入法案を安倍政権が廃止にしてしまったことについては、普段は自民党(特に安倍政権)に好意的な産経新聞でさえ当時批判した!

http://www.sankei.com/economy/news/130204/ecn1302040030-n1.html
政治に翻弄された「電波オークション」 廃案のウラに自民党
2013.2.4 08:31更新、産経新聞

 競争入札方式で最も高い価格を提示した事業者に周波数を一定期間与える「電波オークション」の制度化が見送られることになった。NTT民営化、外資規制撤廃に続く、通信行政の重要な規制緩和が撤回された。総務省が1年以上かけて制度設計し、閣議決定を経て関連法案が国会提出されたにもかかわらず、一度も審議されることなく廃案になったのは、野党だった自民党が反対したからだ。(フジサンケイビジネスアイ)

 新藤義孝総務相は1月29日の閣議後会見で「(電波オークションには)メリット、デメリットがある。いろいろ検討したい」と述べた。しかし、自民党が導入を前向きに検討することはなさそうだ。

 電波オークション導入に積極的だった民主党の政権下で、当初は腰の重かった総務省も、昨年3月の国会提出にこぎ着けた。プラチナバンドと呼ばれる700/900メガヘルツ周波数の割り当てに間に合わないからといって、「総務省が電波オークションに抵抗」などと報道機関や専門家などが批判したが、同省が“抵抗勢力”となって導入を遅らせた形跡は、取材を通してみてきた限り、なかった。

 事業計画などを比較審査して選定した事業者に免許を付与する許認可権を手放すことには、官僚組織の論理からすれば抵抗ベクトルが働くのは否めない。オークション収入の一般財源化によって、総務省が電波の共益用途に使える電波料収入が目減りする懸念もあったが、改正法案策定は淡々と進められた。幹部が「OECD各国の趨勢(すうせい)でもあるし、そういう時期だ」と判断し、制度改正を指示したからだ。オークションで予想される弊害は少なくない。欧州では巨額の落札額の結果、サービスが遅れたり撤退した事業者も出た。安全保障上の課題も残ったままだ。しかし、事業者選定の透明化にこれほど有効な制度はない。数千億円から数兆円にもなる落札収入が国庫に入れば政府にも魅力的だ。

 NTTを除く通信事業者への外資規制撤廃を決めたのは現事務次官が国際政策課長だった15年前だった。米国がいまだに出資規制のほか外資への不透明な審査行程を残しているように、思い切った規制緩和に「やり過ぎだ」との批判もあった。今回も、総務省は既得権を自ら手放すかのような規制緩和をいったんは容認した。政権交代による路線変更には忸怩(じくじ)たる思いがありそうだ。

 オークションによる周波数配分が先進国の主流であることに変わりはない。自民党は反対するだけでは政権与党として無責任だ。オークションの問題点を改善するための新たな議論の場を作るべきだろう。総務省は今春にも電波利用料の使途に自治体の防災無線デジタル化支援を追加した新たな電波法改正案を提出する。野党に転じた民主党が自民党に対抗して法案成立を阻止するなんてことにはならないでほしいものだ。(産経新聞経済本部 芳賀由明)



>しかし、事業者選定の透明化にこれほど有効な制度はない。数千億円から数兆円にもなる落札収入が国庫に入れば政府にも魅力的だ。


例えば米国では2008年に700メガヘルツ帯オークションの総落札額が約190億ドル(約1兆8400億円)、英国は2000年の3Gオークションで約225億ボンド(約3兆9900億円)、ドイツは2000年の3Gオークションで約994億ドイツマルク(約5兆600億円)にのぼった。

日本のプラチナバンドでもオークションを使っていれば落札額が1~2兆円になったとの試算がある。

莫大な資金をテレビ局から国庫に入れることができたのだ!


日本においては特別に格安の電波利用料で、少数のテレビ局に寡占的に放送事業を営ませれば、日本のテレビ局が巨額の利益を上げて社員の平均年収も1400万円台になるのは、当然だ。

欧米並みの電波利用料をテレビ局に払わせ、欧米のように大手メディアのスポンサーに広告税を払わせれば、日本国民の税負担は軽減されるにもかかわらず、政治家どもはマスコミに気に入られたいがために国民を犠牲にしたままテレビ局の特別優遇を続けている。

日本政府が日本のテレビ局に欧米並みの負担をさせれば、消費税率の引き上げをする必要も全くなくなるのだ。

テレビ局の格安電波利用料 平成24年2月6日(月)発売 「週刊ポスト」2012 年2月17日号「電波オークション潰し」で、2兆円の国民資産はドブに捨てられた
テレビ局の格安電波利用料
テレビ局は、公共の電波(日本国民の資産)を使って軒並み数千億円の事業収入を得ているが、電波利用料を5億円未満しか払っていない。


政府は、消費税率を引き上げる前に、もっとテレビ局に電波利用料を払わせろ!

せっかく民主党政権で成立を目指していた電波オークション法案を自民党の安倍政権が廃止してしまってから3年後の平成28年、今度は日本維新の会の足立康史議員が国会で電波オークションの必要性を訴え始めた!
ついに維新・足立康史がテレビに宣戦布告?!国会で禁断の電波オークションに触れる「地上波に出れなければネットで生きていく!」
足立康史(日本維新の会)
「放送法の体系はもう歪んできている。極論を言えば電波オークション、周波数オークションを導入し、放送法は止めるくらいの覚悟を持つべき。これまでのある種の村でやってきたビジネスモデルを解放しないと世界に太刀打ち出来ないし、日本の視聴者(消費者)の利益を守ることができない!」


平成28年11月15日、衆議院総務委員会で、足立康史議員がテレビの既得権益を守る放送法を批判!
テレビ周波数の電波オークションの導入を提唱!
「テレビの地上波に出られなくなっても良い」と宣戦布告!

足立康史議員がテレビ電波オークションを国会で提唱・

https://twitter.com/take_off_dress/status/798367993067552768
DAPPI
‏@take_off_dress
足立康史「放送法の体系は歪んできてる気がする。極論を言えば周波数オークションを導入し放送法は止めるくらいの覚悟を持つべき。これまでのモデルを開放しないと世界に太刀打ち出来ないし、視聴者の利益を守れない!」

同感です!
中立を装い偏向報道をするTV局が多すぎです

2016年11月15日 12:32



ついに維新・足立康史がテレビに宣戦布告?!国会で禁断の電波オークションに触れる「地上波に出れなければネットで生きていく!」
■動画
足立康史(維新)が民進党の懲罰動議の出し方に激怒!「地上波で消されて、私はネットの中で生きていく」で爆笑 国会 別件逮捕 高市総務大臣 総務委員会 最新の面白い国会中継
https://www.youtube.com/watch?v=kQM-W4NfkKw
国会中継 懲罰動議で激怒の足立康史が返す刀で 糞テレビの既得権を守る放送法大批判!電波オークションで良いだろ!テレビに出られなくなったらインターネットで生きていく!覚悟披瀝の切り込み国会
https://www.youtube.com/watch?v=Z4Zz3g0Efvk



日本維新の会の足立康史議員が国会でテレビの既得権益を守る放送法を批判し、電波オークションの導入を提唱した。

大賛成だ!

日本のテレビ局は、日本国民の財産である公共の電波を世界では類を見ない格安の電波利用料で使用している。

日本のテレビ業界では地上波に新規参入ができないため、既存のテレビ局が殆ど競争もないまま捏造放送や虚偽報道や偏向報道をやりたい放題やっても莫大な利益を上げることが可能となっている。

今どき、このようなビジネスモデルは、日本でも他業界では有りえないし、海外のテレビ業界でも考えれない。

テレビ局は今でも、監督官庁である総務省の下、『護送船団方式』による『濡れ手に粟』のぼろ儲けを続けている。

足立康史議員が提唱したとおり、電波オークションを導入すれば、現在日本のテレビ局が得ている巨額の利益を日本国民に還元できる。




足立康史議員は、平成29年4月6日にも、国会で電波オークションについて斬り込んだ!
🐋 《電波オークションに斬り込む!民進党いじりも忘れてませんw》足立康史(日本維新の会)「もうダメなんで新規参入を」【国会中継 衆議院 総務委員会】平成29年4月6日
■動画
🐋 《電波オークションに斬り込む!民進党いじりも忘れてませんw》足立康史(日本維新の会)「もうダメなんで新規参入を」【国会中継 衆議院 総務委員会】平成29年4月6日
https://www.youtube.com/watch?v=YIB0ZRcrWvg




百田尚樹『今こそ韓国に謝ろう』2017/6/15(関連記事


左:キリン アルカリイオンの水 PET (2L×6本)×2箱
右:「トランプ革命で甦る日本」西村幸祐&ケント・ギルバート著(2017/1/19)


左:【セット品】DHC ブルーベリーエキス 60日分 120粒 3袋セット
中:【セット品】DHC 亜鉛 60日 60粒 3袋セット
右:デルモンテ 国産 旬にしぼったトマトジュース 750ml×6本


「テレビのフェイクニュースは犯罪レベル!」
「電波オークションを導入しろ!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.