正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
本当の歴史と外交! 日本国民の生命と財産と自由を守る核武装!取り戻せ、拉致被害者と領土と国家の誇り!がんばれ!維新政党・新風!
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
野田数「都民」代表に戻る・「在日朝鮮人組織への支援断ち圧力強化」・『大日本帝国憲法復活請願』
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






野田数プロフィール
約1カ月ぶりに野田数が「都民ファーストの会」の代表に戻る

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017070390140009.html
小池氏、「都民」代表退き「知事専念」 「二元代表制」を意識
2017年7月3日 14時00分、東京新聞

 東京都議選の投開票日から一夜明けた三日朝、第一党になった地域政党「都民ファーストの会」代表の小池百合子知事は都内で記者会見を開き、同日付で代表を退き、知事職に専念する意向を表明した。自治体の首長と議会が別々に直接選挙で選ばれる「二元代表制」を意識した形だが、都議会が小池都政をチェックできるかは不透明だ。 (木原育子、柚木まり)

 小池氏は会見で「二元代表制などで皆さんの懸念もある。知事に専念する形で代表は野田に戻したい」と述べ、後任には「都民」幹事長で都特別秘書の野田数(かずさ)氏が就任することを明らかにした。「都民」の規約では、顧問を置くことができるが、小池氏が就任するかどうかは「また考えます」と明言を避けた。

 都知事が政党の代表となって都議選に臨み、第一党になり、支持勢力を含めて過半数を占めるのは都政で初めてだ。選挙中、自民からは「都議会が知事のイエスマンばかりになる」と批判が出ていた。これに対し、小池氏は「これまでの都議会にどれだけのチェック機能があったのか」と反論していた。

 小池氏は代表に就任する前から「知事と議会が同じ方向を向いて改革を」などと主張しており、「都民」の候補者選考にもかかわっている。こうした議員たちが、都政をどこまで厳しくチェックできるかは不透明だ。

 小池氏は昨年夏の知事選出馬時、自民に進退伺を提出。今年六月一日に自民に離党届を提出し、「都民」の代表に就任。「『都民』の顔」として選挙戦を引っ張ってきた。だが、離党届の扱いは宙に浮いたままになっている。

 会見で小池氏はこのほか「議会から都の条例案をボンボン出してもらいたい」と説明。追加公認六人を含む「都民」の当選者五十五人のうち、三十九人が新人のため、議会経験者を党の重要ポストに据える方針を示した。

<二元代表制> 国の議院内閣制と異なり、首長と議会がそれぞれ住民の直接選挙で選ばれる地方自治体の仕組み。憲法93条で「地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が、直接これを選挙する」と定める。首長と議会が緊張関係を保って、住民の意思を行政に反映させることが期待されている。



>小池氏は会見で「二元代表制などで皆さんの懸念もある。知事に専念する形で代表は野田に戻したい」と述べ、後任には「都民」幹事長で都特別秘書の野田数(かずさ)氏が就任することを明らかにした。


平成29年(2017年)1月23日に設立された「都民ファーストの会」では、設立当初から6月1日までずっと野田数が代表を務めていた。

平成29年6月1日から7月3日の僅か約1か月間だけ、小池百合子が代表に就任していた。

それが、平成29年7月3日付でまた野田数が代表に戻るということだ。

つまり、小池百合子は、東京都議選の直前の1か月間だけ「都民ファーストの会」の代表に就任していたということになる。

7月2日投開票の都議選で「都民ファーストの会」が圧勝したために7月3日付で小池百合子が代表を退いて再び野田数が代表に戻ることが大騒ぎとなっているが、基本的に「都民ファーストの会」の代表はずっと野田数だということだ。

ただし、以前から野田数は「小池が実質的なリーダー」「名ばかりの代表兼幹事長みたいな動き」と述べている。

以前から野田数は「小池が実質的なリーダー」「名ばかりの代表兼幹事長みたいな動き」と述べている。
「都民ファーストの会」の代表をめぐる発言(朝日新聞

野田数については、アントニオ猪木参院議員の政策担当秘書をしていた平成26年(2014年)12月12日に計1120万円を着服したとして、猪木によって業務上横領容疑の告訴状が警視庁に提出されていたことが、平成29年(2017年)5月18日になって判明し、テレビや新聞でも大きく報道されていた。

平成29年5月18日、猪木は記者会見で、「野田が政策秘書を務めていた2013年(平成25年)10月から10か月の間に、国会議員に支給される『文書通信交通滞在費』などを管理している事務所の複数の銀行口座から、繰り返し無断で現金を引き出していたとされ、引き出された総額は1120万円に上る」として、野田を告訴していたことを公表した。

アントニオ猪木から横領で刑事告訴


それに対して野田数は、同日中に反論した。

http://www.sankei.com/affairs/news/170518/afr1705180031-n1.html
【アントニオ猪木氏会見に反論】
「全て猪木氏の指示」小池都知事の特別秘書、野田数氏が怒りの文書発表(全文)
2017.5.18 20:07更新

「都民ファーストの会」の野田数代表(伴龍二撮影)
「都民ファーストの会」の野田数代表(伴龍二撮影)

 「都民ファーストの会」代表で小池百合子都知事の特別秘書を務める野田数(かずさ)氏が、アントニオ猪木参院議員の政策担当秘書をしていた当時に計1120万円を着服したとして、猪木氏が業務上横領容疑の告訴状を警視庁に提出していたことを明らかにした問題で、野田氏は18日、弁護士を通じ、「全て猪木氏の指示に基づいて、正当な使途に使用したことは間違いなく、私的に流用したという事実は全く根拠がありません」と否定する文書を発表した。

 文書では、都民ファーストの会の信用や評価を損なうとして、新潮社や猪木氏に対して、「名誉毀損による刑事告訴並びに損害賠償請求及び本件の謝罪広告を求める訴訟提起も予定している」ことなども明らかにした。
(以下略)



さらに平成29年(2017年)5月22日発売の『週刊ポスト』2017年6月2日号において、野田数が深夜に六本木の高級クラブを渡り歩き、豪遊している様子が写真付きで報じられた。
直近では「六本木ハレンチ豪遊」報道も

複数のクラブをハシゴした他、バケツのような容器に入っていた大量のチップ(10枚括りで1000円のチケット)をショーパブの女性従業員に振る舞ったという。

野田の代理人弁護士は「(クラブの料金は)野田本人のポケットマネーで支払われている」とコメントしている。




いずれにせよ「都民ファーストの会」の代表は最近1か月間を除いて設立当初からずっと野田数だったが、やはり都議選で「都民ファーストの会」が圧勝したので今回再び代表に戻り、大きな注目を浴びている。

野田数プロフィール
野田数プロフィール

野田 数(のだ かずさ)
生年月日 1973年8月27日(43歳)
出生地 東京都東村山市
学歴 早稲田大学教育学部
前職 小池百合子衆議院議員秘書 ⇒ 東村山市議会議員 ⇒ アントニオ猪木参議院議員政策担当秘書



野田数(のだかずさ)は、早稲田大学卒業後、サラリーマン生活を1ヶ月経験後、保守党の衆議院議員だった小池百合子の秘書に就任。

平成15年(2003年)には東村山市議会議員選挙に立候補し、初当選。
自由民主党に所属の議員として、東京都議会議員(1期)、東村山市議会議員(2期)を務めたが、平成24年(2012年)5月に離党し、地域政党「東京維新の会」を立ち上げ。

平成25年(2013年)の東京都議会議員選挙にも日本維新の会公認で立候補したが落選後、アントニオ猪木参議院議員の政策担当秘書。

平成29年(2017年)1月23日、「都民ファーストの会代表」に就任。

6月1日、都議会議員選挙対策として、小池都知事が正式に「都民ファーストの会」の代表に就任したことに伴い代表を退任。

しかし、都議会議員選挙圧勝の翌日7月3日、「二元代表制」に配慮する形で小池知事は「都民ファースト」代表を退任し、再び代表に戻る。




『大日本帝国憲法復活請願』を都議会提出

http://www.huffingtonpost.jp/2017/07/03/kazusa-noda_n_17374158.html
野田数氏とは? 都民ファーストの会・新代表は「日本国憲法は無効」の請願に賛成した過去
HuffPost Japan 執筆者: 安藤健二
投稿日: 2017年07月03日 17時37分 JST 更新: 2017年07月03日 19時06分 JST

東京都議会議員選挙で大勝し、当選確実の花が付いた候補者名ボードの前で笑顔を見せる地域政党「都民ファーストの会」代表の小池百合子知事(右)と野田数幹事長=2日夜、東京都新宿区の同党開票センター
東京都議会議員選挙で大勝し、当選確実の花が付いた候補者名ボードの前で笑顔を見せる地域政党「都民ファーストの会」代表の小池百合子知事(右)と野田数幹事長=2日夜、東京都新宿区の同党開票センター

(一部抜粋)

朝日新聞デジタルによると、2012年2月に月刊誌「正論」に載った朝鮮人学校補助金に関する寄稿では、「北朝鮮および在日朝鮮人組織への一切の支援を断ち、圧力を強めるべきなのである」と主張。当時の石原慎太郎・都知事が尖閣諸島の購入計画を表明すると、2012年6月に保守系団体が実施した諸島の洋上視察に参加した。

日本共産党東京委員会によると、野田氏は2012年9月の都議会一般質問で「日本政府や軍が『従軍慰安婦』なるものを、暴行・脅迫・拉致を行い強制連行した事実はない」、「正しい知識と正しい歴史観を東京都の子どもたちに教えるべきだ」と主張したという。

同じく9月には地域政党「東京維新の会」を設立。10月の都議会では「日本国憲法は無効で大日本帝国憲法が現存する」との請願に賛成した。「日本国憲法は占領憲法で国民主権という傲慢な思想を直ちに放棄すべきだ」と主張する内容で、請願の紹介議員も務めたが、反対多数で不採択となった。



>朝日新聞デジタルによると、2012年2月に月刊誌「正論」に載った朝鮮人学校補助金に関する寄稿では、「北朝鮮および在日朝鮮人組織への一切の支援を断ち、圧力を強めるべきなのである」と主張。


これは、是非とも実行すべき政策だ!

北朝鮮への支援については日本政府が判断すべきことだが、「在日朝鮮人組織への一切の支援を断ち、圧力を強める」ことについては東京都の判断でいくらでも実行可能だ!

都議会でも圧倒的勢力を有するようになった今、この政策を実行しなければ嘘吐きとなる!






>日本共産党東京委員会によると、野田氏は2012年9月の都議会一般質問で「日本政府や軍が『従軍慰安婦』なるものを、暴行・脅迫・拉致を行い強制連行した事実はない」、「正しい知識と正しい歴史観を東京都の子どもたちに教えるべきだ」と主張したという。


「正しい知識と正しい歴史観を東京都の子どもたちに教えるべきだ」と主張についても、教科書の採択などで東京都が影響力を行使できるので可能な限り尽力すべきだ。





>同じく9月には地域政党「東京維新の会」を設立。10月の都議会では「日本国憲法は無効で大日本帝国憲法が現存する」との請願に賛成した。「日本国憲法は占領憲法で国民主権という傲慢な思想を直ちに放棄すべきだ」と主張する内容で、請願の紹介議員も務めたが、反対多数で不採択となった。

平成24年(2012年)10月、東京維新の野田数都議が紹介議員になり、『大日本帝国憲法復活請願』が東京都議会に提出された。
【安倍総理もビックリ!】都民ファの憲法観が怖すぎ!小池都知事「現行の憲法を停止・廃止」野田数幹事長「大日本帝国憲法は現存」

東京維新の会時代の2012年10月には日本国憲法無効論に基づく大日本帝国憲法復活請願を東京都議会に提出した。その中で「我が国の独立が奪われた時期に制定された」と現行憲法の無効を主張するとともに皇室典範についても「国民を主人とし天皇を家来とする不敬不遜の極み」「国民主権という傲慢な思想を直ちに放棄」すべきことを主張した。

毎日新聞



当時、橋下徹が代表と務めた「日本維新の会」との連携を目指していた野田数率いる「東京維新の会」だったが、橋下徹は請願について「ありえない」と苦言を呈し、野田数との連携を見直す考えを示した。

日本国憲法の無効宣言(大日本帝国憲法の復活)については、最終的には日本国政府の判断による。

しかし、都議会が「請願」を提出することは可能なので、これも改めて是非とも実現してほしい。

『大日本帝国憲法復活請願』を都議会提出


問題は、今回多数当選した東京都議会議員たちの多くに元民進党の議員たちがいることだ。

他にも元みんなの党の議員やど素人も多い。

特に元民進党の議員たちは、野田数の主張・政策には抵抗するだろう。

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2017/07/03/kiji/20170703s00042000074000c.html
民進→都民移籍の全員当選、告示直前公認の府中市・小山氏歓喜
2017年7月3日 05:30

民進党に離党届を提出し、都民ファから公認を得た8人は全員が当選し“移籍成功”。その象徴と言えるのが府中市選挙区の現職・小山有彦(くにひこ)氏だ。

都民ファから推薦を得ていたが、告示直前に公認となり、トップ当選。新人の藤井晃氏と合わせ定数2を独占するなど都民ファの勢いをそのまま反映したような結果となった。一方、推薦を得て無所属で出馬した10人は5人の当選にとどまり、明暗が分かれた。落選の大塚隆朗氏と柿沢幸絵氏は5月末になって離党届を提出し除名処分に。支持を浸透させることはできなかった。



都議選で小池支持派が過半数になるとは、衆愚政治ここに極まれりだな。
都知事選の時の公約を守らず、豊洲への市場移転を妨害して都政を停滞してきた小池知事のどこが信任できるのか?
都民は民度が低すぎて呆れてしまう。
それでも都民ファーストの会はおごりたかぶるのはまだ早い。
幹事長にはみんなの党だった音喜多がなろうとしても、野田数との仲が悪い上に、当選回数が少なすぎる。
当選回数が多いのは、民進党を裏切って鞍替えしてきた変節議員たちだ。
当然元みんなの党と元民進党の間で内紛が起こるぞ。
あとの議員は希望の塾からのシロウトばかりで、ロクな政治ができないだろう。
都民ファーストの会が分裂するのは遠くない。

2017/07/02(日) 22:03:28 | URL | マッハ777 #- [ 編集 ]




百田尚樹『今こそ韓国に謝ろう』2017/6/15(関連記事


左:キリン アルカリイオンの水 PET (2L×6本)×2箱
右:「トランプ革命で甦る日本」西村幸祐&ケント・ギルバート著(2017/1/19)


左:【セット品】DHC ブルーベリーエキス 60日分 120粒 3袋セット
中:【セット品】DHC 亜鉛 60日 60粒 3袋セット
右:デルモンテ 国産 旬にしぼったトマトジュース 750ml×6本


「野田数代表は、今こそ在日朝鮮人組織への圧力強化や『大日本帝国憲法復活請願』 を実行すべき!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)
スポンサーサイト

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.