正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
本当の歴史と外交! 日本国民の生命と財産と自由を守る核武装!取り戻せ、拉致被害者と領土と国家の誇り!がんばれ!維新政党・新風!
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
吉田清治「日本人の謝罪碑」の上に長男が「慰霊碑」を張り付けた・実行した奥茂治氏が韓国で出国禁止
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






吉田清治が韓国の国立墓地に建立した「日本人の謝罪碑」の上に、吉田清治の長男の吉田雄兎氏が奥茂治氏に依頼して「慰霊碑」の石板を重ねて張り付けた(書き換えた)。
昭和58年(1983年)12月、「従軍慰安婦強制連行」を捏造した吉田清治は、「日本人の謝罪碑」を韓国の国立墓地に建立した。
↓ ↓ ↓
平成29年(2017年)3月、吉田清治の長男は、奥茂治氏に依頼し、「日本人の謝罪碑」の上に「慰霊碑」の石板を重ねて張り付けた(書き換えた)。



吉田清治が韓国の国立墓地に建立した「日本人の謝罪碑」
元の姿(「日本人の謝罪碑」:吉田清治の慰安婦謝罪碑)

↓ ↓ ↓
  
3月に「謝罪碑」から「慰霊碑」に書き換えられた「望郷の丘」の碑文 
新たな姿(「慰霊碑」 日本国 福岡県・ヨシダ ユウト:"吉田雄兎"は吉田清治の本名)
「日本人の謝罪碑」の上に重ねて張り付けられた吉田清治の長男の新たな石板「慰霊碑」
「日本人の謝罪碑」に重ねられた新たな石板 慰霊碑 日本国 福岡県・ヨシダ ユウト(吉田雄兎)

日本政府がもっと早く韓国政府に「日本人の謝罪碑」を撤去させるべきだった!

http://www.sankei.com/world/news/170626/wor1706260007-n1.html
【歴史戦】
吉田清治氏の慰安婦謝罪碑書き換え 韓国警察が元自衛官の奥茂治氏を出国禁止 損壊容疑で取り調べ
2017.6.26 07:23更新、産経新聞

吉田清治氏の慰安婦謝罪碑書き換え 韓国警察が元自衛官の奥茂治氏を出国禁止 損壊容疑で取り調べ
南西諸島安全保障研究所の奥茂治所長(飯田英男撮影)

【ソウル=桜井紀雄】朝鮮半島で女性を強制連行したと偽証した故吉田清治氏が韓国の国立墓地に建立した謝罪碑を勝手に書き換えたとして、韓国警察が元自衛官の奥茂治氏(69)を一時拘束していたことが25日、分かった。奥氏は拘束を解かれたが、出国禁止措置が取られているという。

奥氏によると、24日午後、仁川(インチョン)国際空港に到着したところ、捜査員に手錠をかけられ、中部の忠清南道(チュンチョンナムド)天安(チョナン)市の警察署に連行された。容疑は公用物損壊や不法侵入の疑いだと告げられたという。取り調べで、奥氏が碑文の書き換えの事実については認めたため、25日未明に拘束を解かれ、現在は市内のホテルで待機している。今後、検察が在宅で取り調べを行う見通し。

吉田氏は、慰安婦らを「奴隷狩り」のように強制連行した張本人だと名乗り出て、朝日新聞が1980~90年代初頭に紙面で集中的に取り上げた。83年には、著書の印税で天安市の国立墓地「望郷の丘」に「あなたは日本の侵略戦争のために徴用され、強制連行されて…」と記した謝罪碑を建立していた。

朝日新聞は2014年、吉田証言を「虚偽」と判断し、関連記事を取り消した。吉田氏の長男が「父の虚偽で日韓両国民が対立することに耐えられない」「間違いを正せるのは私しかいない」として、謝罪碑の撤去を奥氏に相談。奥氏は今年3月、撤去する代わりに、元の碑文の上に「慰霊碑 吉田雄兎(ゆうと=吉田氏の本名) 日本国 福岡」と韓国語で記した別の碑を張り付けた。

これを受け、韓国警察が奥氏に出頭を要請。奥氏は出頭に応じるため、24日に韓国入りした。

奥氏は産経新聞の取材に「韓国では吉田証言の嘘について認知されていない。裁判ではっきりと説明していきたい」と話している。



>朝鮮半島で女性を強制連行したと偽証した故吉田清治氏が韓国の国立墓地に建立した謝罪碑を勝手に書き換えたとして、韓国警察が元自衛官の奥茂治氏(69)を一時拘束していたことが25日、分かった。奥氏は拘束を解かれたが、出国禁止措置が取られているという。


元自衛官の奥茂治氏(69)が吉田清治の長男に依頼され、韓国の「日本人の謝罪碑」の上に「慰霊碑」を重ねて張り付けたのは今年3月のことだった。

平成29年(2017年)3月、奥茂治氏は、韓国にある吉田清治の「日本人の謝罪碑」をの上に「慰霊碑」の石板を重ねて張り付けた。
「日本人の謝罪碑」に重ねられた新たな石板 慰霊碑 日本国 福岡県・ヨシダ ユウト(吉田雄兎)

奥茂治氏に依頼した張本人は、吉田清治の長男だった。

5月になって超本人が吉田清治の長男と分かった時、韓国人は衝撃を受け、当初韓国では中央日報が電子版のみが伝え、他の韓国主要各紙も紙面上では報じなかった。

http://www.sankei.com/politics/news/170513/plt1705130025-n1.html
吉田清治氏の慰安婦「謝罪の碑文」の書き直し 「張本人が長男と分かり衝撃」 韓国紙の電子メディア 主要紙は報じず 
2017.5.13 19:26更新、産経新聞

3月に「謝罪碑」から「慰霊碑」に書き換えられた「望郷の丘」の碑文
3月に「謝罪碑」から「慰霊碑」に書き換えられた「望郷の丘」の碑文 

【ソウル=名村隆寛】韓国紙、中央日報(電子版)は13日までに、朝鮮半島で女性を強制連行したと偽証した吉田清治氏(故人)の長男が、父親が韓国・天安市の国立墓地「望郷の丘」に建てた「謝罪碑」の碑文の説明も虚偽だとして、関係者を通じ碑文を書き直していたとの産経新聞(12日付)の報道を引用して伝えた。

 同紙は「『日帝強制徴用謝罪碑』を慰霊碑に変えた張本人が、ほかでもなく吉田の長男ということが分かり、衝撃を与えている」と報じた。

 産経新聞の報道について中央日報は電子版のみで伝えた。他の韓国主要各紙も紙面上で報じていない。



今年3月、「日本人の謝罪碑」から「慰霊碑」への書き換えを行った奥茂治氏は無事に日本に戻って来ていたのだが、今回わざわざ説明をするため韓国に出向いて行ったのだ。

櫻井よしこ氏始め奥茂治氏と交流のある方々は、「韓国には行かないほうがいい。不当に長期勾留される恐れがある」と奥茂治氏にアドバイスしていたが、奥氏の決意は固く、逮捕覚悟で韓国に乗りこんだという。






>奥氏によると、24日午後、仁川(インチョン)国際空港に到着したところ、捜査員に手錠をかけられ、中部の忠清南道(チュンチョンナムド)天安(チョナン)市の警察署に連行された。容疑は公用物損壊や不法侵入の疑いだと告げられたという。取り調べで、奥氏が碑文の書き換えの事実については認めたため、25日未明に拘束を解かれ、現在は市内のホテルで待機している。今後、検察が在宅で取り調べを行う見通し。


6月24日に奥茂治氏が仁川(インチョン)国際空港に到着したところ、午後3時47分に韓国警察の捜査員に手錠をかけられて逮捕された!

http://hi-hyou.com/archives/6467
【速報】慰安婦謝罪碑を書き換えた奥茂治氏仁川空港で逮捕
2017/06/25

吉田清治氏が韓国内に建てた「慰安婦謝罪碑」を、清治氏ご長男の依頼で、「慰霊碑」に書き換えた沖縄の奥茂治氏が、6月24日午後3時47分に仁川空港内で韓国警察に逮捕されました。

おそらく「公共物を破損した」という罪での逮捕だと思われますが、奥氏の立場は、「謝罪碑は吉田清治が私費で建てたもの。清治亡き後、謝罪碑は長男が相続したとみるべきだ。長男の依頼で文面を書き換えることは理にかなっている」というものです。韓国警察からは再三出頭依頼があり、奥氏は、自分の正当性を韓国警察に説明するために、韓国に入国したと思われますが、入国した途端に身柄を拘束されたようです。

6月22日夜、那覇市内で奥氏にお目にかかりましたが、「逃げも隠れもしない。逮捕も勾留も覚悟している」と話していました。櫻井よしこ氏始め奥氏と交流のある方々は、「韓国には行かないほうがいい。不当に長期勾留される恐れがある」と奥氏にアドバイスしていたようですが、奥氏の決意は固く、逮捕覚悟で韓国に乗りこんだのでしょう。

日韓のメディアがどのように報道するかまだわかりませんが、吉田清治氏の虚偽を「事実」として大々的に報道し、問題を紛糾させた朝日新聞などは、奥氏の逮捕に「異議」を申し立てるぐらいの姿勢で正しく報道してもらいたいと思います。

なお、奥茂治氏の謝罪碑書き換えの経緯と奥氏の人となりについては、『新潮45 2017年7月号』の拙稿「〈吉田清治の謝罪碑を書き換えたのは私です〉『実行犯』奥茂治氏の告白」ををご高覧下さい。

(6月25日追記)
現在、奥茂治氏の手錠ははずされています。ただし、韓国から出国しないことが条件です。事実上軟禁状態です。

(6月26日追記)
6月26日の産経新聞デジタル版が詳報を掲載しました。
http://www.sankei.com/world/news/170626/wor1706260007-n1.html

(6月26日追記)
韓国の通信社・聯合ニュースは奥氏の逮捕・釈放・取り調べの記事を配信しました。主要テレビ局もこれに倣って報道しています。内容は産経の記事に準じたもので、独自取材記事は見あたりません。いずれもあまり感情を交えずに、事実関係を淡々と伝えています。主要紙については記事を確認できません(6月26日午後3時現在)。


この記事は、続報が入り次第追記修正の可能性があります。ご了承ください。






>吉田氏は、慰安婦らを「奴隷狩り」のように強制連行した張本人だと名乗り出て、朝日新聞が1980~90年代初頭に紙面で集中的に取り上げた。83年には、著書の印税で天安市の国立墓地「望郷の丘」に「あなたは日本の侵略戦争のために徴用され、強制連行されて…」と記した謝罪碑を建立していた。


元の姿
吉田清治が韓国の国立墓地に建立した「日本人の謝罪碑」

「日本人の謝罪碑」
あなたは日本の侵略戦争のために徴用され強制連行されて
強制労働の屈辱と苦難の中で 家族を想い 望郷の念も空しく
貴い命を奪われました
私は徴用と強制連行を実行指揮した日本人の一人として
人道に反したその行為と精神を深く反省して
謹んで あなたに謝罪いたします
老齢の私は死後も あなたの霊の前に拝跪して
あなたの許しを請い続けます 合掌

1983年12月15日 元労務報国会徴用隊長 吉田清治


↓ ↓ ↓
  
3月に「謝罪碑」から「慰霊碑」に書き換えられた「望郷の丘」の碑文 
新たな姿(「慰霊碑」 日本国 福岡県・ヨシダ ユウト:"吉田雄兎"は吉田清治の本名)
「日本人の謝罪碑」の上に重ねて張り付けられた吉田清治の長男の新たな石板「慰霊碑」
「日本人の謝罪碑」に重ねられた新たな石板 慰霊碑 日本国 福岡県・ヨシダ ユウト(吉田雄兎)

日本政府がもっと早く韓国政府に「日本人の謝罪碑」を撤去させるべきだった!





>朝日新聞は2014年、吉田証言を「虚偽」と判断し、関連記事を取り消した。吉田氏の長男が「父の虚偽で日韓両国民が対立することに耐えられない」「間違いを正せるのは私しかいない」として、謝罪碑の撤去を奥氏に相談。奥氏は今年3月、撤去する代わりに、元の碑文の上に「慰霊碑 吉田雄兎(ゆうと=吉田氏の本名) 日本国 福岡」と韓国語で記した別の碑を張り付けた。


もともと日本による「従軍慰安婦強制連行」などというものは、戦後約40年間、全くと言って良いほど話題になったこともなった。

そんなものは無かったのだから、話題ならなかったのは当たり前だ。

「従軍慰安婦強制連行」(後の「慰安婦に関する強制性」)が問題となったのは、1983年に吉田清治という嘘吐き爺が『私の戦争犯罪――朝鮮人強制連行』という悪質な捏造本を書いて「済州島で慰安婦狩りを行った」と告白したことが始まりだった。

吉田清治「“日本軍が朝鮮の女性を強制連行して慰安婦にした”と証言」
吉田清治
1983年に出版した本で「日本軍が朝鮮の女性を強制連行した」と証言


そして、いわゆる「従軍慰安婦問題」が大騒ぎされ始めたのは、宮沢政権が発足して間もない平成3年(1991年)12月、「従軍慰安婦」だったと自称する韓国人婆が日本政府を相手取り、謝罪と損害賠償を求める訴えを起こしたのが発端だった。

これを機に、植村隆記者を中心に朝日新聞など日本の一部マスメディアが「従軍慰安婦問題」大キャンペーンを展開した。



しかし、吉田清治の告白は、後に完全な嘘っぱちの捏造だったことが判明し、1996年に本人もフィクション(作り話)だったと認めた。
1996年吉田清治は「本に真実を書いても何の利益もない。事実を隠し自分の主張を混ぜて書くなんていうのは、新聞だってやるじゃないか」と韓国での慰安婦強制連行を捏造と認めた
1996年、「強制連行した」唯一の証言者が作り話であったと認める!
吉田清治は「本に真実を書いても何の利益もない。事実を隠し自分の主張を混ぜて書くなんていうのは、新聞だってやるじゃないか」と朝鮮での慰安婦強制連行を捏造と認めた。



平成26年(2014年)8月5日
【朝日新聞】「済州島で連行」吉田氏の証言 裏付け得られず虚偽と判断
平成26年(2014年)8月5日、【朝日新聞】「済州島で連行」吉田氏の証言 裏付け得られず虚偽と判断


020140911-195750NHKが緊急臨時ニュースで朝日新聞木村社長会見!吉田調書記事は取り消し&慰安婦誤報(捏造)もついでにお詫び!(読者に)
平成26年(2014年)9月11日夜、朝日新聞社長の木村伊量(ただかず)が記者会見!
「吉田調書」記事を取り消し!
ついでに、慰安婦誤報(捏造)についても【読者に】謝罪!

■動画
朝日新聞・木村社長緊急会見「吉田調書と慰安婦報道」
https://www.youtube.com/watch?v=lJBH0GcoHS8




━━━━━━━━━━
▼いわゆる「従軍慰安婦」捏造の経緯のまとめ▼

1947年、吉田清治が日本共産党から立候補。129票を獲得しつつ落選

1971年、『週刊実話』が「従軍慰安婦」という言葉を使用

1973年、千田夏光著『従軍慰安婦』という悪質な捏造本が発行

1977年、吉田清治著『朝鮮人慰安婦と日本人』という悪質な捏造本発行
吉田清治が 「日本軍人が朝鮮女性を強制連行して慰安婦にした」 と証言

1982年、吉田清治が 「朝鮮人の奴隷狩りがあった」 と証言


1983年、吉田清治著『私の戦争犯罪――朝鮮人強制連行』という悪質な捏造本(韓国が強制連行された従軍慰安婦が居た証拠だと主張している本)を発行
以後、朝日新聞や赤旗が「従軍慰安婦強制連行」に関する記事を掲載。


1989年、韓国・済州島の済州新聞が 「私の戦争犯罪」 は捏造と報じる

1990年~1993年、朝日新聞が吉田清治らの虚言を真実であるとして、「従軍慰安婦強制連行」を大宣伝(テレビ朝日なども大キャンペーンを展開)

1991年、朝日新聞記者・植村隆が08/11の紙面にて、日本に対する悪意をもって従軍慰安婦について記事を掲載
裁判にて、親に売られたと証言した朝鮮人の言葉を、植村隆が日本軍に強制連行されたと捏造して紙面に掲載した。

1991年、12/06にアジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件として、35人が慰安婦に対する賠償を求めて日本政府を告訴
原告団長は粱順任(ヤン・スニム)、原告代理人は、福島瑞穂、高木健一、林和男など
朝日新聞記者・植村隆の義理の母親が粱順任(ヤン・スニム)であり、植村隆は義理の母親が日本政府相手の訴訟で勝てるように、捏造して世論を動かそうとした。


1992年、韓国・済州島にて現地調査が行われる。島民からまったく裏付けとなる証言がでてこなかった

1993年、宮沢喜一と河野洋平が吉田清治や朝鮮人婆の虚言を事実であると大宣伝
以後、南朝鮮の歴史教科書に「従軍慰安婦」が記述

1996年、05/29の週刊新潮のインタビューにて、「強制連行した」唯一の証言者である吉田清治はいろいろ言い訳しつつも「慰安婦強制連行」がフィクションであることを認める。
吉田清治は「本に真実を書いても何の利益もない。事実を隠し自分の主張を混ぜて書くなんていうのは、新聞だってやるじゃないか」と朝鮮での慰安婦強制連行を捏造と認めた。


1997年1月3日、「朝まで生テレビ」に出演した反日左翼の吉見義明は、「強制連行は確認されていない」ことと、「挺身隊が慰安婦にさせられた例も確認されていない」ことを認める。

1997年、日本の中学校の歴史教科書に慰安婦問題が記載される。

1998年、「人権屋に利用された私が悪かった」 と吉田清治が反省

2004年、11/29に日本最高裁判所にて、日本政府を告訴した原告の敗訴が確定

2006年、02/21にアメリカ最高裁判所にて、在米韓国人・在米中国人らが起こした従軍慰安婦訴訟の判決で、原告の敗訴が確定
アメリカ国内で慰安婦問題について日本に賠償・謝罪を求める訴訟は二度と起こせなくなった

2011年、05/09に韓国国内にて粱順任(ヤン・スニム)が日本政府から賠償金をとるからと弁護士費用を集めて、詐欺罪で逮捕

2014年、朝日新聞が吉田清治の証言について裏付け得られず虚偽と判断

━━━━━━━━━━





>奥氏は産経新聞の取材に「韓国では吉田証言の嘘について認知されていない。裁判ではっきりと説明していきたい」と話している。


6月26日、日本政府(菅義偉官房長官)は「邦人保護の観点から、必要に応じて在外公館などを通じて適切な支援を行っていきたい」と述べた。

http://www.sankei.com/politics/news/170626/plt1706260042-n1.html
【歴史戦】
菅義偉官房長官「奥茂治氏に適切な支援を行なっていく」 韓国の慰安婦謝罪碑書き換えで出国禁止
2017.6.26 23:55更新、産経新聞

 菅義偉官房長官は26日の記者会見で、朝鮮半島で女性を強制連行したと偽証した吉田清治氏(故人)が韓国に建てた「謝罪碑」を無断で書き換えたとして韓国警察に一時拘束され、出国禁止となっている元自衛官の奥茂治氏について「邦人保護の観点から、必要に応じて在外公館などを通じて適切な支援を行っていきたい」と述べた。

 菅氏は「韓国の空港で邦人が逮捕されたことは承知している」と述べた。韓国側の対応の妥当性に関しては「韓国の中で行われたことだ」と述べた上で、「韓国側の司法手続きを見守っていきたい」と語り、事態を注視する考えを示した。

 外務省筋は、奥氏の謝罪碑の書き換えや訪韓の経緯を詳細に把握していないとしており、当面は韓国の出方を見極める方針だ。



本来、日本政府は、吉田清治が平成8年(1996年)に「従軍慰安婦強制連行は作り話だった」と認めて白状した時点で、韓国政府に対し、吉田清治が昭和58年(1983年)に韓国の国立墓地に建立した「日本人の謝罪碑」を撤去させなければならなかった!

日本政府は、吉田清治自身が捏造を認めた時点で朝日新聞にも真実を報道させ、韓国政府にも「日本人の謝罪碑」の撤去をさせるべきだった。

日本政府の怠慢(不作為)が今回の奥茂治氏の逮捕(出国禁止)に繋がっているのだから、日本政府はもっと責任感を強くもって事態の収束に努めるべきだ!




百田尚樹『今こそ韓国に謝ろう』2017/6/15(関連記事


左:キリン アルカリイオンの水 PET (2L×6本)×2箱
右:「トランプ革命で甦る日本」西村幸祐&ケント・ギルバート著(2017/1/19)


左:【セット品】DHC ブルーベリーエキス 60日分 120粒 3袋セット
中:【セット品】DHC 亜鉛 60日 60粒 3袋セット
右:デルモンテ 国産 旬にしぼったトマトジュース 750ml×6本


「韓国は速やかに吉田清治の捏造を韓国民に説明し、奥茂治氏を日本に帰せ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)
スポンサーサイト

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.