正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
本当の歴史と外交! 日本国民の生命と財産と自由を守る核武装!取り戻せ、拉致被害者と領土と国家の誇り!がんばれ!維新政党・新風!
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
豊田真由子「このハゲーっ!」「鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか」「お前の娘がひき殺されて♪」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






安倍チルドレン「豊田真由子」代議士の“絶叫暴行”を秘書が告発 鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか?!
豊田真由子議員が秘書に暴言!暴行!恫喝!「この、ハゲーーーーーっ!」「鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか!」

https://www.dailyshincho.jp/article/2017/06211700/?all=1
安倍チルドレン「豊田真由子」代議士の“絶叫暴行”を秘書が告発
週刊新潮 2017年6月29日号 2017/6/22発売

安倍チルドレン「豊田真由子」代議士の“絶叫暴行”を秘書が告発
豊田真由子代議士(42)

2012年の選挙で初当選し、現在2期目を務める自民党の豊田真由子代議士(42)。安倍チルドレンの1人でもある彼女は、秘書に罵声を浴びせた上に暴行を加える、前代未聞の振る舞いをしていた。

***

豊田代議士の暴行を告発するのは、彼女の事務所で政策秘書を務めていた男性(55)である。殴る蹴るハンガーで叩くといった暴行は断続的に行われ、男性には「顔面打撲傷」「左上腕挫傷」等の診断書が出されている。

男性は通常国会会期末の6月18日付で秘書を辞したが、

「最初に暴力を振るわれた5月19日、私は彼女から『鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか!』『お前の娘にも危害が及ぶ』とも告げられていました。言い知れぬ恐怖を覚え、翌日から万が一に備えて車内の様子をICレコーダーで録音することにしたのです」(秘書男性)

「週刊新潮」編集部は、その40分超の音声を入手。そこには、車を運転する男性への、豊田代議士の大絶叫と暴行の証拠が記録されていた。

〈豊田代議士:この、ハゲーーーーーっ!

豊田代議士:ちーがーう(違う)だろーーっ!

(ボコッという打撲音)

男性:すいません、ちょっ、運転中でもあるので……。

豊田代議士:違うだろーーーーーーーっ!!!〉

音声にはほかに「うん、死ねば? 生きてる価値ないだろ、もうお前とか」といった暴言、秘書の娘が強姦通り魔に遭ったらというたとえ話、さらには“ミュージカル調”で秘書を罵るという常軌を逸した様子までおさめられている。秘書男性は、警察に被害届を出すという。

取材に対し、豊田代議士の事務所は暴行について〈手をあげてしまった〉と認め、〈お見舞金〉という金銭での解決を目指しているとした上で“通り魔”等一部の録音内容については否定した。


***

6月22日発売の「週刊新潮」では、豊田代議士による「絶叫暴言」「暴行傷害」の具体的な中身について詳しく報じる。また「週刊新潮Twitter」、「デイリー新潮」にて音声の一部を公開する。
【週刊新潮】凶暴代議士「豊田真由子」による秘書への“絶叫暴言&暴行傷害”音声
■動画(音声)
【週刊新潮】凶暴代議士「豊田真由子」による秘書への“絶叫暴言&暴行傷害”音声
https://www.youtube.com/watch?v=Bc6UEvT9H_o


安倍チルドレン「豊田真由子」代議士の“絶叫暴行”を秘書が告発 「死ねば?」誌面
週刊新潮 2017年6月29日号 (2017/6/22発売)安倍チルドレン「豊田真由子」代議士の“絶叫暴行”を秘書が告発




>「最初に暴力を振るわれた5月19日、私は彼女から『鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか!』『お前の娘にも危害が及ぶ』とも告げられていました。言い知れぬ恐怖を覚え、翌日から万が一に備えて車内の様子をICレコーダーで録音することにしたのです」(秘書男性)


『鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか!』『お前の娘にも危害が及ぶ』などの発言は、脅迫罪に該当する。
安倍チルドレン「豊田真由子」代議士の“絶叫暴行”を秘書が告発 鉄パイプでお前の頭を砕いてやろうか?!





>そこには、車を運転する男性への、豊田代議士の大絶叫と暴行の証拠が記録されていた。
>〈豊田代議士:この、ハゲーーーーーっ!
>豊田代議士:ちーがーう(違う)だろーーっ!
>(ボコッという打撲音)
>男性:すいません、ちょっ、運転中でもあるので……。
>豊田代議士:違うだろーーーーーーーっ!!!〉
>音声にはほかに「うん、死ねば? 生きてる価値ないだろ、もうお前とか」といった暴言、秘書の娘が強姦通り魔に遭ったらというたとえ話、さらには“ミュージカル調”で秘書を罵るという常軌を逸した様子までおさめられている。秘書男性は、警察に被害届を出すという。



運転中の政策秘書に対して罵声を浴びせながら暴力を振るっており、更に当該秘書の娘が通り魔に遭うたとえ話までしており、やはり犯罪に該当する可能性がある。
<壮絶>自民党超エリート「豊田真由子」議員が秘書に罵声暴行
■動画(ミュージカルパート)
<壮絶>自民党超エリート「豊田真由子」議員が秘書に罵声暴行
https://www.youtube.com/watch?v=Y-XWcRC_KP8&t=550

♬ そんなつもりはないんです~
♬ そんなつもりはないんです~
♬ お前の~娘をひき殺して
♬ そんなつもりはなかったんです~って
♬ 言われてるのとおんなじ~
♬ あぁ それじゃしょうがありませんね
♬ そんなつもりなかったんならしょうがありませんねぇ

10分頃~ ミュージカル調+セリフパート
♬ そんなつもりがなかったら~
♬ そんなつもりがなかったらいいのぉ
♬ そんなつもりがなかったら~
「お前の娘が交通事故にあってひき殺されて死んでさ ひくつもりはなかったんですって言われたら腹立たない?」

安倍チルドレン「豊田真由子」代議士の“絶叫暴行”を秘書が告発書き起こし(ミュージカルパート)
♬そんなつもりじゃなくても〜〜
♬お前の〜〜
♬娘を轢き殺してそんなつもりはなかった

って言われてるのと同じ〜〜
♬ あーそれじゃしょうがありませんね
♬そんなつもりなかったんじゃしょうがありませんね〜?
♬(元政策秘書)の娘が顔がグシャグシャになって
頭がグシャグシャ 脳みそ飛び出て車に轢き殺されても

♬そんなつもりはなかったんです〜〜
♬ で済むとおもっているなら同じことを言い続けろ〜〜


この音声は5月20日に録音したものです。後部座席にいた豊田代議士の拳骨か私の頭、左のこめかみあたりに、計6、7同にわたって振り下ろされました。彼女に殴られた箇所は後に腫れ上がり、今でも顔面に違和感が残っています。

暴行後も、彼女は変わってくれるのではないかと一捨の望みを持っていたのですが、私たち秘書をなじる姿勢に変化は見られなかった。そのため、途中で仕事を放りだしてはいけないと考えて勤務を続けたものの、区切りである通常国会会期末の6月18口付で私は秘書を辞しました。暴力を振るうことは誰であっても許されない犯罪行為です。ましてや、彼女は国会議員。暴行の事実を伏せたままでは、今も彼女の周りに残っている秘書たちが、今後、新たな被害者になる可能性もあると思い、今回、世間の人に真実を知ってもらうべきだとの考えに至りました

(暴行を受けた政策秘書(55)本人談 週刊新潮より)





6月22日の夕方、豊田真由子議員は、自民党に離党届を提出し、入院した。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170622/k10011026961000.html
自民 豊田真由子衆院議員が離党届を提出
6月22日 16時21分、NHK

自民 豊田真由子衆院議員が離党届を提出

自民党の豊田真由子衆議院議員は、みずからの元秘書に暴行したなどと週刊誌で報じられたことを受け、党に迷惑をかけたくないとして、22日夕方、離党届を提出しました。

自民党の豊田真由子衆議院議員は、22日発売の週刊誌で、先月、みずからの政策秘書を務めていた男性に対し、殴ったり、暴言を浴びせたりしたなどと報じられました。

これを受けて、豊田氏は、党に迷惑をかけたくないとして、22日夕方、みずからの事務所を通じて離党届を提出しました。
自民党は、今後、党紀委員会で、離党届の扱いを協議することにしています。

豊田氏は衆議院埼玉4区選出の当選2回で42歳。厚生労働省の元官僚で、これまでに文部科学政務官などを務めています。

■自民2期目の議員に不祥事相次ぐ

離党届を提出した豊田真由子衆議院議員は、自民党が300近い議席を獲得して政権に復帰した5年前の衆議院選挙で初当選し、現在2期目です。

党内で豊田氏と同期の議員はおよそ100人と、党の衆議院議員全体の3分の1を占めていますが、これまでに女性問題や失言、それに金銭トラブルなどで問題になる議員が相次いでいます。

最近では、広島4区選出の中川俊直議員が、ことし4月、週刊誌でみずからの女性問題が報じられ、経済産業政務官を辞任し、その後、自民党を離党しました。

また、東京16区選出の大西英男議員は、先月、党内で受動喫煙対策を議論した際、「がん患者は働かなくていいのではないか」と発言し、党の東京都連の副会長を辞任しました。

このほか、女性問題を週刊誌で報じられ議員辞職に追い込まれたケースもありました。

■官房長官「行動や言動に責任持つのは当たり前」

菅官房長官は午後の記者会見で、「政府の立場でコメントは控えたいが、一般論で申し上げれば、そもそも国会議員は有権者の皆さんから選ばれており、みずからの行動や言動にしっかり責任を持つのは当たり前のことであり、その中で判断したのだと思う」と述べました。

また、菅官房長官は、記者団が「自民党の当選2回の議員による不祥事が続いているが」と質問したのに対し、「かつてもそうしたことが指摘をされているが、国会議員は誇りを持ってみずからを律しながら活動を行うのは、ある意味で当然のことだ」と述べました。

■自民 河村氏「ちょっとかわいそう」

自民党の河村元官房長官は記者団に対し、「彼女が最初に選挙に出た時、私は選挙対策委員長だったので、彼女がいかに頑張っていたかを知っているので、ちょっとかわいそうだなと思って見ている。秘書が、やり取りを録音して外に出すということは、何か意図がなければありえない。いくらパワハラがあったと言っても、選挙を戦う者とすれば、あのようなことは起こる。たまたま彼女が女性だからこうしたことになっているが、あんな男の代議士はいっぱいいる」と述べました。



http://www.sankei.com/politics/news/170622/plt1706220032-n1.html
【豊田氏「暴行」報道】
豊田真由子衆院議員が入院 精神的に不安定になり…2017.6.22 19:20更新、産経新聞

 自民党の下村博文幹事長代行は22日、豊田真由子衆院議員の離党届提出について「非常に残念だ」と記者団に述べた。豊田氏が精神的に不安定となり、入院したことも明らかにした。




豊田真由子は平成26年(2014年)に赤坂御苑で行われた「園遊会」に招待者以外の者を同伴させようとし、宮内庁職員に対して大声で恫喝し、無理やり会場に侵入した事件も起こしていた!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%8A%E7%94%B0%E7%9C%9F%E7%94%B1%E5%AD%90
豊田真由子 
wikipedia
不祥事

園遊会招待者以外同伴

2014年4月17日の園遊会において、ルールを無視して招待者以外を同伴して入場したため、宮内庁が衆議院に対しルールの周知徹底を要請する事態に発展した。

2014年春の園遊会には、衆議院議員である豊田と、その夫が招待されていた。ところが園遊会当日、豊田は母親を伴って、赤坂御苑の国会議員用の受付場所に出向いた。その際に、豊田は同伴者について「事前に夫から母親に変更する旨を連絡した」と説明したが、困惑した受付の担当者が「いつ、どこの誰に連絡したのか」と尋ねると、言葉を濁し具体的な説明はしなかった。宮内庁の職員が招待者以外は入場できないと説明したところ、豊田は「なぜ入れない!」「入れなさい」などと大声で恫喝した。さらに、宮内庁職員が手に持っていた配偶者用のネームプレートを奪い取ると、それを自ら母親の胸に付け、勝手に会場に侵入してしまった。宮内庁の職員はなおも食い下がり、母親は入場できないと再三にわたり説明し理解を求めたところ、今度は母親のことを「私の配偶者だ」などと主張し始め、無理やり突破してしまった。

園遊会はおめでたい場であり、騒ぎを避けるべきだとの判断から、職員らは豊田の侵入を食い止めることができなかった。しかし、宮内庁においては「あってはならないこと」との声が強まり、衆議院に対しルールの周知徹底を要請する事態となった。さらに、宮内庁によれば、同伴者の変更についての事前連絡があったとの事実は確認されていないとしている。



上記の「園遊会招待者以外同伴恫喝侵入事件」は、産経新聞や「サンデー毎日」などでも報道されており、その際に自民党は然るべき対処をしておくべきだった。

http://www.sankei.com/life/news/140429/lif1404290008-n1.html
自民・豊田真由子衆院議員、ルール違反 園遊会に招待者以外同伴
2014.4.29 01:04更新、産経新聞


http://getnews.jp/archives/570027
東スポWebの『園遊会で暴挙!豊田真由子議員は伝説のモンスター・クレーマー』という記事が謎の削除!?
DATE:2014.05.03


(一部抜粋)

MSN産経ニュースなどもこの件を報じているが、5月1日には東スポWebに

『園遊会で暴挙!豊田真由子議員は伝説の“モンスター・クレーマー”』

という記事が掲載された。

記事では、上記『サンデー毎日』の記事を紹介し、

「ついにやらかしましたか。いつか問題を起こすと言われていた議員の一人でした」
「宮内庁職員を怒鳴りつけたというのも想像できますね。エリート街道を歩んだ最も悪いケースで特権意識の塊。なにかあるとヒステリックな一面(を見せること)が取りざたされていた。豊田氏の事務所は秘書が次々と辞めるので、“ブラック事務所”とやゆされていました」


という自民党関係者のコメントを紹介し、

豊田氏の“モンスター・クレーマー”ぶりも、永田町では伝説となっている。

として、その“伝説”について書かれていた。



上記のとおり、豊田真由子の「モンスター・クレーマー」ぶりも、永田町では伝説となっていた上に、平成26年(2014年)に実際にこれほどの事件を起こしているにもかかわらず、実際に刑事事件などになったわけではないので豊田真由子には特段の処罰を受けなかったようだ。

翌年の平成27年(2015年)10月9日になると、安倍内閣は豊田真由子を内閣府大臣政務官(東京オリンピック・パラリンピック担当)、文部科学大臣政務官、復興大臣政務官という要職に就任させた。

これについては、もう少し慎重に様子を見た方が良かったと思う。




百田尚樹『今こそ韓国に謝ろう』2017/6/15


左:キリン アルカリイオンの水 PET (2L×6本)×2箱
右:「トランプ革命で甦る日本」西村幸祐&ケント・ギルバート著(2017/1/19)


左:【セット品】DHC ブルーベリーエキス 60日分 120粒 3袋セット
中:【セット品】DHC 亜鉛 60日 60粒 3袋セット
右:デルモンテ 国産 旬にしぼったトマトジュース 750ml×6本


「豊田真由子は議員不適格!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.