正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
本当の歴史と外交! 日本国民の生命と財産と自由を守る核武装!取り戻せ、拉致被害者と領土と国家の誇り!がんばれ!維新政党・新風!
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201704
菅野完の正体:性的暴行、暴行、カンパ金着服、盗聴など犯罪のオンパレ・元しばき隊・籠池夫妻を籠絡
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






菅野完さん、全国TV2局で生で路上記者会見放映。すごいシナリオ。籠池氏から聞いた犯人を写真付きで名指し。迫田現国税庁長官、松井大阪府知事。
菅野完(すがの たもつ)は、元部落解放同盟で、元首都圏反原発連合で、元しばき隊で、性的暴行、暴行、カンパ金着服、盗聴など多くの犯罪をしてきたが、籠池夫妻の籠絡に成功し、今ではマスコミから「ノンフィクション作家」「ジャーナリスト」などと呼ばれている。


http://www.sankei.com/life/news/170315/lif1703150060-n1.html
【森友学園問題】
「閣僚が籠池氏に現金数百万」 インタビューの作家語る
2017.3.15 21:34更新、産経新聞

報道陣に囲まれるジャーナリストの菅野完氏=15日午後、東京都港区(宮崎瑞穂撮影)
報道陣に囲まれるジャーナリストの菅野完氏=15日午後、東京都港区(宮崎瑞穂撮影)

 大阪市の学校法人「森友学園」を巡る問題で、理事長退任を表明した籠池泰典氏に単独インタビューしたノンフィクション作家菅野完氏が15日、東京都内で報道陣の取材に応じ、籠池氏とのやりとりの一部として「現職閣僚1人が籠池氏に数百万程度の現金を渡していたと聞いた」と述べた。籠池氏は取材に応じなかった。

 菅野氏は閣僚の名前を明らかにしておらず、「物証はなく証言しかない」とした上で、「籠池氏は現金授受の日時や場所を克明に記憶しており、信ぴょう性は高い」と感想を語った。籠池氏は菅野氏に対し、寄付として受け取り小学校の建設費に充てたと説明し、国会や野党の調査チームに証言する意向も示したという。

 籠池氏は15日に予定していた日本外国特派員協会での会見をキャンセル。都内の菅野氏の関係先でインタビューに応じたという。

大阪府の松井一郎知事と迫田英典国税庁長官の写真を手に記者の質問に答える菅野完氏=15日午後、東京都港区
大阪府の松井一郎知事と迫田英典国税庁長官の写真を手に記者の質問に答える菅野完氏=15日午後、東京都港区



>大阪市の学校法人「森友学園」を巡る問題で、理事長退任を表明した籠池泰典氏に単独インタビューしたノンフィクション作家菅野完氏が15日、東京都内で報道陣の取材に応じ、籠池氏とのやりとりの一部として「現職閣僚1人が籠池氏に数百万程度の現金を渡していたと聞いた」と述べた。籠池氏は取材に応じなかった。


菅野完(すがの たもつ)(別名「noiehoie」「ノイホイ」)は、元部落解放同盟で、元首都圏反原発連合で、元しばき隊で、性的暴行、暴行、カンパ金着服、盗聴などの犯罪者だ。

ところが、3月10日に森友学園の籠池理事長が小学校設置認可の申請を取り下げた後に開いた記者会見の後、菅野完は籠池一家に急接近して籠池夫妻の籠絡に成功し、今ではNHKなどのマスコミから「ノンフィクション作家」「ジャーナリスト」などと呼ばれている。

その菅野完が3月15日、籠池理事長からの情報として「現職閣僚1人が籠池氏に数百万程度の現金を渡していたと聞いた」と述べた。

しかし、これは、籠池理事長が現職閣僚の1人に現金を渡したのではなく、その逆に現職閣僚の1人が籠池理事長に現金を渡したのだから、小学校設立などを応援するための寄付であり、違法性はないものと推測される。

日本を良くしたいと考える政治家が日本を良くする教育を行っている教育者に対してその支援のために数百万円の寄付をすることは、とても良いことであり、何ら問題はない。

もしも当該政治家が国有地を安く森友学園に売却するように近畿財務局などに働きかけをしていた場合には多少の道義的責任はあるかもしれないが、その動機が私腹を肥やすためではなく日本や日本の教育のためならあって然るべきだ。

国会議員は日本のためになる政治を行うことが使命なのだから、森友学園の教育が日本の将来のために役立つと考えれば、資金など様々な面で支援することは、国会議員として立派なことだ。

むしろ、森友学園や籠池理事長と関係があるにもかかわらず、関係がないと言って逃げ回る稲田朋美防衛大臣の姿勢の方に問題がある。

弁護士が森友学園の裁判で代理人を務めることに何の問題もないのだから、稲田朋美防衛大臣はもっと堂々とするべきだ。

同様のことは安倍首相などにも言えることだ。

ましてや鴻池祥肇などのように、ヤバくなると、逆に籠池理事長夫妻の悪口を吐くような奴は論外だ!

鴻池祥肇 森友





>菅野氏は閣僚の名前を明らかにしておらず、「物証はなく証言しかない」とした上で、「籠池氏は現金授受の日時や場所を克明に記憶しており、信ぴょう性は高い」と感想を語った。籠池氏は菅野氏に対し、寄付として受け取り小学校の建設費に充てたと説明し、国会や野党の調査チームに証言する意向も示したという。


学校法人が国会議員から数百万円を寄付され、小学校の建設費に充てたことについては何も問題ないだろう。

犯罪となるのは、政治家が森友学園から賄賂を受け取り、国有地を森友学園に不当に安く売るするよう近畿財務局に不当な圧力をかけたり、賄賂の一部を支払ったりした場合だ。

しかし、森友学園の教育が日本の将来のためになると判断し、森友学園を支援すること自体は、むしろ立派な政治家の仕事であり、そのことを隠したりするのは間違いだ。

私が見る限り、犯罪となるような賄賂の授受や国有地を不当に安く売るための不当な政治的圧力などはなかったものと思われる。

だから、森友学園を応援してきた政治家たちは、もっと堂々とするべきだ!






>籠池氏は15日に予定していた日本外国特派員協会での会見をキャンセル。都内の菅野氏の関係先でインタビューに応じたという。


菅野完が籠池理事長にインタビューをしていた途中、一度マンションから出て来てマスコミの取材陣に対して数十分間説明をした。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170315/k10010912301000.html
籠池氏が会見中止 ノンフィクション作家「とある事情で」
3月15日 17時39分、NHK
一方、籠池理事長は15日、会見を見送ったものの東京に向かい、都内にあるノンフィクション作家、菅野完さんの事務所を訪ねました。

東京・有楽町にある日本外国特派員協会では、15日午後2時半から、森友学園の籠池理事長の記者会見が予定されていましたが、15日になって急きょ中止されました。

協会によりますと、14日夜、理事長の長女から電話で「都合が合わなくなったので延期したい」との申し出があったということで、今後、改めて会見を行うかどうか調整するということです。

一方、籠池理事長は15日、会見を見送ったものの東京に向かい、都内にあるノンフィクション作家、菅野完さんの事務所を訪ねました。

予定された会見が行われなかった理由について、菅野さんは「籠池理事長は、とある事情で会見をキャンセルした。僕にだけ話をしたい。記者会見では思ったことを話せないと判断されたのも1つの要素となって会見の中止となった」と説明しています。


マスコミ取材陣が菅野完に対してインタビューした数十分間の様子は、動画で見ることができる。
籠池理事長と菅野完は理事長退任会見後に急接近したが、その大きな要素は「逮捕」であった。つまり「逮捕」されるところを菅野が助けてくれたという。あり得ないことだ。
■動画
森友学園の籠池理事長が会見を延期した理由について、菅野 完氏が取材に応じた。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00352502.html

テレビ放送の動画(一部分)
https://www.youtube.com/watch?v=2lUZX2314sc



上記の動画を視聴すると、マスゴミや野党がやっていることよりも、菅野完の主張の方が正論と思える部分もある。

例えば、国有地の購入については、購入する側の森友学園側とすれば少しでも安く購入するために政治家や役所に問い合わせをしたり、助言を求めたりすることは当たり前のことだ。

だから、野党やマスコミが森友学園の籠池理事長を追及するのは、お門違いも甚だしい。

追及すべき相手は、国有地の売却価格を決定したり認めたりする権限のある者に他ならない。

この点については、籠池理事長を追い回したり籠池理事長の国会招致を求めたりしている民進党や共産党などの野党議員やマスゴミよりも、菅野完の方が正しい。




ただ、残念なことは、籠池理事長がすっかり菅野完に籠絡されてしまったことだ。

菅野完(すがの たもつ)は、元部落解放同盟で、元首都圏反原発連合で、元しばき隊で、性的暴行、暴行、カンパ金着服、盗聴など多くの犯罪をしてきたトンデモない野郎だ。
菅野完氏は、「日本会議の研究」というとんでもない本を書いた。日本会議と生長の家の関係があるかのようなことを書いたり、しばき隊にいて問題を起こしている。この写真の意味をメディアは深刻に考えるべきである。
野間易通と中指立てる菅野完(しばき隊時代)

菅野完氏は、「日本会議の研究」というとんでもない本を書いた。日本会議と生長の家の関係があるかのようなことを書いたり、しばき隊にいて問題を起こしている。この写真の意味をメディアは深刻に考えるべきである。
有田ヨシフや添田充啓などと語らう菅野完(しばき隊時代) 

菅野完を信用するのは、おかしい。

http://www.kinyobi.co.jp/news/?p=3725
『日本会議の研究』の著者・菅野完氏によるカンパ金着服の経緯が明らかに
2017年3月13日4:30PM、週刊金曜日


『日本会議の研究』の著者・菅野完氏が、2013年に自身が関わる市民運動へのカンパ金のほぼすべてを着服し、運動をパージされていたことが明らかになった。(本誌取材班)

本誌は昨年12月27日付でホームページの「おしらせブログ」に〈性的「暴行」事件を起こした『日本会議の研究』の著者・菅野完氏をめぐる「運動体」の対応〉(http://www.kinyobi.co.jp/news/?p=3692)と題する記事を掲載した。同記事では、菅野氏が当時所属していた差別・排外主義に抗する「しばき隊」を抜けるに至った背景には、〈反レイシズムの広報活動のために集められ、「差別撤廃 東京大行進」のデモの制作費に充てるよう考えられていたカンパ金の一部を着服し、使い込んでいたことが発覚したためという〉とし、〈菅野氏は界隈の運動に関わらないとの旨の誓約書を書き、運動からパージされた〉との経緯を複数の関係者の証言として載せた。

■口座管理人の立場で着服

すると記事を発表した同日夜、かつて存在した反人種差別運動団体「People’s Front Of Anti-Racism」(以下『PFAR』、14年9月30日活動終了)の運営メンバーであった木野寿紀氏がネット上に、カンパ金着服に関する事実を公表した(リンクはここから)。これによると、PFARによる「反レイシズム・メッセージ・プロジェクト」(人種差別団体のデモ行進に対して、新大久保駅近くの大型街頭ビジョンで反レイシズムのメッセージを放映するなど)のために寄せられたカンパ金106万7601円のうち、90万470円(口座からの出金手数料を含む)を菅野氏は着服。同団体の銀行口座の管理人であるという立場を利用し、13年5月7日から9月9日までに同額を出金した。10月初頭にPFAR内で着服の事実が発覚したが、菅野氏に確認を求めようとしても連絡が取れなかったという。11月3日になって、菅野氏から着服した全額が同口座に返還された。

返還されたカンパ金はその後、「国際人種差別撤廃デー記念デモとシンポジウム(14年 3月21日)」「東京レインボープライドパレード(同年4月27日)への参加」「東京大行進2014(同年11月2日)の開催費用の一部」に使用されたという。木野氏は、〈PFARの口座へお寄せいただいた募金全額が正しく本来の使途に使われたことは間違いない〉と強調している。

■保守速報が削除

一方、昨年12月27日付の本誌記事は、まとめサイト「保守速報」に〈しばき隊が『差別撤廃 東京大行進』デモのカンパ金の一部を着服し、使い込んでいたことが発覚〉とのタイトルで記事の一部が拡散された。しかし、着服したのは菅野氏であることや記事の引用の範囲を超えていることから、今年1月30日に本誌は保守速報に抗議。すると同日中に保守速報から謝罪とともに該当記事を削除したとの連絡があった。

■コメントの「捏造」という嘘

当の菅野氏は自身のツイッター(@noiehoie)で1月28日、〈週刊金曜日の報道そのものが、僕のコメントを改変しとるしね。それも「僕が一切言ってないことを書いた」レベルでね〉(https://twitter.com/noiehoie/status/825157681853837313)とつぶやきをしている。29日にはコメントを「捏造」した(https://twitter.com/noiehoie/status/825494834693574656)とも発言した。

だが、菅野氏のコメントはすべて本人のコメントであり、菅野氏自身または菅野氏の弁護士に発言内容の確認も取った上で掲載したものである。同氏は12年初夏に性的「暴行」事件を起こし、自身が事件を「事実」と認める謝罪文も書いている。しかし被害者は、「謝罪は形式的なものでしかなく、とても反省しているとは思えない事件後の菅野氏の対応や、ツイッターなどでの発言によってPTSDが悪化し、心療内科への通院を余儀なくされている」として15年に民事訴訟を提起。現在も係争中だ。さらに、昨年6月に被害届を受理した警察の捜査も現在並行して続いているのだ。



▼菅野完は犯罪者!性的暴行、暴行、カンパ金着服、盗聴など▼

●関連記事
森友学園が申請取り下げ、籠池泰典理事長は退任・記者会見で元しばき隊で犯罪者の菅野完が公開処刑
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6594.html
(一部抜粋)

この菅野完(すがの たもつ)は、元部落解放同盟で、元首都圏反原発連合で、元しばき隊で、「noiehoie」「ノイホイ」などと呼ばれている。
菅野完(すがの たもつ)は、元部落解放同盟で、元首都圏反原発連合で、元しばき隊で、「noiehoie」「ノイホイ」などと呼ばれている。

菅野完(noiehoie、ノイホイ)は、3月5日に開催された森友学園が予定していた小学校「瑞穂の國記念小學院」の入学説明会にスパイを送り込んだ犯罪野郎だ。(関連記事

http://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34625596.html
(一部抜粋)
もう一人は、この説明会に2人の盗聴スパイを送り込んだ元部落解放同盟で元しばき隊の菅野完(すがの たもつ)だ。昨年7月には女性に強姦事件を起こしているろくでもない人間だ。
もう一人は、この説明会に2人の盗聴スパイを送り込んだ元部落解放同盟で元しばき隊の菅野完(すがの たもつ)だ。昨年7月には女性に強姦事件を起こしているろくでもない人間だ。

この菅野完が言うには、テレ朝も送り込んでいて、報道ステーションで流されていたのだ。この菅野はフジテレビ「Mr.サンデー」にも「音声提供」している。

結局、この日の説明会は、彼らのためにマスコミ情報提供の金儲けのためにやったようなものだ。「泥棒に追い銭」だったのだ。

この許されない卑劣な行為に、学園側は警察に通報するとしている。


菅野完は、マスコミに説明会の録音を提供して金儲けをするためにスパイを送り込むなどの違法行為をしたくせに、よくも抜け抜けと森友学園の記者会見に出て来て質問をして自分の名前を言えたものだ。


実は、私も、菅野完(noiehoie、ノイホイ)から、暴力を振るわれたことがある。

平成25年(2013年)6月9日に銀座などで行われた【中山成彬議員の国会答弁を周知するデモ】の時だった。

当時しばき隊の一員だった菅野完(noiehoie、ノイホイ)は、数寄屋橋交差点で大音響を発してデモ妨害をしていた。

菅野完は勝手に不当なデモ妨害をしていたくせに、私がカメラを向けたらすぐに暴力を振るってきた!

20130609私も、菅野完(noiehoie、ノイホイ)がしばき隊の時に、暴力を振るわれたことがあった。

20130609私も、菅野完(noiehoie、ノイホイ)がしばき隊の時に、暴力を振るわれたことがあった

20130609私も、菅野完(noiehoie、ノイホイ)がしばき隊の時に、暴力を振るわれたことがあった

勝手に不当なデモ妨害をしていたくせに、カメラを向けたらすぐに暴力を振るってきたから、本当に驚いた!

さらに、その後、内幸町の交差点の手前で、菅野完(noiehoie、ノイホイ)は、レイシストしばき隊の伊藤大介と一緒にベンツでデモ行進に突入して来た!!

中山成彬議員の国会答弁を周知するデモ
後部座席で違法に拡声器を使用しているのは、数寄屋橋交差点でマイクを握っていたレイシストしばき隊の菅野完(noiehoie、ノイホイ)だ!



左:「全部、言っちゃうね。 ~本名・清水富美加、今日、出家しまする。~」千眼 美子著(2017/2/28)
中:「トランプ革命で甦る日本」西村幸祐&ケント・ギルバート著(2017/1/19)
右:『米国人弁護士が「断罪」東京裁判という茶番』ケント・ギルバート著(2016/12/16)


左:【セット品】DHC ブルーベリーエキス 60日分 120粒 3袋セット
中:【セット品】DHC 亜鉛 60日 60粒 3袋セット
右:デルモンテ 国産 旬にしぼったトマトジュース 750ml×6本


「菅野完の主張の一部は野党やマスゴミよりマシだが、菅野完は犯罪者だ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)
スポンサーサイト

テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.