正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
本当の歴史と外交! 日本国民の生命と財産と自由を守る核武装!取り戻せ、拉致被害者と領土と国家の誇り!がんばれ!維新政党・新風!
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201704
「ニュース女子」検証番組で徹底反論!「マスコミが報道しない沖縄 続編」ネット限定放送で強く反論
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






3.13(月)【ニュース女子〜沖縄取材第2弾〜】#101
DHCシアター「ニュース女子」検証番組で徹底反論!
「マスコミが報道しない沖縄 続編」ネット限定放送で、逆に、批判した他メディアの偏向を批判!

【動画あり】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00000000-jct-soci&p=1
「ニュース女子」沖縄報道批判に徹底反論 ネット放送1時間、沖縄メディアへの疑問
J-CASTニュース 3/14(火) 1:10配信

 沖縄県の米軍基地反対運動を批判的に取り上げた情報番組「ニュース女子」(TOKYO MX)をめぐる問題で、番組を制作したDHCシアターが2017年3月13日夜、「マスコミが報道しない沖縄 続編」などと題した独自の検証番組をネット限定で放送した。

 番組の内容は、問題となった放送で「デマ」「ヘイト」などの批判が殺到した部分について、徹底的に「反論」を加えるもの。その中では、「取材は極めてニュートラルだった」「タブーに切り込んだ」などと批判を受けた放送内容を妥当とし、逆に、批判した他メディアの偏向を主張する出演者のコメントも目立った。
「ニュース女子」が検証番組を放送した(画像はDHCシアター公式YouTubeより)

■辛淑玉氏にも出演依頼

 「ニュース女子」は17年1月2日の放送で、「過激な反対派の実情を現地取材」などと題し基地反対派の活動を批判的に取り上げた。番組では反対派を「テロリストみたい」と表現したほか、抗議活動をする人々が「日当をもらっている」などとも伝えていた。

 こうした同番組の放送内容には、インターネット上を中心に「沖縄ヘイトだ」「人種差別だ」などの批判が相次ぎ、BPO放送倫理憲章委員会が2月10日に審議入りを決定していた。その後、MX側は2月27日に公式サイト上で見解を発表し、

  「事実関係において捏造、虚偽があったとは認められず、放送法および放送基準に沿った制作内容であった」

と説明。その上で、再取材などに「数ヶ月の制作期間」を取った上で、検証番組を放送する予定だとしていた。

 こうした状況の中、番組を制作したDHCシアター側がYoutubeなどウェブ媒体で限定放送したのが今回の検証番組。冒頭のVTRでは、批判を集めた1月2日の放送について、「はたしてそれはデマだったのか」「はたしてそれはヘイトだったのか」を疑問視するナレーションが読み上げられた。

 このVTR終了後、スタジオでは番組がBPO審議入りした点が話題に。これについて、司会を務める東京新聞論説委員の長谷川幸洋氏は、BPO側が放送内容を問題視する勧告や見解を出すことを決定した「審理」ではなかった点を強調し、

  「要するに、軽い方ですよ」

と笑いながら話していた。

 また、問題の放送の中で取り上げられた市民団体「のりこえねっと」代表の辛淑玉(シン・スゴ)共同代表にも出演依頼を出したというが、スケジュールの都合で出演できなかったとも説明していた。

■「沖縄タイムスや琉球新報だけでなく色々な意見がある」

 番組では、1月2日の放送で問題になった点について、

  「一部の反対派を『テロリストみたい』と表現したのは問題だったのか?」
  「『反対派は日当を貰っている!? 』と疑問を呈するのは問題?」

など、全部で6つのポイントに分けて個々に反論した。

 問題の放送の中で特に批判が殺到した「テロリストみたい」との発言については、テロリストという言葉の辞書的な定義(「政治的目的のために、暴力あるいはその脅威に訴える傾向」)を引用し、その直後に反対派が激しく活動する様子をおさめたVTRを放送。その上でスタジオでは、辞書的な定義からみれば問題がなかった、と結論付けた。

 また、反対運動の参加者が「日当をもらっている」と伝えた点については、再取材の結果、日当を貰って活動をしていた「知り合いがいる」という人が、「次から次へと出てくる状況でした」とVTRで説明。ただ、実際に日当を貰った経験があるという人物に直接的に取材することは「できなかった」とも伝えた。

 この問題をめぐってスタジオでは、反対派に日当が渡されていることを取材した経験がある出演者が次々と「現金が渡されていることは事実」などとコメント。こうした意見を踏まえた上で、出演者の間では「(資金援助ではなく)『日当』という言葉を使ったことが問題か?」といったテーマで議論が交わされた。

 総じて、番組では若干の「反省」を織り込みつつも、全体としては検証や再取材を加えた上で、放送内容への批判に対して強く「反論」する部分が目立った。こうした検証番組の終了間際には、番組に出演していたタレントの吉木りささんが、

  「今回の放送を通じて、より公平に、ちゃんと事実に基づいて報道することが大事なんだなとわかりましたね」

とコメント。また、沖縄問題に詳しいジャーナリストの大高未貴さんは、「(沖縄の中でも)沖縄タイムスや琉球新報だけでなく色々な意見があるのだから、いろんな声を拾って取材してほしい」という現地住民のコメントを紹介した。



>沖縄県の米軍基地反対運動を批判的に取り上げた情報番組「ニュース女子」(TOKYO MX)をめぐる問題で、番組を制作したDHCシアターが2017年3月13日夜、「マスコミが報道しない沖縄 続編」などと題した独自の検証番組をネット限定で放送した。


今も番組HPで視聴できるし、既にYou Tubeにも掲載されている。
3.13(月)【ニュース女子〜沖縄取材第2弾〜】#101
■番組HPの動画
『ニュース女子』 #101
https://www.dhctheater.com/movie/100827/



3.13(月)【ニュース女子〜沖縄取材第2弾〜】#101
■You Tube動画
3/13(月)【ニュース女子〜沖縄取材第2弾〜】#101
https://www.youtube.com/watch?v=SHa3L_MgsNc&t=2m56s

3月13日月曜23時よりニュース女子沖縄取材第2弾をYouTubeライブ・ニコ生・Fresh!にて生配信いたします。
今回は1月2日に放送した当番組がBPO審議入りしたことを受け、地上波では放送致しません。







>番組の内容は、問題となった放送で「デマ」「ヘイト」などの批判が殺到した部分について、徹底的に「反論」を加えるもの。その中では、「取材は極めてニュートラルだった」「タブーに切り込んだ」などと批判を受けた放送内容を妥当とし、逆に、批判した他メディアの偏向を主張する出演者のコメントも目立った。


当然、そういうことになるだろう。

1月2日放送の「ニュース女子」の沖縄特集は、事実や真実を放送しており、逆に当該番組を批判する「のりこえねっと」辛淑玉などの反日左翼や他のメディアなどが異常だった。

1月2日放送の「ニュース女子」の沖縄特集を批判する連中こそが批判されなければならない。






>このVTR終了後、スタジオでは番組がBPO審議入りした点が話題に。これについて、司会を務める東京新聞論説委員の長谷川幸洋氏は、BPO側が放送内容を問題視する勧告や見解を出すことを決定した「審理」ではなかった点を強調し、
>  「要するに、軽い方ですよ」
>と笑いながら話していた。



要するにBPOの「審議入り」とは、無罪判決のようなものだ。(詳細記事:BPO「捏造ではない」!「ニュース女子」勧告などを出す審理入り見送り、意見をまとめる審議入りへ





>また、問題の放送の中で取り上げられた市民団体「のりこえねっと」代表の辛淑玉(シン・スゴ)共同代表にも出演依頼を出したというが、スケジュールの都合で出演できなかったとも説明していた。


辛淑玉は既に沖縄在住「ニュース女子」インタビュー出演者3名からの「公開質問並びに公開討論申し入れ状」からも大逃亡したが(詳細記事)、「ニュース女子」の検証番組への出演についても逃亡していた!





>番組では、1月2日の放送で問題になった点について、
>   「一部の反対派を『テロリストみたい』と表現したのは問題だったのか?」
>   「『反対派は日当を貰っている!? 』と疑問を呈するのは問題?」
>など、全部で6つのポイントに分けて個々に反論した。



特に辛淑玉や「のりこえねっと」や「沖縄タイムス」がマヌケだったのは、「シルバー部隊」についてだった。

今回の検証番組でも、これについては笑い話として一蹴した。

特に辛淑玉や「のりこえねっと」や「沖縄タイムス」がマヌケだったのは、「シルバー部隊」についてだった。

特に辛淑玉や「のりこえねっと」や「沖縄タイムス」がマヌケだったのは、「シルバー部隊」についてだった。

特に辛淑玉や「のりこえねっと」や「沖縄タイムス」がマヌケだったのは、「シルバー部隊」についてだった。



以下、上記の「シルバー部隊」に関する1月31日付当ブログ記事より一部再掲載。

「万一逮捕されても生活に影響が少ない65歳以上のお年寄りを集め、過激デモ活動に従事させている」という「ニュース女子」のテロップとナレーションの情報源は、実は「沖縄タイムス」の記事だった!!
平成29年(2017年)1月12日付「沖縄タイムス」の社説は、「ニュース女子」「万一逮捕されても生活に影響が少ない65歳以上のお年寄りを集め、過激デモ活動に従事させている」とのテロップとナレーションを流したことを批判し、「誰からの情報なのかを明示しろ」と述べた!
しかし、平成25年(2013年)9月20日付「沖縄タイムス」「逮捕されても生活に影響がない65歳から75歳」を募り、行動に打って出る計画を記事にしていた!!



また、辛淑玉は、BPOへの「申立書」「ニュース女子」「逮捕されても生活の影響のない65~75才を集めた集団」と高齢者を揶揄』して「名誉棄損」をしたと訴えた!
辛スゴがBPOに送った「申立書」には、『「逮捕されても生活の影響のない65~75才を集めた集団」と高齢者を揶揄』したことを「名誉棄損」だとしているが、乗り越えネット共同代表の高里鈴代自身が沖縄タイムスで


しかし、「沖縄タイムス」「逮捕されても生活に影響がない65歳から75歳」を募り、行動に打って出る計画を証言したのは、「のりこえねっと共同代表」高里鈴代だった!!
更に、凄いブーメラン!沖縄タイムスで「逮捕されても影響がない老人を使ってのデモ」計画を語った高里鈴代って、のりこえねっとの共同代表ですね。身内が断言した計画をデマ呼ばわりして、それを報じた「ニュース女


こんなブーメラン(自爆)、見たことない!(大爆笑)





また、【問題②一部の基地反対派を「テロリストみたい」と表現したのは問題だったのか?】についても、きっちりと反論した!

『テロリストみたい』と表現したことについても、全く問題なし!

テロリスト発言

しかも、実際に連中は、テロリストだし!
おおお、この動画が【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファクト】

【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファクト】
■動画
【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファクト】
https://www.youtube.com/watch?v=8eS4o-CxyjI



さらに、先日、国会でも、政府警察庁が沖縄の基地反対派について「極左暴力集団」と証言し、テロリストの集団と認定された。(詳細記事
【国会動画】自民・和田政宗議員「沖縄基地反対派の暴力が酷い。過激派が入り込んでいるのでは?」⇒ 警備部長「一部、極左暴力集団も確認」

和田議員「なぜ活動家達はこんなにも暴力的なのかと流石に私も疑問に思いました。
辺野古の住民の方々にお話を聞くと、皆さん口々に『辺野古の基地前のテントには辺野古の住民は一人もいない』というふうに言います。(略)
じゃあ誰が反対運動に参加しているのかという事を考えた時に、私にいきなり大人数の集団で暴行を働きに来たという状況から気付いたのは、これは過激派のやり方ではないかというふうに思ったわけでございます。
気に食わない発言や人物に対しては暴力を振るってでも抑えつける、排除をする。これが過激派のやり方です。
そこで、警察庁に聞きます。基地反対運動に過激派が入り込んでいる形跡はあるんでしょうか。


松本警備局長「お答え致します。沖縄の基地反対運動を行っている者の一部には極左暴力集団も確認されていると承知しております。」

和田議員「これは凄い答弁といいますか、初めての答弁が出てきたというふうに思うんですが、極左暴力集団、いわゆる過激派が基地反対運動の中に入り込んでいるという事です。
極左暴力集団というのは過去、気に食わない相手に暴行を加えるだけでなく、殺人やテロも行っている集団なわけです。







【問題③「なぜ韓国や朝鮮の人が反対運動しているの?」と疑問を投げかけるとヘイトスピーチ?】については、西田昌司にも出演させ「ヘイトスピーチだと言うこと自体とんでもない思い違いです」「差別発言に変えてしまうことが卑怯」と言わせた。
【問題③「なぜ韓国や朝鮮の人が反対運動しているの?」と疑問を投げかけるとヘイトスピーチ?】については、西田昌司にも出演させ「ヘイトスピーチだと言うこと自体とんでもない思い違いです」「差別発言に変えてし

【問題③「なぜ韓国や朝鮮の人が反対運動しているの?」と疑問を投げかけるとヘイトスピーチ?】については、西田昌司にも出演させ「ヘイトスピーチだと言うこと自体とんでもない思い違いです」「差別発言に変えてし

西田昌司はインチキ野郎だが、「ニュース女子」は西田昌司の有効活用した。

なお、西田昌司は今回もインタビューの中で「在特会」についていろいろと批判していたが、「在特会」についてのコメントは相変わらず嘘出鱈目ばかりだ。(西田の嘘についての反論は今回省略。過去の関連記事






【問題⑥「反対派は救急車の通行も妨害している」という証言の真実は?】についても、「妨害はなかった」と証言していた消防本部の署長から新しい証言を得た!

まず、反対派の抗議活動の現場への救急車の出動を要請しておき、その後キャンセルされることが何度もあった!
抗議活動の現場への救急車のキャンセルが何度もあった!


次に、反対派によって救急車が完全に停止させられることはなかったが、反対派による邪魔のために救急車が徐行しなければならないことはあった!

【問題⑥「反対派は救急車の通行も妨害している」という証言の真実は?】についても、「妨害はなかった」と証言していた消防本部の署長から新しい証言。反対派によって救急車が完全に停止させられることはなかったが

【問題⑥「反対派は救急車の通行も妨害している」という証言の真実は?】消防本部署長新証言。反対派によって救急車が完全停止なかったが、反対派の邪魔のために徐行しなければならないことはあった!

【問題⑥「反対派は救急車の通行も妨害している」という証言の真実は?】消防本部署長新証言。反対派によって救急車が完全停止なかったが、反対派の邪魔のために徐行しなければならないことはあった!

【問題⑥「反対派は救急車の通行も妨害している」という証言の真実は?】消防本部署長新証言。反対派によって救急車が完全停止なかったが、反対派の邪魔のために徐行しなければならないことはあった!

【問題⑥「反対派は救急車の通行も妨害している」という証言の真実は?】消防本部署長新証言。反対派によって救急車が完全停止なかったが、反対派の邪魔のために徐行しなければならないことはあった!

【問題⑥「反対派は救急車の通行も妨害している」という証言の真実は?】消防本部署長新証言。反対派によって救急車が完全停止なかったが、反対派の邪魔のために徐行しなければならないことはあった!

【問題⑥「反対派は救急車の通行も妨害している」という証言の真実は?】消防本部署長新証言。反対派によって救急車が完全停止なかったが、反対派の邪魔のために徐行しなければならないことはあった!

【問題⑥「反対派は救急車の通行も妨害している」という証言の真実は?】消防本部署長新証言。反対派によって救急車が完全停止なかったが、反対派の邪魔のために徐行しなければならないことはあった!

【問題⑥「反対派は救急車の通行も妨害している」という証言の真実は?】消防本部署長新証言。反対派によって救急車が完全停止なかったが、反対派の邪魔のために徐行しなければならないことはあった!
消防本部署長「抗議活動側から邪魔されてるっていう見方も無きにしも非ずですね」


また、「ニュース女子」インタビュー出演の沖縄県民の一人依田さんが救急車問題をネットに投稿したら、現場への救急出動はなくなった!
また、「ニュース女子」インタビュー出演の沖縄県民の一人依田さんが救急車問題をネットに投稿したら、現場への救急出動はなくなった!
高江の反対活動の現場への救急車の出動件数
2016年
5月 0件
6月 0件
7月 8件
8月 5件
9月 5件
10月 2件 10月1日依田氏の投稿 10月10日を最後に出動0件

11月 0件
12月 0件




左:「全部、言っちゃうね。 ~本名・清水富美加、今日、出家しまする。~」千眼 美子著(2017/2/28)
中:「トランプ革命で甦る日本」西村幸祐&ケント・ギルバート著(2017/1/19)
右:『米国人弁護士が「断罪」東京裁判という茶番』ケント・ギルバート著(2016/12/16)


左:【セット品】DHC ブルーベリーエキス 60日分 120粒 3袋セット
中:【セット品】DHC 亜鉛 60日 60粒 3袋セット
右:デルモンテ 国産 旬にしぼったトマトジュース 750ml×6本


「ニュース女子の検証番組での徹底反論、Good Job!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)
スポンサーサイト

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.