正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
本当の歴史と外交! 日本国民の生命と財産と自由を守る核武装!取り戻せ、拉致被害者と領土と国家の誇り!がんばれ!維新政党・新風!
201604<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201606
舛添が政治資金規正法違反!正月の温泉ホテル家族旅行を2年連続で「会議費用」と計上!週刊文春
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






舛添要一が正月の温泉ホテル家族旅行を2年連続で「会議費用」と計上する【政治資金規正法違反】週刊文春

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6133
舛添都知事に政治資金規正法違反の重大疑惑!
2016.05.10 16:02

舛添都知事に政治資金規正法違反の重大疑惑!
都庁には4600件以上の批判の声が

舛添要一都知事(67)の三つの政治団体、「グローバルネットワーク研究会」(以下「グ研」)「新党改革比例区第四支部」「泰山会」の政治資金収支報告書(2012~2014年)を「週刊文春」特別取材班が精査した結果、政治資金規正法違反の疑いが浮上した。

「グ研」の収支報告書によると、舛添氏は2013年1月3日に、千葉県木更津市のホテル「龍宮城スパホテル三日月」における「会議費用」として、237,755円を計上している。翌年も1月2日にやはり「会議費用」として、133,345円を計上、その金額は、あわせて371,100円となっている。


正月の温泉リゾートで、いったいいかなる「会議」が開かれたのか。木更津に向かった小誌取材班は同ホテル関係者から次のような証言を得た。

龍宮城スパホテル三日月
龍宮城スパホテル三日月

「二回とも、会議は行われていません。舛添さんはお子さんを連れて、家族でご利用になりました。いずれの年もグレードの高い部屋に泊まったと思います」

言うまでもなく、政治資金には、国民の血税である政党助成金が含まれている。もしこの証言が事実ならば、舛添氏は自身の家族旅行の代金を血税で支払い、かつ「会議費用」と虚偽の記載をしたことになる。

舛添氏に事実関係を尋ねたが、「すべて法的に適切に処理しています」とだけ回答があった。政治資金規正法に詳しい上脇博之・神戸学院大学教授はこう指摘する。

「収支報告書に会議費用と記しておきながら、内実が単なる家族旅行だとすれば、政治資金規正法の虚偽記載に問われる可能性が極めて高い。しかも繰り返し同じ虚偽記載がなされており、会計責任者の単純ミスではなく舛添氏による意図的なものと考えざるを得ません」

政治資金規正法の虚偽記載の公訴時効は5年で、「5年以下の禁固叉は100万円以下の罰金に問われる可能性があり、最悪のケースでは公民権の停止もあり得ます」(同前)。

舛添氏の真摯な説明がまたれる。


舛添都知事 血税タカリの履歴 週刊文春

舛添都知事 血税タカリの履歴 週刊文春

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6127
自腹の時はマクドナルドのクーポンで“接待”

舛添都知事
血税タカリの履歴


これも政治資金!

●正月家族で温泉宿 37万円
●自著100冊買上げ 10万円
●美術品等 900万円
●湯河原別荘近くの回転寿司 5万円
●自宅近所ピザ屋 20万円
●3000円床屋は子供の分も領収書



>「グ研」の収支報告書によると、舛添氏は2013年1月3日に、千葉県木更津市のホテル「龍宮城スパホテル三日月」における「会議費用」として、237,755円を計上している。翌年も1月2日にやはり「会議費用」として、133,345円を計上、その金額は、あわせて371,100円となっている。


舛添要一が2年連続で正月の温泉ホテルへの家族旅行を「会議費用」とし計上していた!

これは、政治資金規正法の悪質な虚偽記載だ!

ちなみに、千葉県木更津の「龍宮城スパホテル三日月」は、1億5千万円の黄金風呂が有名であり、おそらく舛添一家も黄金風呂に入浴したものと推測される。

施設紹介 スパ龍宮城 三日月ホテル1億5千万円の黄金風呂
施設紹介 スパ龍宮城 三日月ホテル1億5千万円の黄金風呂
1億5千万円の黄金風呂

スパ龍宮城 三日月ホテル千葉県木更津市のホテル「龍宮城スパホテル三日月」

スパ龍宮城 三日月ホテル千葉県木更津市のホテル「龍宮城スパホテル三日月」

スパ龍宮城 三日月ホテル千葉県木更津市のホテル「龍宮城スパホテル三日月」
■動画
施設紹介 スパ龍宮城 三日月ホテル
https://www.youtube.com/watch?v=j_fIt651KLI






>正月の温泉リゾートで、いったいいかなる「会議」が開かれたのか。木更津に向かった小誌取材班は同ホテル関係者から次のような証言を得た。
>「二回とも、会議は行われていません。舛添さんはお子さんを連れて、家族でご利用になりました。いずれの年もグレードの高い部屋に泊まったと思います」



舛添要一は、正月に2年連続で子供を連れて家族で温泉ホテルのグレードの高い部屋に宿泊し、その費用を国民の血税が含まれる政治資金で支払っていた!





>言うまでもなく、政治資金には、国民の血税である政党助成金が含まれている。もしこの証言が事実ならば、舛添氏は自身の家族旅行の代金を血税で支払い、かつ「会議費用」と虚偽の記載をしたことになる。


2年連続で「会議費用」と記載していることから、悪意をもって虚偽記載していることが明白であり、かなり悪質な事案だ。





>舛添氏に事実関係を尋ねたが、「すべて法的に適切に処理しています」とだけ回答があった。政治資金規正法に詳しい上脇博之・神戸学院大学教授はこう指摘する。
>「収支報告書に会議費用と記しておきながら、内実が単なる家族旅行だとすれば、政治資金規正法の虚偽記載に問われる可能性が極めて高い。しかも繰り返し同じ虚偽記載がなされており、会計責任者の単純ミスではなく舛添氏による意図的なものと考えざるを得ません」
>政治資金規正法の虚偽記載の公訴時効は5年で、「5年以下の禁固叉は100万円以下の罰金に問われる可能性があり、最悪のケースでは公民権の停止もあり得ます」(同前)。



舛添は「すべて法的に適切に処理しています」と回答していたが、ホテル関係者の証言まであり、こんな主張は通用しない!

もう完全にアウト!

まだ時効前であり、舛添要一の5年の禁固や公民権停止を希望する。

舛添は今頃になって事の重大さに気が付いたのか、5月10日になって報道陣に「今日はちょっとその質問はやめていただきたい」と述べ、5月13日の定例会見で説明する意向を示した。

http://news.infoseek.co.jp/article/sankein_sk220160510571/
会議費名目で「家族旅行」と文春報道 舛添氏「質問やめて」 13日の会見で説明へ
産経ニュース / 2016年5月10日 19時58分
会議費名目で「家族旅行」と文春報道 舛添氏「質問やめて」 13日の会見で説明へ

 東京都の舛添要一知事の資金管理団体「グローバルネットワーク研究会」(解散)が「会議費」名目で千葉県内のホテルに支出した約37万円が、家族旅行だった疑いがあると週刊文春がインターネットで報じ、舛添知事は10日、報道陣に「今日はちょっと(その質問は)やめていただきたい」と述べ、13日の定例会見で説明する意向を示した。

 政治資金収支報告書によると、同団体は舛添氏が知事就任前の平成25、26年に木更津市のホテルにそれぞれ約24万円と約13万円を支出。文春は「2回とも会議は行われていません。お子さんを連れて、家族でご利用になりました」とするホテル関係者の証言を紹介。政治資金規正法違反(虚偽記載)の疑いがあると報じた。






>これも政治資金!
>●正月家族で温泉宿 37万円
>●自著100冊買上げ 10万円
>●美術品等 900万円
>●湯河原別荘近くの回転寿司 5万円
>●自宅近所ピザ屋 20万円
>●3000円床屋は子供の分も領収書



舛添要一は、正月の家族の温泉ホテル宿泊だけではなく、自分が書いた本の買上げや美術品の購入などについても、国民の血税が含まれる政治資金を使っていた!

舛添要一が政治資金で絵画や美術品など896万円購入して個人宅に置いていた犯行などについては平成26年11月に浮上しており、当ブログでも取り上げた。(関連記事



改めて、【舛添要一の「政治と金」に係る違反行為のまとめ】を掲載する。
━━━━━━━━━━
▼舛添要一の「政治と金」に係る違反行為のまとめ▼

●平成22年、舛添代表の「新党改革」は、銀行から2億5千万円の巨額借入れをし、同年~平成24年の3年間で政党助成金(血税)を使って全て返済した。【しかし、政党助成法では、借入金への返済に政党助成金を充てることを認めていない。】詳細記事
舛添要一投票直前スキャンダル!元側近議員が告発「政党助成金で借金2億5000万円返済」週刊文春 2014年2月13日号
猪瀬直樹「舛添は2億5000万円 私は5000万円」

●平成22年~24年、舛添の政治団体や「新党改革」党支部は、舛添の自宅にある個人企業に、家賃1516万円(血税)を支払い、舛添にキャッシュバックした。【背任罪】詳細記事
●平成23年~24年、舛添の政治団体と「新党改革」党支部は、政治資金(血税)で美術品など896万円分を購入し、舛添の個人宅に置いている。【業務上横領罪】詳細記事
東京都の舛添知事 政治資金で絵画、美術品の類896万円購入 事務所家賃も自宅に1516万円:計2412万円の支出

●平成25年1月3日に千葉県木更津市の温泉ホテル「龍宮城スパホテル三日月」に子供を連れて家族旅行しておきながら、「会議費用」として237,755円を計上!【政治資金規正法違反】← NEW!! 
施設紹介 スパ龍宮城 三日月ホテル1億5千万円の黄金風呂

●平成25年、舛添の政治団体が、政治資金(血税)531万円を、舛添の自宅にある個人企業に、家賃として支出!【背任罪】詳細記事
●平成25年、美術品などアートギャラリーへの支出が、更に174万!【業務上横領罪】詳細記事

●平成26年1月2日に千葉県木更津市の温泉ホテル「龍宮城スパホテル三日月」に子供を連れて家族旅行しておきながら、「会議費用」として133,345円を計上!【政治資金規正法違反】← NEW!!
施設紹介 スパ龍宮城 三日月ホテル1億5千万円の黄金風呂

●平成26年2月5日、都知事選投票日の4日前に開催した個人演説会に来場した有権者に、1コ3000円相当の『東京五輪の特製バッジ』を配る!【公職選挙法違反】詳細記事
舛添の個人演説会に来場した有権者に、時価3000円相当の東京五輪の特製バッジを配っていた【選挙違反】
舛添の個人演説会に来場した有権者に、時価3000円相当の東京五輪の特製バッジを配っていた【選挙違反】

■おまけ■
平成26年11月27日、外国特派員協会での会見で、記者から政治団体2つの政治資金(血税)に関する質問を受けると、「時間の無駄だ、税務署へ行け」(Waste of time! Go to the tax office.) と回答を拒絶した!

Yoichi Masuzoe 2020 and Beyond Preparing for the Olympic and Paralympic Games
■動画
Yoichi Masuzoe: "2020 and Beyond: Preparing for the Olympic and Paralympic Games"
https://www.youtube.com/watch?v=1gxDT6uWryI#t=1597



その他、これも政治資金!
●自著100冊買上げ 10万円
●湯河原別荘近くの回転寿司 5万円
●自宅近所ピザ屋 20万円
●3000円床屋は子供の分も領収書

━━━━━━━━━━


【告知】

http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1005
舛添知事リコール直前デモ

2016年5月22日(日) 15時00分~16時30分の予定
舛添知事リコール直前デモin銀座
5月22日(日)
【時間】15時集合 15時30分デモ出発
【場所】東京都中央区 常盤公園
【現場責任者】菊川あけみ
【主催】日本侵略を許さない国民の会
※当日、舛添都知事リコール届け出、開始日を発表致します。
詳細は後程発表致します。




左:「さよならパヨク 」千葉麗子著(2016/4/16 )
中:「カエルの楽園」百田尚樹著 (2016/2/26)
右:「余命三年時事日記2」余命プロジェクトチーム著(2016/5/16)


左:カゴメ ふくしま産トマトジュース食塩無添加 スマートPET 720ml×15本
中:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6
右:「三島由紀夫が生きた時代 楯の会と森田必勝」村田春樹著(2015/10/20)


「舛添やめろ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)
スポンサーサイト

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.