正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
日本が韓国に勝って残念がるNHKアナ冨坂和男「一つのミスで…勝負の怖さ、うーむ」何度もため息
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






日本が韓国に勝って残念がるNHKアナ冨坂和男「一つのミスで…勝負の怖さ、うーむ」何度もため息
平昌五輪カーリング女子、日本が韓国に逆転勝利!
冨坂和男
たった一つのミスで、ここまで劇的に流れが変わるんですね…
はぁぁ(ため息)
いやー本当に、勝負の怖さと言いますかね…うーむ


(日本チームの多数のナイスショットやナイスジャッジメント(好判断)には一言も触れることなし!)



【動画あり】カーリング日本女子、韓国に逆転勝利、NHK「韓国かと思われたが…勝負は怖い」 どこの国の放送局だよ
■動画
【平昌五輪】「NHKお通夜」カーリング女子 韓国戦劇的勝利も「悔しそう」「どこの国の放送?」「韓国応援してたの?」の声殺到!
https://www.youtube.com/watch?v=L56TrR-ZvDs

0:15~
冨坂和男
たった一つのミスとかショットで、ここまで劇的に流れが変わるんですねー


杉浦友紀
わずかにちょっとストーンが少しだけ曲がっただけでも、その後の展開を変える。
本当に繊細な勝負ですね。


冨坂和男
はぁぁ(ため息)、ですねー…
正直あの6エンドくらいまでは、どちらに流れが来てるか、つかみ損ねてる。お互いにですね。
そんな感じに見えたんですが、7、8エンドで明らかに韓国に流れが、行ったと思ったんですね!

(韓国の最後の失敗ショットの映像を見ながら)
これですね、これ最後の10エンドですね、韓国は勝負をかけてきたショットだったんですが。

杉浦友紀
ここで韓国が取ったら延長かという話もあったんですけど


冨坂和男
ですよね!


杉浦友紀
いやー


冨坂和男
まーあの7、8エンド韓国に行った流れが、あの9エンドの韓国のミスショットでもうガラっと日本に流れがきた。
いやー本当に、勝負の怖さと言いますかね…うーむ…



http://netgeek.biz/archives/112768
【炎上】NHK男性アナがどう見ても韓国応援派。日本の勝利をお通夜状態で悔しがる
2018年2月16日、netgeek

カーリング女子で日本が三連勝したにもかかわらず、NHKの男性アナウンサーが悔しがっている。終始、韓国視点で語る様子には違和感を覚えざるを得ない。

喜ぶどころか残念そう。女性アナウンサーとは対極的だ。

男性アナウンサー「たったひとつのミス、ショットでここまで劇的に流れが変わるんですね」

女性アナウンサー「繊細な勝負ですね」

男性アナウンサー「いやぁ~(首を傾げてため息)ですね~」
男性アナウンサー「いやぁ~(首を傾げてため息)ですね~」

女性アナウンサー「興奮しました(嬉しそうな笑顔)」

男性アナウンサー「7、8エンドで明らかに韓国に流れがいったと思ったんですね…
男性アナウンサー「9エンドの韓国のミスショットでもうガラッと日本に流れが来た。いやぁ~(悔しそうにため息)本当に勝負の怖さと言いますかね…う~ん」

女性アナウンサー「映像流れますかね。最後のショットですが…」

男性アナウンサー「9エンドの韓国のミスショットでもうガラッと日本に流れが来た。いやぁ~(悔しそうにため息)本当に勝負の怖さと言いますかね…う~ん」
男性アナウンサー「7、8エンドで明らかに韓国に流れがいったと思ったんですね…」

女性アナウンサー「これで日本が三連勝ということですね!(明るい声)」

発言の節々から男性アナウンサーが韓国を応援していたことが分かる。また、表情やジェスチャーに注目しても日本の勝利を喜んでいないことは明らか。明るく嬉しそうに話す女性の横でお通夜状態の男性アナウンサーは一体何がしたいのか。

さらにVTRも韓国のシーンをメインに写して、肝心の日本選手を映さなかった点がおかしい。
さらにVTRも韓国のシーンをメインに写して、肝心の日本選手を映さなかった点がおかしい。

当然ながら視聴者は即座にソーシャルメディアで騒ぎ始め、NHKがおかしいと声をあげた。日本国民から受信料を徴収している公共放送のNHKがこのような報道をするのはおかしい。どういうことなのかきちんと説明してほしい。





>冨坂和男
>たった一つのミスとかショットで、ここまで劇的に流れが変わるんですねー



スタジオで試合を振り返った際の最初の一言が「たった一つのミス」と韓国チームを主語にした韓国目線での感想だった。

勝利した日本チームに多くのナイスショットやナイスジャッジメント(作戦勝ち)があったにもかかわらずだ。

冨坂和男は、完全に韓国目線になっている!






>冨坂和男
>はぁぁ(ため息)、ですねー…
>7、8エンドで明らかに韓国に流れが、行ったと思ったんですね!
>これ最後の10エンドですね、韓国は勝負をかけてきたショットだったんですが。



日本が勝利したにもかかわらず、冨坂和男は思いっきりため息を吐きながら韓国目線での感想を何時までも続ける!





>冨坂和男
>あの7、8エンド韓国に行った流れが、あの9エンドの韓国のミスショットで…
>いやー本当に、勝負の怖さと言いますかね…うーむ…



冨坂和男による韓国目線での感想は、最後まで続いた。

日本チームのナイスショットやナイスジャッジメント(好判断)には一言も触れることなく、冨坂和男は「韓国に行った流れが、韓国のミスショットで、いやー本当に、勝負の怖さと言いますかね…うーむ」などと終始韓国のことしか話さなかった!



(参考)

116名無しさん@1周年2018/02/16(金) 15:43:42.62ID:MUoVhnoI0

勝負の怖さを感じたのは韓国チームであって日本チームじゃない

日本チーム目線ならそこら勝負の面白さとかになる

目線が韓国だから勝負の怖さ、になる
韓国対他国ならともかく、日本対韓国だぞ? なんで韓国目線なんだよw



280: 名無しさん@恐縮です 2018/02/16(金) 12:25:28.43 ID:LFs6UdDl0
>>257
でも女子ホッケーの時はもっとひどかったぞ

実況(NHKの高瀬ってアナ)のやつ

合同チョンが攻めてきたら
「合同チームのチャンス!」って嬉しそうに叫ぶし

日本が点入れたらあからさまにテンション下がってるし

日本のショットが止められたら
「ナイスセーブ!」ってあっち褒めるし



http://biz-journal.jp/gj/2018/02/post_5845.html
「NHKお通夜」五輪カーリング女子、韓国戦劇的勝利も「悔しそう」「暗すぎ」の声殺到
2018.02.16

15日、平昌五輪のカーリング女子1次リーグで、日本(LS北見)が韓国を7―5で逆転勝利、開幕3連勝を果たした。

 劇的な試合展開にネット上も大興奮。「よく我慢した」「カーリングおもしろい」「やったあああ!」と日本代表チームを絶賛する声が多数。日にちが変わろうかという時に日本中は「カー娘」に沸いたようだ。

 ただ一方、多くのファンが違和感を覚えた場面があったようだ。

「NHKの実況やスタジオですね。実況はどこか『韓国応援ぽかった』という印象を受けた人もいたようです。また、日本が劇的勝利をしたにもかかわらず、スタジオはあまりにも淡々とした雰囲気で『お通夜』『暗すぎ』状態なんて声も......。

一部では『どこの国の放送?』『韓国応援してたの?』なんて意見があります。『平等な報道、感想は勿論だけど、気分悪くい』なんて声まであります。

まあ今大会に限ったことではありませんが、結果報告は淡々とやるのがNHKクオリティといったところもあるのでしょうかね。それが視聴者には違和感があったのでは」(記者)


 NHKのスタイルが邪魔したということだろうか。もう少し感情を出しても、とも思ったが......。





テレビによる同じような現象は、何十年も前から続いている。

特に酷かったのは、2002年に行われたサッカーの日韓共催ワールドカップの時だった!

2002年日韓共催WC開催中の日本のマスコミは、やたらと韓国を応援する不可思議な偏向報道をしていた。



▼2002年の日韓共催サッカーWCでは韓国を応援する偏向報道を執拗に行ったフジテレビ「とくダネ!」の小倉智昭たち!▼

フジテレビ とくダネ!小倉智昭
―――――――
▲韓国応援強要事件
番組放送内で視聴者に対して「テーハミング♪」の練習を呼びかけ、韓国応援を強要した

▲金田発言封殺
準々決勝の「韓国vsスペイン」戦のジャッジについて、サッカー評論家の金田がミスジャッジであることを解説しようとすると、佐々木恭子アナが遮り、映像が乱れ、CM明けには発言の続きを聞くことができなかった。

▲オリバー・カーン蔑視テロップ
準決勝「ドイツvs韓国」戦前の放送で、ドイツのGKオリバーカーンの映像にかぶせて「韓国の前に立ちはだかるゴリラ」というテロップが入る。

「トルコは仇」発言
3位決定戦「韓国vsトルコ」戦を前に、
まず、コメンテーターの前田忠明から「日本に勝ったからトルコは嫌い」と発言。
次に、佐々木恭子アナが「セネガルを応援してました。日本の仇をとってほしかった」と問題発言が続いた。
最後に小倉智昭が「トルコが嫌いになった人が多いんじゃないの」と締めた。
―――――――


これらフジテレビ「とくダネ!」の悪逆暴虐に対して視聴者は当初フジテレビBBSを通じて放送内容に抗議したが、フジテレビ「とくダネ!」はすぐにBBSを閉鎖。

電話でのクレームにも誠意ある対応はなかった。

それに対して2ちゃんねるなどネットを中心に非難の声が上がると、小倉智昭は番組内で「2ちゃんねる」を非難し返した。

最後は、2ちゃんねらーなどがメインスポンサーの花王の不買運動を展開した。

私は、この時から今日まで「花王不買」を続行中だ。






▼TBS「サンデージャポン」で飯島愛が神発言!▼

明らかに八百長と分かる韓国戦での審判の判定が世界中で大問題となったが、日本のマスコミだけは何故か韓国戦の審判の八百長を問題視せず、韓国を応援し続けていた!

日本国民には不満が鬱積し、怒り心頭に発していたとき、飯島愛が【神発言】をした!

飯島愛が韓国の八百長、買収に触れスタジオが凍りつく!

必死に笑いに逃げようとする、爆笑問題、テリー、ダンカン…

2002年 FIFAワールドカップの韓国の審判買収疑惑に飯島愛が物申す
■動画
2002年 FIFAワールドカップの韓国の審判買収疑惑に飯島愛が物申す
https://www.youtube.com/watch?v=vyXFg43RsSQ


飯島愛
「韓国の試合は絶対アンフェア。もう私はキムチは食べない」
「どこのテレビもトッティの退場プレーを良く分かる背後からの映像を短くカットしてる。ずるいよ」
「(マルディーニへの)蹴りが何でカットされてるの?!」
「これじゃ抗議してるイタリアが悪いみたいじゃない!」
「どこもかしこも韓国おめでとうしか言わない!」
「日本人としてじゃなくアタシ個人の意見として、おかしいと思う!」
「だいたいエクアドルの小デブ(主審)は走れない」
「ねぇみんな、どうしたの?おかしいと思わない?言いなよ」


↓ ↓ ↓

飯島「黙ってないで、言いたいこといって!私が守ってあげるから」(奥寺康彦氏に)
奥寺「…今回はひどすぎる」

↓ ↓ ↓

井筒「韓国戦では『アジアのプライド』とか言う横断幕とかあるじゃない。 ああいうのって日本ではやらないよね。そういうところが…」
飯島「だったら『アズーリの墓へようこそ』とかいうのは良いわけ? ホスト国として、相手に対する礼儀が無いのはおかしいと思う」
井筒「そ、それとこれとは話が違…」


その後、雑誌やネット上では、東京都足立区女子高生監禁リンチ殺人事件(綾瀬コンクリ-ト殺人事件)に飯島愛が関与していたというデマが流された。
TBS「サンデージャポン」で飯島愛が神発言

そして、2008年に飯島愛は、謎の死亡。





その後も、フィギュアスケートにおいても、日本のマスゴミは、浅田真央ではなく、キム・ヨナを応援する奇妙な報道を繰り返した。

平成25年(2013年)3月15日、浅田真央とキムヨナの写真で日テレ「スッキリ!」に批判相次ぐ「これはひどい!イジメじゃねーか」
平成25年(2013年)3月15日、浅田真央とキムヨナの写真で日テレ「スッキリ!」に批判相次ぐ「これはひどい!イジメじゃねーか」
●関連記事
浅田真央とキムヨナの写真で日テレ「スッキリ!」に批判相次ぐ「これはひどい!イジメじゃねーか」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-4999.html

●詳細記事
浅田真央選手が引退!15歳で世界のトップに・フジテレビなど「キムage、真央sage」暗黒史
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6628.html






なお、NHKをはじめとするテレビ局等マスコミへの在日朝鮮人の就職優遇は、「在日特権」の一つとなっている。(詳細記事

渡部昇一氏               馬渕睦夫元大使
渡部昇一氏               馬渕睦夫元大使

元大使 「じつは日本のテレビ界に『外国人』が入り込んでいるんですね!」
■動画
在日韓国朝鮮人が放送業界を支配してる実態を元外務省職員が暴露
https://www.youtube.com/watch?v=6ExwSI1WMjQ

――――――――――
馬渕:ある「ザイニチ」の方が私に「息子がNHKに入りました」と喜んでおられた。
まだその頃はNHKも目立たなかった。今その影響が出て来ている。


渡部:反日の「ザイニチ」系のひと。またその手の回っているひとが、非常に高い地位にいっぱいいるような気がするんですよ。

馬渕:アメリカでは、私が聞いている範囲では、テレビ局には外国人は入れない。
いかに民間の放送とはいえ、公共の電波ですからね。外国人がそれを牛耳るのはオカシイ­。
日本も本当はそうすべき。
すぐにそうすることが無理なら、「日本名」ではなく、本名で仕事をしてもらう。


「創氏改名」が嘘であること・強制ではないことを、彼ら自身が証明している。
彼らが日本名で仕事をしている。日本名で日本で生活しているでしょ。
これは「創氏改名」が嘘だった、強制じゃなかったということを証明しているんですよ。

渡部:そうです。

馬淵:日本の「公共テレビ」は職員は日本人とすべき。日本名を語って出自を隠すことは止めるべき
(以下略:関連記事

――――――――――








★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。



「保守の真髄 老酔狂で語る文明の紊乱」西部邁著(2017/12/12)


「報道しない自由 ――なぜ、メディアは平気でをつくのか」 西村幸祐 著 2017/11/26


「NHKは、日本の放送局ではない!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

ヘリ墜落現場の頭上を取材ヘリ飛行!朝日新聞や毎日新聞!マスゴミの報道ヘリコプターの事故多発!
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






朝日新聞毎日新聞が自衛隊ヘリ墜落事故現場の頭上で取材ヘリを飛行させる無神経

https://www.asahi.com/articles/ASL256263L25TIPE041.html
負傷女児、ショックで口数少なく ヘリ墜落、震える住民
2018年2月5日22時38分、朝日新聞


自衛隊ヘリが墜落し炎上する民家=5日午後5時54分、佐賀県神埼市、朝日新聞社ヘリから、堀英治撮影
自衛隊ヘリが墜落し炎上する民家=5日午後5時54分、佐賀県神埼市、朝日新聞社ヘリから、堀英治撮影




▼朝日新聞▼

震える住民の頭上で取材ヘリを飛ばす無神経な朝日新聞。自衛隊ヘリが墜落し炎上する民家=5日午後5時54分、佐賀県神埼市、朝日新聞社ヘリから、堀英治撮影
震える住民の頭上で取材ヘリを飛ばす無神経な朝日新聞




▼毎日新聞▼

陸自ヘリが墜落し炎上する民家=佐賀県神埼市で2018年2月5日午後7時58分、本社ヘリから上入来尚撮影

陸自ヘリが墜落し炎上する民家=佐賀県神埼市で2018年2月5日午後7時58分、本社ヘリから上入来尚撮影
毎日新聞2018年2月6日 東京朝刊
https://mainichi.jp/articles/20180206/ddm/001/040/195000c
https://mainichi.jp/graphs/20180205/hpj/00m/040/009000g/4





朝日新聞や毎日新聞が自衛隊ヘリ墜落事故現場の頭上で取材ヘリを飛行させるという無神経ぶりを発揮している!

マスコミの取材ヘリは、過去に何度も事故を起こしている。

実は、特に毎日新聞は、悪質な取材ヘリ墜落事故を繰り返している!

そして、毎日新聞機は昭和59年にマンション前の駐車場に墜落したことがあるし、平成26年には国際サイクリング大会の参加者2人に重軽傷を負わせたこともある!

また、朝日新聞機は平成6年、民家の上に落ちて屋根などを大破、ひとつ間違えれば住民を巻き込んだ大惨事になるところだった!




取材ヘリコプター事故まとめ マスゴミは公共性も緊急性も無いのに事故起こし過ぎだろ
――――――――――
▼取材ヘリコプター事故まとめ▼

▼昭和59年(1984年)7月31日、兵庫県明石市
毎日新聞社の取材ヘリコプターと朝日放送のチャーター機が空中衝突
チャーター機の乗員3人が死亡・ヘリの3人が重傷・地上の1人が軽傷

1984年7月31日兵庫県明石市 毎日新聞社の取材ヘリコプターと朝日放送のチャーター機が空中衝突チャーター機の乗員3人が死亡・ヘリの3人が重傷・地上の1人が軽傷


▼昭和60年(1985年)6月13日、北海道紋別郡白滝村
北海道新聞のチャーター機が送電線に接触し墜落
乗員4人が全員死亡



▼昭和61年(1986年)7月23日、新潟県佐渡郡相川町
読売新聞社の飛行機が山中に墜落
乗員4人が全員死亡



▼平成2年(1990年)8月20日、沖縄県
NHKのチャーター機が海上に墜落し乗員3人が全員死亡
死亡したカメラマンが撮影した墜落するヘリコプターからの映像も存在



▼平成6年(1994年)10月18日、大阪部泉佐野市
朝日新聞社毎日新聞社のヘリコプターが空中接触
朝日新聞社のヘリが墜落し、乗員3人が全員死亡



▼平成6年(1994年)11月13日、鹿児島県大島郡笠利町
フジテレビのチャーターしたヘリコプターが墜落
乗員2人が死亡・1人が重傷



▼平成8年(1996年)4月27日、長野県長野市
長野放送テレビ信州のヘリコプターが空中衝突
双方の乗員合わせて6人が全員死亡



▼平成16年(2004年)3月7日、長野県南木曽町
信越放送が取材飛行を依頼したヘリが送電線に接触し墜落
搭乗していた乗員4人が全員死亡



▼平成19年(2007年)12月、静岡市
NHK新潟と契約していたヘリが墜落
1人が死亡、1人が重傷



▼平成20年(2008年)7月6日、青森県
テレビ局3局と合同契約のヘリコプターが海上に墜落
乗員4人が全員死亡



▼平成26年(2014年)10月、愛媛、広島両県を結ぶ西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道)
毎日新聞ヘリが国際サイクリング大会の取材中に事故。
サイクリング大会の参加者2人が重軽傷


(参照)
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14131962669
――――――――――


(参考記事)
昭和59年(1984年)7月31日兵庫県明石市 毎日新聞社の取材ヘリコプターと朝日放送のチャーター機が空中衝突チャーター機の乗員3人が死亡・ヘリの3人が重傷・地上の1人が軽傷
昭和59年(1984年)7月31日兵庫県明石市
毎日新聞社の取材ヘリコプターと朝日放送のチャーター機が空中衝突(写真は共同通信)
チャーター機の乗員3人が死亡・ヘリの3人が重傷・地上の1人が軽傷

http://www.sankei.com/west/news/111104/wst1111040001-n2.html
【関西事件史】
取材ヘリ空中衝突事故 一度ならず二度までも
2011.11.4 10:00更新、産経新聞


(一部抜粋)

「泉佐野の上空でヘリコプターが空中衝突した」

平成6(1994)年10月28日。

「まさか、またヘリコプターの空中衝突を取材することになるとは。しかも当事者は一緒や」

昭和59(1984)年7月31日。記憶がまざまざとよみがえってきた。

事故の概要はこうだ。その強盗事件を取材していた毎日新聞のヘリと、朝日放送がチャーターしていたヘリが空中で接触し、双方とも墜落した。朝日放送機は大破して乗員3人が死亡。毎日機も大破したが、乗員3人は奇跡的に負傷ですんだ。

衝撃的だったのは、共同通信が配信してきた写真だった。事故では毎日機のメーンローター(主回転翼)が、ホバリング(空中停止)しながら取材をしていた朝日放送機の最後部(テール)を切断したのだが、まさにその瞬間を子供と散歩中だった明石市の男性が偶然写真に撮っていたのだ。

「ヘリ2機がランデブーのようにアングルに入ってきたので、珍しいと思いシャッターを押した」。男性は当時、そう語っていたが、写真では破片が飛び散る様子まで鮮明にとらえられていた。ちなみにこの写真は、同年の報道写真賞を総なめにしたと記憶している。


■繰り返された惨事

話を平成6年に戻そう。毎日新聞機朝日新聞機がすれ違った際に起きたこの事故では、ff0000">朝日機が墜落し、やはり乗員3人が亡くなった。運輸省(現・国土交通省)航空事故調査委員会によると、朝日機のメーンローターが毎日機最後尾の垂直安定板に接触して破損し、機体の姿勢が急変したために空中分解を起こしたのが墜落原因だった。

一方、毎日機は無事で、当初、事故の当事者であることに気づかず、朝日機の墜落現場を上空から撮影していた。だが、朝日機のメーンローターは毎日機のテールローターと胴体の36センチしかない隙間をすり抜けており、一歩間違えば毎日機も墜落を避けられなかったことがその後明らかになった。

何より、記憶を呼び戻す中で思いを強くしたのは、2度の事故とも当事者の一方は同じということだった。

率直にいえば、当時の大阪の事件記者の間では一部の社のヘリは「特攻ヘリ」と呼ばれていた。例えば山中の遺体の搜索現場など、ヘリによる空撮が有効な取材現場では、かなりの低空飛行で接近してくるためで、後で知ったことだが、東京でもこれらの社のヘリは「飛び方が荒っぽい」といわれていたという。

経験した2件とも、墜落した先での死傷者はなかった。が、明石の事故では朝日放送機は公民館の屋上、毎日機はマンション前の駐車場にそれぞれ墜落、泉佐野の事故では朝日機が民家の上に落ちて屋根などを大破、ひとつ間違えれば住民を巻き込んだ大惨事になるところだった。


【用語解説】取材ヘリ空中衝突事故

昭和59(1984)年7月31日午後1時すぎ、兵庫県明石市で発生した会社事務所での強盗事件を取材中の毎日新聞の取材ヘリと朝日放送がチャーターしたヘリが空中衝突した。朝日放送機は公民館屋上に墜落し、ぺちゃんこに大破して乗員3人が死亡した。毎日新聞機も墜落、大破し、乗員3人が負傷した。

一方、平成6年10月18日午前10時すぎには、和歌山沖であったタンカー同士の衝突事故の取材から戻る途中だった朝日新聞のヘリ「まいどり」が、大阪府泉佐野市の上之郷インターチェンジ上空で、同じ事故の取材に向かう途中の毎日新聞のヘリ「ジェットスワン」と接触した。毎日機は無事だったが、朝日機は民家の庭先に墜落して大破、乗員3人が死亡した。

事故原因は双方の前方不注意だったが、運輸省(当時)の航空事故調査委員会は、お互いが左に傾斜した状態ですれ違いざまに接触し、この際、朝日機のメーンローターが毎日機の後部にある垂直安定板を切断したと断定。これによってメーンローターが破損し、機体姿勢が急変したため、荷重がかかりすぎて朝日機が空中分解したと結論づけた。






毎日新聞朝日新聞の取材ヘリコプターは、危険運転の常習犯だ!

平成27年(2015年)9月、茨城県常総市で、鬼怒川沿いの堤防沿いの複数の地点から水が氾濫した。

すると、いつもどおり、毎日新聞の取材ヘリやテロ朝(TV asahi)の取材ヘリなどのマスゴミの取材ヘリが多数しゃしゃり出て来て、自衛隊の救助活動を妨害しまくった!


救助活動をする自衛隊ヘリコプターに異常なまでに接近して妨害する毎日新聞の取材ヘリコプター!
救助活動をする自衛隊ヘリコプターに異常なまでに接近して妨害する毎日新聞の取材ヘリコプター!


NHKが救助活動中の自衛隊ヘリを撮影(妨害)していたら、間にテロ朝(TV asahi)のヘリが割り込んで超至近距離で自衛隊ヘリの救助活動を妨害した!
NHKが救助活動中の自衛隊ヘリを撮影(妨害)していたら、間にテロ朝(TV asahi)のヘリが割り込んで超至近距離で自衛隊ヘリの救助活動を妨害した!







★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。



「保守の真髄 老酔狂で語る文明の紊乱」西部邁著(2017/12/12)


「報道しない自由 ――なぜ、メディアは平気でをつくのか」 西村幸祐 著 2017/11/26


「マスゴミの取材ヘリは無神経な飛行や救助妨害をやめろ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

毎日新聞「日本人は韓流ドラマも映画もK-POPも韓国料理も好きなのに韓国人は付き合いにくい」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






毎日新聞記者の布施広(ふせ ひろし、1953年 – )
毎日新聞記者の布施広(ふせ ひろし、1953年 – )

毎日変態新聞

【ワロタw】毎日新聞「日本人は韓流ドラマも映画もK-POPも韓国料理も好きなのに韓国が嫌い。それでいいのか?」

https://mainichi.jp/articles/20180202/ddm/005/070/014000c
布施広の地球議
韓国は嫌いですか(3)
毎日新聞2018年2月2日

以下は個人的な感想である。

昨年の大みそか、NHKの紅白歌合戦で人気グループの「TWICE」が歌って踊るのを見てうれしくなる。愛らしい容姿もさることながら、韓国5人、日本3人、台湾1人の混成が「東アジアの協調」を思わせる。

年明け早々の1月10日、韓国の文在寅大統領が日韓の慰安婦合意(2015年)を「誤った結び目」と言うのを聞いてげんなりする。“ゴールポスト”を動かして問題を解決させない戦術の最たるものと思えてくる。

お断りしたように個人の感想だが多分こんなふうに日本人は韓国が苦手になる。韓流のドラマも映画もK-POPも韓国料理も好きなのに、韓国人はどうも付き合いにくい、と。

だが、そこで終わっては進歩がない。
メールで韓国紙「国民日報」の編集担当取締役、趙容来さん(60)の意見を聞くと「韓日両国は互いに見たいことだけを見てきている。相手を理解しようとしない」旨の長い返信をいただいた
(以下略)



>以下は個人的な感想である。
>お断りしたように個人の感想だが、多分こんなふうに日本人は韓国が苦手になる。



こんな短い文章の中に「個人的な感想」を2回も繰り返し強調するということは、毎日新聞記者・布施広の「個人的な感想」が現実や事実や真実と異なることを相当認識していて後ろめたいからだろう。

現実や事実や真実とは異なることを認識して後ろめたいくせに、ビビりながら「個人的な感想」(個人の妄想?)を新聞紙面に書くな!

ビビりながら、新聞にコラムを書くな!






>お断りしたように個人の感想だが、多分こんなふうに日本人は韓国が苦手になる。韓流のドラマも映画もK-POPも韓国料理も好きなのに、韓国人はどうも付き合いにくい、と。


ほら!

やっぱりな!


やはり、毎日新聞記者の布施広の「個人の感想」は、現実や事実や真実と大きくかけ離れた個人的妄想だった!

日本人は韓国が苦手だということは事実だし、韓国人とは付き合いにくいことも事実だ。

しかし、「韓流のドラマも映画もK-POPも韓国料理も好きなのに」という部分は、明らかに事実と異なる!

毎日変態新聞記者である布施広の妄想・妄言に過ぎない!






▼日本国民の84%以上はK-POPが嫌い!▼
▼日本国民の84%以上はK-POPが嫌い▼
全国20~60代の男女36,162名に調査



▼日本国民は高学歴ほどK-POPが嫌い!▼
▼日本国民は高学歴ほどK-POPが嫌い▼
全国20~60代の男女36,162名に調査





▼日本国民は韓流ドラマや韓流映画が嫌い▼

実は「ヨン様ブーム」の頃から「韓流ブーム」は虚構だった!

★ゆとりGJ!韓国涙目w
韓流は人気が無い!★ 韓国が報道
■ニコニコ動画
韓流は人気が無い!★ 韓国が報道
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4077720
■You Tube動画
韓流は人気が無い! 韓国自身が報道
https://www.youtube.com/watch?v=n3zO5PxY65M

日本は空前の韓流ブームと聞いて韓国から取材に来たのだが …
―――――――
韓国からの取材班
「韓国から来たんですけど。」「韓流スターとかには興味がないですか?」

若い男
「あんまり、ないです。」

若い女
「韓流スターは、そんなでもないです。ごめんなさい。」


韓国からの取材班
「好きな韓流スターとかいる?」

女子高生たち
「えええ~~、いない」
「いない」

男子高生たち
「全然興味ないです。」
「逆。人気ない」


韓国からの取材班
「こういう人は誰が好きなのかな?」

女子高生たち
「おばさん」
「主婦」
「老人」
「60歳くらいの人」
「老人」

男子高生たち
「やっぱ、おばさんたちは凄いですね。」
「頭おかしい。」
「おばさんパワー。」


韓国からの取材班
「もし自分のおかあさんがそういうふうにしたらどう?」

男子高生たち
「引きます。」
「どんびきです」
「どんびきします」

「家出します。」
「ちょっと家出します。」

女子高生たち
「ちょっと馬鹿だよね」
「やり過ぎですね、あれは。」「何が良いのかなーって思う。」


韓国からの取材班
「ヨン様とか好きですか?」

女子高生
「いや、好きじゃない。」
「あんまり興味がない。」

若い男
「あんまり、わかんないです。知らないです。」


韓国からの取材班
「日本人のお母さんたち、ヨン様のファンいっぱいですが、それ見てどう思いますか?」

男子高生
「それ見てやめてほしいです。日本の恥。恥ずかしいです。」

韓国からの取材班
「自分のお母さん、そうなったらどう?」

男子高生
「あー、もう縁切りますね。」

―――――――



●韓国の芸能人を空港で出迎えるアルバイトは2005年以前からあった!

2005年【2ちゃんねるでの書き込み】
(在日総動員のからくりを在日たちが2chで書き込んでいた)

  905 :魅せられた名無しさん :2005/12/16(金) 00:01:15
  >>900
  在日コリアンの動員ですよ
  私メールくるもん

  914 :魅せられた名無しさん :2005/12/16(金) 03:23:48
  >>905
  ノシ うちもメイル来ますけど
  交通費支給じゃないと行かない
  馬鹿らしいから
  インソンだったらメイルが来なくても行くけど(笑)

  917 :魅せられた名無しさん :2005/12/16(金) 08:40:24
  >>914
  それバラシタラ駄目って言われてるでしょ?馬鹿?



宇佐美 彰彦さん
サンケイスポーツ文化報道部次長。
韓流スターの空港お出迎えって、いったい何なんだろう…2007/09/03 01:16
(一部抜粋)
以下にそのメールを掲載します。
―――――――
韓流スター・イベント参加者大募集
 1) 9:15-14:00【東京駅】
 2) 17:30-19:00【お台場】
 共に1500円!通しも可
 ■韓流スター!ソン・イルグクが日本へ来日します!!
※1)の時間帯につきましては東京駅に集合して頂き、そこからバスで成田空港まで移動(往復)します。

 ※東京駅→成田空港→東京駅解散
 ■参加資格 高校生-49歳女性のみ
 参加希望の方は名前/連絡先/年齢/人数を明記してメールください
―――――――

 なんだこりゃ?
(略)
聞くと、観覧アルバイトなんだそう。エキストラや観覧募集をする某サイトから届いたメールという。ゲゲゲッ、こんなアルバイトがあったとは…。ファンにとっては最高じゃない!と喜ぶ人もいるかもしれませんが、ちょっと待った!
 ということはなんだ??あの成田空港でよく見かける韓流スターお出迎えの光景は、みんなバイトだったわけ?


8月24日放送フジテレビ とくダネ!「韓国“少女時代”来日 羽田空港にファン800人」
平成22年(2010年)8月24日放送フジテレビ とくダネ!「韓国“少女時代”来日 羽田空港にファン800人」
(実際には、在日アルバイト150人)

関連記事1関連記事2



▼これが現実▼

K-PLUS韓流百貨店 平成26年10月26日で閉店
K-PLUS韓流百貨店 平成26年10月26日で閉店
新大久保の「象徴」韓流百貨店が倒産
日本のコリアン街に大恐慌・・・ショップの倒産、夜逃げ大急増、殺伐とした冬の嵐


¥47よりどり2点50%引き
¥47
よりどり2点
50%引き






▼日本国民は韓国料理(朝鮮料理)が嫌い▼

例えば、平成23年(2011年)2月28日放送のフジテレビ「笑っていいとも」の人気ランキングでは、ピザハットの人気ピザで「プルコギピザ」が1位と虚偽の放送をした!
例えば、平成23年(2011年)2月28日放送のフジテレビ「笑っていいとも」の人気ランキングでは、ピザハットの人気ピザで「プルコギピザ」が1位と虚偽の放送をした!

【プルコギピザが1位だと判った時の反応】
観客「えええーーーーーーー!?」
女性タレント「えー!?うっそ―!!」
女性タレント「何でーー!?」
観客「ええええええええええ!?」
タモリ「本当!?これ意外だねぇー!」
女性タレント「以外ー確かに」



しかし、このピザハットの人気ピザランキングでプルコギピザが1位だったことも、ピザハットHPで検証の結果、はっきりと捏造と判明した。(関連記事







★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。



「保守の真髄 老酔狂で語る文明の紊乱」西部邁著(2017/12/12)


「報道しない自由 ――なぜ、メディアは平気でをつくのか」 西村幸祐 著 2017/11/26


「毎日新聞の布施広は、虚偽(個人的妄言)記事を書くな!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

日テレ朝鮮学校特集「植民地支配で朝鮮語を自由に使う権利奪われた」・米国留学ビザ拒否に不平不満
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






2018-01-30 高校生の素顔とホンネ 密着!朝鮮学校の今
平成30年1月30日
日テレ
news every


特集
知っていますか?朝鮮学校
密着!生徒たちの“素顔”


2018-01-30 高校生の素顔とホンネ 密着!朝鮮学校の今
■動画
朝鮮学校の今!北朝鮮の明るい素顔を知る!日本テレビevery
https://www.youtube.com/watch?v=9wv3BEVseYo



冒頭から嘘全開!

2018-01-30 高校生の素顔とホンネ 密着!朝鮮学校の今
日本による植民地支配(1910~1945)
公的な場で朝鮮語を自由に使う権利を奪われた。

ナレーション
朝鮮半島が日本の植民地支配を受けていた当時、公的な場で朝鮮語を自由に使う権利を奪われた。




▼歴史偽造に続いて朝鮮学校の生徒募集の大宣伝!▼
平成30年1月30日 日テレnews every 特集  知っていますか?朝鮮学校 密着!生徒たちの“素顔”2018-01-30 高校生の素顔とホンネ 密着!朝鮮学校の今
「偉大なる北朝鮮指導者たちの肖像画」

平平成30年1月30日 日テレnews every 特集  知っていますか?朝鮮学校 密着!生徒たちの“素顔”2018-01-30 高校生の素顔とホンネ 密着!朝鮮学校の今
東京朝鮮中高級学校 キム・センファ教務部長「肖像画があっても自然ではないかと私は思います」

平平成30年1月30日 日テレnews every 特集  知っていますか?朝鮮学校 密着!生徒たちの“素顔”2018-01-30 高校生の素顔とホンネ 密着!朝鮮学校の今

平平成30年1月30日 日テレnews every 特集  知っていますか?朝鮮学校 密着!生徒たちの“素顔”2018-01-30 高校生の素顔とホンネ 密着!朝鮮学校の今
朝鮮学校 生徒の進路

公共の電波を朝鮮学校(北朝鮮のスパイ養成所)の生徒募集の宣伝に悪用する日テレ!




平平成30年1月30日 日テレnews every 特集  知っていますか?朝鮮学校 密着!生徒たちの“素顔”2018-01-30 高校生の素顔とホンネ 密着!朝鮮学校の今
チャン・ユフィさん(17)
戦前、曾祖父が職を求めて日本に密航して来た。


そんな密航者の子孫であるチャン・ユフィ(17)は、祖国北朝鮮の憎き敵国アメリカ帝国主義に留学を希望!
平成30年1月30日 日テレnews every 特集  知っていますか?朝鮮学校 密着!生徒たちの“素顔”2018-01-30 高校生の素顔とホンネ 密着!朝鮮学校の今

平成30年1月30日 日テレnews every 特集  知っていますか?朝鮮学校 密着!生徒たちの“素顔”2018-01-30 高校生の素顔とホンネ 密着!朝鮮学校の今

平成30年1月30日 日テレnews every 特集  知っていますか?朝鮮学校 密着!生徒たちの“素顔”2018-01-30 高校生の素顔とホンネ 密着!朝鮮学校の今
チャン・ユフィ(17)は、北朝鮮に行ったことがなく、北朝鮮に家族や親戚もいないという。

それでも、アメリカ政府は、チャン・ユフィ(17)が朝鮮学校に通っているという一つの理由によってアメリカ留学ビザの発給を拒否した!

非常に重要!!


平成30年1月30日 日テレnews every 特集  知っていますか?朝鮮学校 密着!生徒たちの“素顔”2018-01-30 高校生の素顔とホンネ 密着!朝鮮学校の今
なぜアメリリカ留学ビザが発給できなかったのか?
チャン・ユフィ(17)「朝鮮学校に通っていること、それしか理由ないじゃんって!でも、そんなのを理由にしていたら、私たち朝鮮学校の生徒はこれから先どうすればいいんだろう?アメリカに行って英語を学びたかった。」
「在日コリアンというアイデンティティーは、そのまま在日同胞社会に置きつつ、視野は広げていろいろな世界を見たい!」
私は在日コリアン。だから日本人ではない。でも、これから日本で生き続ける。





>日本による植民地支配(1910~1945)
>公的な場で朝鮮語を自由に使う権利を奪われた。
>ナレーション
>朝鮮半島が日本の植民地支配を受けていた当時、公的な場で朝鮮語を自由に使う権利を奪われた。



これは酷い嘘だ!

「日本の植民地支配を受けていた当時、公的な場で朝鮮語を自由に使う権利を奪われた」という嘘は、事実とは180度正反対の歴史偽造だ!

事実を述べると、日本は、朝鮮語の読み書きができる朝鮮人が増えるように尽力した!

日本は、原始人よりも酷い豚犬的生活をし、学問など皆無に等しかった朝鮮人を普通の人間にするため、まずは読み書き算盤から教える必要があった。

豚犬同然だた朝鮮人には、読み書き算盤を教えるだけでも、非常に大変だった。

実は日本は、見るに見かねて日韓併合前から、読み書きが出来る朝鮮人が増えるように尽力していた。

漢字・ハングル混合文は、世界最初に福沢諭吉が発案してハングル活字を作り、井上角五郎らが1886年に初めて『漢城週報』の創刊号を発行した。

朝鮮語辞典については、朝鮮人による辞書はなかったものの、すでに19世紀末には仏と露と英によって作られていたようで、本格的な『朝鮮語辞典』は1920年に朝鮮総督府によって完成された。
朝鮮語辞典

朝鮮人が自らはじめて『朝鮮語辞典』を作ったのは1939年だった。

日韓併合時代も、朝鮮半島では朝鮮語で授業が行われていたし、その他の公的な場でも朝鮮語が使用されていた。

「日帝時代の小学校の教科書(参考書)

「日帝時代の小学校の教科書(参考書)
「日帝時代の朝鮮の小学校の教科書(参考書):詳細記事

「日帝時代の朝鮮の小学校の授業(朝鮮語・ハングルで授業している)
「日帝時代の朝鮮の小学校の授業(朝鮮語・ハングルで授業している)

1940年頃になると学校で「朝鮮語」の授業がなくなったのは事実だが、普段の会話等はもちろん朝鮮語で行われていた。

その証拠に、日本語普及率は終戦時でも朝鮮では20%だった。(台湾では70%)

朝鮮学校と日テレの「朝鮮半島が日本の植民地支配を受けていた当時、公的な場で朝鮮語を自由に使う権利を奪われた。」という歴史偽造は、万死に値する!

2018-01-30 高校生の素顔とホンネ 密着!朝鮮学校の今





>チャン・ユフィさん(17)
>戦前、曾祖父が職を求めて日本に密航して来た。
>そんな密航者の子孫であるチャン・ユフィ(17)は、祖国北朝鮮の憎き敵国アメリカ帝国主義に留学を希望!
>チャン・ユフィ(17)は、北朝鮮に行ったことがなく、北朝鮮に家族や親戚もいないという。
>それでも、アメリカ政府は、チャン・ユフィ(17)が朝鮮学校に通っているという一つの理由によってアメリカ留学ビザの発給を拒否した!



アメリカ政府の判断からも分るように、朝鮮学校に通っているだけで北朝鮮のスパイや工作員と認識するべきなのだ!

チャン・ユフィ(17)は在日朝鮮人で朝鮮学校に通っているくせに、北朝鮮には行ったことがない!

だったら、まずは祖国の北朝鮮に行って留学するなりして勉強するべきだろう!

なんで敵国のアメリカに行って敵国語を勉強したいんだ?

と言うか、アメリカが朝鮮学校の生徒の留学ビザを拒否したことは当然のことだが、日本人にとってもよくよく考えるべき重要な事実だ!

アメリカ政府は、朝鮮学校の生徒を北朝鮮スパイ養成所(北朝鮮工作員養成所)と認識しているのだ!

日本政府も、アメリカ政府と同じ認識を持たなければならない!

朝鮮学校なんて北朝鮮スパイ養成所(北朝鮮工作員養成所)以外の何ものでもない!

日本政府は、どうしてそんな北朝鮮スパイ(工作員)養成所の存在を認めているのか?!

日本政府は、そんな北朝鮮スパイ(工作員)養成所である朝鮮学校卒業者に対して大学入試での高等学校卒業程度認定試験免除という優遇措置まで施しているのだから狂っている!

あってはならない「在日特権」の1つだ。

さらに、朝鮮学校は、各自治体から公有地の格安貸与や格安売却を受けており、これまた許されざる「在日特権」の1つとなっている。(詳細記事




【重要ポイント】
━━━━━━━━━━
▼朝鮮学校への補助金や高校無償化(朝鮮学校への税金投入)が許されない理由▼

1.朝鮮学校は「現代朝鮮史」などの授業で金日成と金正日を神格化し、独裁政治を支える思想教育を行っている上、朝鮮総連と一体となった学校人事や運営が行われており、教員は「教員免許」を持っていない。(公の支配に属していない。)

2.朝鮮学校への公金支出は、日本国憲法89条に違反している。
憲法89条 「公金その他の公の財産は、公の支配に属しない教育の事業に対して支出しまたはその利用に供してはならない」


3.朝鮮学校はテロ国家北朝鮮の下部組織である朝鮮総連が運営しているが、朝鮮総連は拉致事件で重要な役割を果たしている。
・大阪朝鮮学校元校長の金吉旭(キム・ギルウク)は拉致事件の犯人であり、日本政府は金吉旭を国際指名手配している。
・広島朝鮮学校元教員の金徳元(キム・ドクウォン)は、自分の教え子である朝鮮学校の生徒をヘロインの運び屋に仕立てるという事件を起こした。
・下関朝鮮学校元校長の曺(曹)奎聖(チョ・キュソン)は覚醒剤約250キロを受け取り、島根県に密輸入し、日本は国際手配した。
朝鮮学校は、テロリスト養成学校(スパイ・工作員養成学校)だ。


4.朝鮮学校は北朝鮮スパイ養成所(北朝鮮工作員養成所)だから、アメリカ政府は朝鮮学校に通っているだけで留学ビザを拒否している。

5.既に自治体などから朝鮮学校に公金が支出されているが、朝鮮学校から朝鮮総連や北朝鮮に金が流れていることが関係者の内部告発で明らかになっており、朝鮮学校の資金が核兵器や弾道ミサイル、覚せい剤、拉致などのテロ行為の資金として利用されている。

6.日本の公立学校は外国人であっても差別することなく入学を認めているにもかかわらず、朝鮮人は自らの意思で日本に来て、自らの意思で子供たちを朝鮮学校に通わせている。

━━━━━━━━━━







★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。



「保守の真髄 老酔狂で語る文明の紊乱」西部邁著(2017/12/12)


「報道しない自由 ――なぜ、メディアは平気でをつくのか」 西村幸祐 著 2017/11/26


「朝鮮学校は北朝鮮スパイ養成所!」
「日テレは朝鮮学校を宣伝したが、視聴者の反感を買った!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

NHK再び731部隊「人体実験はこうして拡大」!支那メディア「我々はこのテレビ局を称賛すべき」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






BS1スペシャル「731部隊 人体実験はこうして拡大した/隊員たちの素顔」
平成30年(2018年)1月21日(日)放送『BS1スペシャル』「731部隊 人体実験はこうして拡大した/隊員たちの素顔」


NHKが昨年8月に続き、懲りずに再び731部隊の虚偽内容のドキュメンタリー番組「BS1スペシャル」【731部隊 人体実験はこうして拡大した/隊員たちの素顔】を放送!

しかも、内容的には、昨年8月に放送して大ヒンシュクを買った「NHKスペシャル」【731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~】「ハバロフスク裁判の音声記録を発掘」関連記事)とほぼ同じ!

支那メディアが大喜びして大絶賛!「われわれはこのテレビ局を称賛すべき」


https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/2443/2892014/index.html
731部隊 隊員たちの素顔
BS1スペシャル「731部隊 人体実験はこうして拡大した/隊員たちの素顔」

BS1スペシャル「731部隊 人体実験はこうして拡大した/隊員たちの素顔」
初 2018年1月21日(日) 午後10時00分(110分)




番組スタッフから

NHKスペシャル【731部隊の真実・エリート医学者と人体実験】

昨年8月に放送し、大きな反響があったNHKスペシャル「731部隊の真実」。その制作の際にアメリカやロシア、そして日本で積み重ねた膨大な取材をもとに、BS1スペシャルをお届けします。

前編は、今回、NHKが見つけたハバロフスク裁判の音声記録を、ていねいに分析しながら、731部隊の真実に迫ります。部隊をつくった部隊長・石井四郎は、なぜ、どのようにして人体実験の規模を拡大させていったのか。終戦後、アメリカとソビエトが対立する中で、731部隊が行ったことはどう扱われてきたのか、みつめます。そして、アメリカで公開されている部隊に関する文書や、長年、軍で研究してきた第一人者への取材も、お伝えします。

後編は、Nスぺをきっかけに、今回、初めて撮影に応じた部隊員の遺族の取材を軸に、隊員や家族の目線から、731部隊の歴史をみていきます。部隊で、人体実験を主導したのは、本来、命を守るべき医学者たちでした。優秀な研究者であり、家庭ではごく普通の父親だった隊員たちは、なぜ人体実験に手を染めたのか。隊員たちの素顔を追います。

731部隊の全貌に迫る、BS1スペシャル。ぜひご覧ください。
(番組プロデューサー)



■番組内容
BS1スペシャル「731部隊 人体実験はこうして拡大した/隊員たちの素顔」

戦時中、旧満州でひそかに人体実験を伴う細菌兵器の開発を行った、731部隊。NHKが発掘した、旧ソ連・ハバロフスク裁判の音声記録では、部隊幹部らが、日本に反発した中国や旧ソ連の人々を、実験材料としていた実態を克明に語っていた。731部隊はどのようにして設立されたのか。人体実験はどう拡大していったのか。そして米ソの対立の中で、731部隊の歴史はどう封じ込まれてきたのか。音声記録と数百点の資料から迫る。

■出演者ほか
【語り】伊東敏恵

■チャンネル
初 2018年1月21日(日) 午後10時00分(110分)  BS1



>番組スタッフから
>昨年8月に放送し、大きな反響があったNHKスペシャル「731部隊の真実」。



ふざけんな!

NHKが昨年8月に放送した「NHKスペシャル」【731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~】「ハバロフスク裁判の音声記録を発掘」関連記事)は、「大反響」だったのではなく、大ヒンシュクだった!






>番組内容
>BS1スペシャル「731部隊 人体実験はこうして拡大した/隊員たちの素顔」
>戦時中、旧満州でひそかに人体実験を伴う細菌兵器の開発を行った、731部隊。NHKが発掘した、旧ソ連・ハバロフスク裁判の音声記録では、部隊幹部らが、日本に反発した中国や旧ソ連の人々を、実験材料としていた実態を克明に語っていた。731部隊はどのようにして設立されたのか。人体実験はどう拡大していったのか。そして米ソの対立の中で、731部隊の歴史はどう封じ込まれてきたのか。音声記録と数百点の資料から迫る。



番組内容は、昨年8月に放送して大顰蹙を買った「NHKスペシャル」【731部隊の真実~エリート医学者と人体実験~】「ハバロフスク裁判の音声記録を発掘」と殆ど変りないではないか!

NHKは昨年8月にあれほどの批判を浴びながら、ほんの少しだけ新しい資料やシーンを追加し、あたかも新番組のようにしてBSでコッソリと放送し直したのだ!

反日宣伝のためなら手を変え品を変え公共の電波をトコトン利用しようという魂胆だ!

絶対に許せない!

NHKは間違いなく日本の敵だが、NHKと受信契約を結んでいる視聴者も日本の敵と言って良い!





案の定、支那共産党中央委員会の機関紙『人民日報』系列の『環球時報』(環球網)が、そんなNHKを速攻で大絶賛した!

http://www.recordchina.co.jp/b560492-s0-c30.html
NHKが再び731部隊のドキュメンタリー、中国メディア「われわれはこのテレビ局を称賛すべき」
Record china、配信日時:2018年1月22日(月) 12時10分

22日、環球網は、NHKが21日に再び731部隊に関するドキュメンタリー番組を放送したことについて「われわれは改めてこのテレビ局を称賛しなければならない」と伝えた。写真は731部隊跡地。
22日、環球網は、NHKが21日に再び731部隊に関するドキュメンタリー番組を放送したことについて「われわれは改めてこのテレビ局を称賛しなければならない」と伝えた。写真は731部隊跡地。

2018年1月22日、中国メディア環球網は、NHKが21日に731部隊に関するドキュメンタリー番組を放送したことについて、「われわれは改めてこのテレビ局を称賛しなければならない」と伝えた。

NHKのBS1で21日午後10時から110分間に渡って「731部隊 人体実験はこうして拡大した/隊員たちの素顔」が放送された。番組は1949年のハバロフスク裁判の音声記録や、数百件の文書、元隊員の家族へのインタビューなどから、731部隊の実態に迫った。

記事は番組の中から、「チフス菌をスイカやマクワウリに注入して『満州人』『支那人』に食べさせた」「囚人が4−5人入った部屋にペスト菌を散布して全員感染させた」といった元衛生兵などの証言を取り上げた。また、東京帝大や京都帝大出身のエリート医師を「技師」として囲い込み厳しい機密管理のもとで研究が進められたこと、日本政府から巨額の資金援助を受けていたこと、戦後には部隊長の石井四郎が米国との間で人体実験データ供出の取り引きを結び戦犯の訴追を免れたこと、「技師」たちも帰国後に重用され医学界の権威になっていったこと、なども伝えている。

そして、NHKが昨年8月にも「731部隊の真相」と題したドキュメンタリー番組を放送し、日中両国で大きな反響を巻き起こしたことにも言及。『731部隊 人体実験はこうして拡大した/隊員たちの素顔』は、昨年に続く2作目の731部隊に関するドキュメンタリー番組である」と紹介している。

昨年8月の放送後には、中国共産党の機関紙・人民日報が番組を取り上げた。また、外交部の報道官が「われわれは日本国内の有識者の歴史の真相を暴いた勇気を称賛する」と評し、ネット上でもNHKに対する称賛が寄せられるなどし、大きな注目を集めた。(翻訳・編集/川尻)



>2018年1月22日、中国メディア環球網は、NHKが21日に731部隊に関するドキュメンタリー番組を放送したことについて、「われわれは改めてこのテレビ局を称賛しなければならない」と伝えた。


環球網(環球時報)は、支那共産党中央委員会の機関紙『人民日報』系列のメディアだ。

そんな支那メディア「環球網」「われわれは改めてこのテレビ局を称賛しなければならない」と大絶賛されるNHKって、どれだけ売国奴の反日テレビ局なのか?!

NHKは間違いなく日本の敵だが、NHKと受信契約を結んでいる視聴者も日本の敵だ!

百田尚樹「朝日新聞は日本の敵だが、そんな売国新聞を支えている朝日の読者も日本の敵だ」

coffee「NHKは日本の敵だが、そんな売国テレビ局を支えているNHK受信契約者も日本の敵だ」






>NHKのBS1で21日午後10時から110分間に渡って「731部隊 人体実験はこうして拡大した/隊員たちの素顔」が放送された。番組は1949年のハバロフスク裁判の音声記録や、数百件の文書、元隊員の家族へのインタビューなどから、731部隊の実態に迫った。


ソ連は、捕まえた日本軍将兵を何年もかけて洗脳し続けた。

ハバロフスク裁判は、戦争が終わってから4年以上が経った1949年12月25日から12月30日にかけて6日間行われた。


ソ連が捕まえた日本軍将兵を何年も洗脳し続けていたことは有名な事実であり、ソ連に捕まって洗脳されたり脅迫されたりしていた日本軍将兵の「ハバロフスク裁判での音声記録」やその際に書かせた文書などというモノは、証拠力ゼロであり、全く証拠とはなり得ない!

NHKの番組は、極めて悪質な印象操作を駆使した反日プロパガンダだ!

戦後、ソ連や支那共産党に捕まった日本軍将兵は、それぞれの共産党によって徹底的に洗脳された。

日本では、支那共産党に捕まって洗脳された「中帰連」という団体が日本に帰ってから派手な反日活動を展開したので有名になっている。

支那共産党が「中華人民共和国」を建国した1949年の翌年の1950年、「中ソ友好条約」の締結時、一部の捕虜はスターリンから支那共産党にプレゼントされ、満州の撫順に収容された。

いよいよ、後日、彼ら自身に「鬼から人間に戻った」と言わしめる洗脳が始まった!

戦犯の処置は「新中国」の重要な国家政策として周恩来が直接指揮をとり、管理は司法部ではなく公安部が担当した。

公安部長の羅瑞卿は、延安で多数の日本兵捕虜を洗脳し、(反戦兵士にして)日本軍の正面に送り出してきた捕虜政策のエキスパートだった。

一方、ハルピンの尉官級以上の人たちも「学習」が続けられ「総括書」を書かされた。

これは、学習して得た共産主義の認識に基づき、過去の自分を自己批判しろということだ。

罪は重くても完全に共産主義思想になったものは許す。

逆に軽微な罪行でも思想を改造できないものは重く処罰する、としつこく繰り返された。

支那共産党側は共産主義思想に転向してこそ初めて過去の旧思想時代の犯罪を自供できる、と主張していた。

つまり「思想改造」「認罪」の同時工作であり、支那共産党が反革命分子に行使した方法と同じだった。

尉官以上の人が取り調べを受けたのに対し、下士官・兵は坦白大会の方法がとられ、自分たちで自らを洗脳していった。

ソ連のラーゲリに居た頃も下級兵士ほどアクチブになり易かったのだ。

■「認罪運動」
そして本格的な取り調べが開始された。
「坦白するものには軽く、逆らい拒むものには重く」という取り調べの方針が告知され、そのスローガンは所内の至る所に掲示された。
これをきっかけに「認罪運動」というものも始まった。

「私はこんな酷いことをした」と戦犯全員の前で自白する発表会がもたれた。
この「坦白大会」には、支那共産党幹部も同席し、管理所の洗脳工作経過を視察するものだったが、戦犯達も自分が何を要求されているのかが判り、いよいよ追いつめられていった。


認罪学習は、徹底して行われた。
みんなでしつこく何回も何回も犯罪行為を確認し、自己批判・相互批判が繰り返された。
「学習」とは言うものの、罪の自白とつるしあげ合戦だ。
「なんだ、それぐらい、俺なんかもっと凄いもんね」「お前、それぐらいじゃ足りんだろう」などとエスカレートしていったのだった。


工作員(取調官だが、なんともストレートな名前だ)は、一人ひとりについて何年もかけて集めた証言、告発書をもとに尋問した。
つまり、罪状は最初から決まっており「自白すれば軽く、拒めば重く」と言われれば、工作員の言うままに合わせるしかない。
毎日呼びだされ、尋問を受ける。
尋問というより説得だった。
総括書は出す度に点検され、ここが違うとか、こう書けとか注文された。
相手の予定調書と違ったことを自白すればそれは自分がウソや間違いを言っていることになるのだ。

こういう経過で、日本語にはない罪行や、支那共産党側のでっち上げや過剰な言い分まで認めざるを得なかった。
とにかく、一日でも早く日本に帰りたい、そのことしか頭になかった。


また、支那共産党側は余計な自白を歓迎した。
本人の罪状だけでなく、伝聞した日本軍の罪状まで採集していった。


戦犯たちは総括書という形で、文章にして提出した。
当然、文章の巧拙や想像力の大小によって、罪業に迫力の差がでてくる。
文章の上手い戦犯はほめられ、他の戦犯の文章指導や代筆までやり、悪鬼そのものの日本軍が作成されていった。

監禁されるとその苦痛や憤り、自己崩壊から逃れるため、加害者の立場に自分を置こうとする場合がある。
相手側の一員になった気持ちになるのだ。

撫順に収監された戦犯の中で、下士官・兵などは特に戦争犯罪など起こしていない人ばかりだ。
理由もなく6年も監禁されたのに、自ら戦争犯罪人を認める自白をし、そのうえ不起訴になったら支那共産党の温情に感謝する。
看守達と抱きあって泣いたりしたのだ。


このように、戦後、多くの日本軍将兵が撫順戦犯管理所に収容され、支那共産党によって洗脳された。

撫順戦犯管理所に収容された日本軍将兵たちの6年間は「坦白大会」などの「認罪運動」による「洗脳」の日々だった。

洗脳教育を受け、自白を強要され、嘘でも暴行や虐殺を認めなければ、刑務所から出ることができなかった。

そのよな環境下でつくられた供述書に信ぴょう性もなければ証拠力もない。

なお、何年も洗脳され続けた後にやっと釈放された無実の元日本軍将兵たちだが、驚くべきことに彼らの殆どが日本に帰っても洗脳が解けないまま余生を送った。

上述のとおり、日本では支那共産党に洗脳された「中帰連」が派手な反日活動を展開したので有名になったが、捕まえた日本軍将兵を長年かけて徹底的に洗脳したのは、ソ連(共産党)も同じだ!

むしろ、支那共産党がソ連(共産党)の洗脳工作に倣って同じことをしたのだから、本家本元はソ連なのだ!

したがって、戦後4年以上経った「1949年12月」に行われたハバロフスク裁判で証言した日本軍将兵たちは、いずれも4年以上の長きに亘ってソ連共産党によって洗脳されていた精神病患者ばかりだ。

NHKは、そんな洗脳済み日本軍将兵たちの証言について「ハバロフスク裁判の音声記録を発掘した!」などと公式HPや公式ツイッターなどで大々的に宣伝し、平成29年(2017年)8月にはゴールデンタイムに放送し、さらに平成30年(2018年)1月にも殆ど同じ内容の番組をプライムタイムにBSで放送したのだから、到底許されることではない!

これは、もう完全な放送法違反だ!

なお、1949年12月に行われたハバロフスク裁判の後も、ソ連に捕まった日本軍将兵たちは長年に亘り生きるか死ぬかの奴隷の扱いを受け続けた!

http://www7a.biglobe.ne.jp/~mhvpip/EseSaiban.html
エセ裁判によるソ連の日本人捕虜虐待
ハバロフスク事件の真相-

1.デタラメ極まるソ連の【エセ裁判】

昭和31年(1956年)8月29日開催の海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会第18号で、中曽根康弘元首相のブレーンとして著名な瀬島龍三氏は、ソ連が【戦犯裁判】と称して行った【エセ裁判】が、いかにデタラメ極まるものであったかについて証言した。

一例として「ある上等兵は、ハルピン特務機関で当番兵をしていたとの理由で、私と同じ日に、同じ軍法会議において、25年の刑を受けた」と証言している。

2.このままでは、全員、死んでしまう

「このままでは、全員、死んでしまう」とソ連収容所当局の捕虜虐待で追いつめられた日本人たちが、冷酷無慈悲なソ連収容所当局に絶食という、文字通り、必死の抗議を行ったのがハバロフスク事件である。

ハバロフスク事件のリーダーであった石田三郎氏は昭和31年(1956年)12月26日、舞鶴に上陸し帰国した。事件に関係した日本人捕虜たちは、石田氏が国会で証言し、この事件の実態を正確に日本国民に知らせてほしいと熱望したが、社会党の強い反対で実現しなかった。

以下は、石田三郎氏がハバロフスク事件について、資料を中心に、一切の粉飾を避け、真実を伝えるために書いた『無抵抗の抵抗 -ハバロフスク事件の真相-』(日刊労働通信社 昭和33年(1958年)発行)の抜粋である。
(以下略)

石田三郎氏がハバロフスク事件について、資料を中心に、一切の粉飾を避け、真実を伝えるために書いた『無抵抗の抵抗 -ハバロフスク事件の真相-』(日刊労働通信社 昭和33年(1958年)発行)の抜粋である。

石田三郎氏がハバロフスク事件について、資料を中心に、一切の粉飾を避け、真実を伝えるために書いた『無抵抗の抵抗 -ハバロフスク事件の真相-』(日刊労働通信社 昭和33年(1958年)発行)の抜粋である。

石田三郎氏がハバロフスク事件について、資料を中心に、一切の粉飾を避け、真実を伝えるために書いた『無抵抗の抵抗 -ハバロフスク事件の真相-』(日刊労働通信社 昭和33年(1958年)発行)の抜粋である。






NHKは、平成29年(2017年)8月に放送した番組の中でも「中国やソ連の匪賊を捕えて逆スパイなどの逆利用価値がないと軍が判断すれば裁判なしに731部隊に送られた」と述べているが、そもそも匪賊(強盗殺人集団)については女であっても子供であっても裁判なしで殺しても何らかの実験に利用しても国際法的にも何ら問題はない。

それを如何にも戦争犯罪のように番組内で演出するNHKの印象操作は悪質だ。

なお、NHKは当該番組の中で、「匪賊」のことを「日本に反発する現地住民」とテロップとナレーションなどで説明したが、明らかに悪質な虚偽だ!

なお、NHKは当該番組の中で、匪賊のことを「日本に反発する現地住民」とテロップなどで説明したが、明らかに悪質な虚偽だ!
「匪賊」とは、強盗殺人集団のことであり、決してNHKが放送したような「日本に反発する現地住民」などでは有りえない!



さらに、NHKは731部隊の犯罪が東京裁判などで全く問われなかったことについて「アメリカは人体実験のデータ提供と引き換えに隊員の責任を免除したのです」とナレーションで述べたが、全く根拠のない出鱈目(都市伝説)だ!

上記の「都市伝説」(作り話)と同じことは少なくとも15年以上前から反日左翼どもがネットなどで散々言っているが、全くどこにも根拠がない。

NHKは、こんな根拠のないネトサヨの「都市伝説」(作り話)をそのまま放送したのだから、許し難い!

アメリカの国立公文書館は2007年1月18日、731部隊が満州で行った細菌戦研究などに関する米情報機関の対日機密文書10万ページ分を公開したが、結局戦争犯罪と言えることは全く存在しなかった!

米国立公文書館が公開した10万ページに資料で判ったことは、731部隊(関東軍防疫給水部)は細菌戦研究はしていたものの、戦争犯罪となるような細菌戦や生体実験を行った証拠は全くなかったということだ。

この期に及んでネトサヨの都市伝説を垂れ流すNHKを許してはいけない!




▼まとめ▼

「731部隊の生体実験」というのは、「中帰連」(支那共産党によって洗脳された精神障害者の団体)や推理小説作家の森村誠一らによるフィクションだ。

731部隊が人体実験をしたというマトモな資料は何一つない。
南京大虐殺をでっち上げた東京裁判でも審理すらされなかった。
ハバロフスク裁判では審理されたが、ソ連に抑留・拘禁された捕虜(洗脳された証人)の証言は、「人を凍結して復活させる実験とか、心臓を交換する実験」など、誰も信じない荒唐無稽な内容であり、反日左翼学者でさえ取り上げていない。

ところが、1980年代になると「中帰連」の湯浅謙や推理小説作家の森村誠一らが、それをネタ元にして様々な作り話を考え、まるで史実であったかのように宣伝した。

しかし、それらが捏造・偽造されたフィクションだったことは既に明白だ。

2007年1月18日、米国立公文書館は、731部隊が満州で行った細菌戦研究などに関する米情報機関の対日機密文書10万ページ分を公開した。

この時、石井四郎中将を始めとする731部隊関係者の個別尋問記録や、石井中将が細菌戦研究の成果を1947年6月ごろ執筆し米軍に引き渡したことを裏付ける最高機密文書も明らかになった。

ところが、731部隊(関東軍防疫給水部)は細菌戦研究はしていたものの、違法な細菌戦や生体実験を行った証拠は全くなかった。

文書内容の大半は731部隊など細菌戦研究に関する内容だった。
ナチス・ドイツと日本の「戦争犯罪」を調査するため、クリントン政権当時の99年に構成された記録作業部会(IWG)は、「慰安婦問題」などの悪事を裏付ける文書も探したが、証拠は見つからなかった。
奉天(瀋陽)の収容施設で、連合軍の捕虜に細菌実験が行われなかったかを調べたり、日本からの風船爆弾が細菌戦に使われないかを調べたりしたが、「当面は細菌戦を想定していない」と結論づけた文書も公開された。

つまり、アメリカが持っていた731部隊に関する10万ページの機密文書には、731部隊が人体実験を行ったり細菌戦を行った証拠は全くなく、戦後に言われたことは全て嘘っぱちのでっち上げだったのだ。








★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。



「保守の真髄 老酔狂で語る文明の紊乱」西部邁著(2017/12/12)


「報道しない自由 ――なぜ、メディアは平気でをつくのか」 西村幸祐 著 2017/11/26


「ほぼ同じズサンな虚偽内容を『ドキュメンタリー』と称して2回も放送したNHKを許すな!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.