正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現


記事の内容

前へ | 次へ

「純日本人は本当に少なくなる!革命起こしたい」宮本エリアナ・韓国とミス・ユニバース・ジャパン
2015/06/20 07:31

↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






画像
宮本エリアナ「私は革命を起こしたい!一夜で変えることはできないけど、100年か200年後には『純日本人』なんて殆ど残っていない!」

http://news.yahoo.com/black-miss-japan-fights-race-revolution-041830696.html
Black Miss Japan fights for race revolution
黒人のミス日本が人種革命のために戦う!

AFP May 12, 2015 1:52 AM
(一部抜粋)
"I want to start a revolution," Miyamoto added with a laugh. "I can't change things overnight but in 100-200 years there will be very few pure Japanese left, so we have to start changing the way we think."
「私は革命を起こしたい!」宮本エリアナは笑いながら付け加えた。「一夜にして変えることはできないけど、100年か200年後には純粋な日本人なんて殆ど残っていない!だから私たちは、私たちが考える方法で今から変革を開始しなければならない!」

↓ 10日後の日本語記事 ↓

http://www.afpbb.com/articles/-/3049289?pid=0
人種問題の「革命起こしたい」 ミス・ユニバース宮本さんの決意
2015年05月22日 16:10 発信地:東京
画像

【5月22日 AFP】宮本エリアナ(Ariana Miyamoto)さん(21)がミス・ユニバース(Miss Universe)日本代表の選考会に出場したきっかけは、自分と同じ「ハーフ」の友人が自殺したことだった。そうして見事、日本代表に選ばれた後も、肌の色を理由とした暴言に堪え忍ばなければならなかった。

?だが宮本さんははそうした反発に意気消沈するどころか、英国人のスーパーモデル、ナオミ・キャンベル(Naomi Campbell)さんが一世代前にファッション業界で成し遂げたように、ミス・ユニバースの日本代表として人種的な偏見を打破する一助となりたいと決心した。

?日本人の母とアフリカ系米国人の父を持つ宮本さんは、自分のことを「思ったことを崩さない」人間だと話している。AFPとのインタビューでは「批判は覚悟の上で出場しました。全く傷ついていないと言えばうそになるけど。でも、もっと頑張ろうという刺激にはなりました」と語った。

?ミスコンへの出場について「変なプレッシャーはなかったですね。出場したきっかけも友達を亡くして、その人のためにもという思いがありました」「人種の問題を訴えようと思って出場した」と話した宮本さん。長崎県の港街、佐世保市で育った子ども時代には、学校でいじめを経験したこともあった。

?黒人の血を引く日本人として初の代表となったことを「いい立場を与えてもらった」と捉えており、「トップバッターは何でも大変だなと思います。そういった面では、ナオミ・キャンベルさんってすごいですよね」と語った。

?宮本さんが優勝を飾った今年3月以降、日本代表は「ハーフ」ではなく「純日本人」を選ぶべきとの批判がネット上で相次いだ。

?褐色の肌と173センチという身長で周囲の視線を集める宮本さんは、これまでの人生でもたくましさを身につけていく必要があったという。

「小さい時から批判やいじめを受けてきたので、自分を保つためにも精神的に強くなったと思います」。日本語が母語の宮本さんは、ウエートレスから英語のメニューを渡されると、恐怖におののくふりをして顔をしかめた。

「小さい頃はどうしても一人だけ浮いてしまう存在だったので、自分だけ目立たないようにしよう、みんなと合わせようといつも思っていたんです。でも今は思っていることは伝えたい、自分らしくいたいと思う」

「いい意味で革命を起こしたいですね、すぐには変わらないですけど。私の発言で少しでも世間が変わるような人物にはなりたいと思います。血が混ざった子はこれからもっと増えていくから、そういった子たちが暮らしやすいようになっていってほしい。100〜200年経つと『純日本人』って本当に少なくなると思うんですよ。今のうちに少しずつ変えていかないといけないのかなって思います」



>宮本エリアナ(Ariana Miyamoto)さん(21)がミス・ユニバース(Miss Universe)日本代表の選考会に出場したきっかけは、自分と同じ「ハーフ」の友人が自殺したことだった。そうして見事、日本代表に選ばれた後も、肌の色を理由とした暴言に堪え忍ばなければならなかった。


日本代表に選ばれた直後には肌の色を理由とした暴言もあったかもしれないが、その後も日増しにどんどん批判が増大しているのは、宮本エリアナの言動が理由だ。





>長崎県の港街、佐世保市で育った子ども時代には、学校でいじめを経験したこともあった。


私も子供時代には、学校でいじめを経験した。

おそらく世界中の誰もが子供時代には、多かれ少なかれイジメを経験するものだろう。






>宮本さんが優勝を飾った今年3月以降、日本代表は「ハーフ」ではなく「純日本人」を選ぶべきとの批判がネット上で相次いだ。


「世界大会の日本代表には『日本人らしい』日本人を選考するべき」というのは、十分に正当性のある意見だ。





>「私は革命を起こしたい!」宮本エリアナは笑いながら付け加えた。「一夜にして変えることはできないけど、100年か200年後には純粋な日本人なんて殆ど残っていない!だから私たちは、私たちが考える方法で今から変革を開始しなければならない!」


日本政府が今の調子で外国人労働者(移民)を増やす政策を継続・拡大していけば、宮本エリアナの予言どおりに、100年か200年後には純粋な日本人なんて殆ど残らない。
●関連記事
改正入管法成立!永住権拡大し移民増加へ・高技能外国人の正体・韓国人は不法滞在でも強制退去なし
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5478.html


移民受け入れの拡大は、日本人を滅ぼし、日本を滅ぼす!

ヨーロッパでは、何十年も前から移民受入れをしてきたが、間違いだったと気が付いて、今は移民追放に動いている。

日本は、最初から移民を受け入れなければ良い。

それにしても、自分がハーフで、純日本人に対して逆恨みを抱いている宮本エリアナの考えていることは、異常だ!

「日本人の母とアフリカ系米国人の父を持つ」らしいが、母親は純粋な日本人なのだろうか?!

最近、宮本エリアナと顔が似ている水原希子(みずはら きこ)という女優がNHK大河ドラマ『八重の桜』やフジテレビの複数のドラマに頻繁に出演しているが、彼女は父親がアメリカ人、母親が在日韓国人の完全なハーフ(米国人50%×朝鮮人50%)であり、国籍もアメリカだ。
画像

つまり、水原希子は全く日本人ではないのに、なぜか日本人のように日本のテレビで活躍している。

日本人という(宮本エリアナの)母親も、帰化して日本国籍を取得したが元々は朝鮮人だった可能性も低くない。



http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1434733046/
【芸能】ミス・ユニバ宮本エリアナ「私は革命を起こしたい。100年か200年後には純粋な日本人はほとんどいなくなるから」★4
――――――――――
34 :名無しさん@恐縮です@転載は禁止:2015/06/20(土) 02:06:15.84 ID:otcvXIZ+0
「革命を起こしたい。一晩で変えることはできないけど、100年か200年後には純粋な日本人はほとんどいなくなっているから、
私達は考え方を変え始めないといけない。」

http://news.yahoo.com/black-miss-japan-fights-race-revolution-041830696.html
以下、海外の反応。

・こいつは一体、何を言ってるんだ?

・この人、長崎出身なのか…アメリカが原爆を落とした場所だ

・人種差別に人種差別で対抗するのか。

・それってISILが仏教の寺院を破壊するのと同じ行為なんだが。

・どうして日本が人種的に多様化しなければいけないんだ?

・文化を犠牲にしなくても人種の多様性は得ることはできる。日本は古い文化遺産を維持しながら近代化した数少ない国。

・日本には今のままの日本でいてほしい。

・フランス、イギリス、アメリカ、オーストラリア、南アフリカ、スウェーデン、チベット…人種の多様性を得ると文化は犠牲になるよ。
――――――――――






さて、宮本エリアナのような日本代表として不適格者を選ぶ「ミス・ユニバース・ジャパン」についてだが、ライセンスを所持して企画・運営を行っている会社が実は韓国の影響を受けている企業だった可能性が高まっている。

ミス・ユニバース・ジャパンのライセンスを所持し、企画・運営を行っている【株式会社HDR】は、韓国の悪徳企業【CJグループ】CJビルに事務所を置いていた!

株式会社HDR
http://ibgjapan.com/index.html
画像
ミス・ユニバース・ジャパン
http://ibgjapan.com/intro.html
弊社について
HDRは、日本のファッションとエンターテインメント業界の顧客を専門に流行を創りだす国際的な会社です。ミス・ユニバース・ジャパンのライセンスを所持し、企画・運営を行っています。


http://ibgjapan.com/corporatedata.html
会社概要
会社名 = 株式会社HDR
設立 = 2001年9月3日
本社所在地 = 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 4-11-15 -1F
事務所住所 = 〒105−0003 東京都港区西新橋2-7-4 CJビル6階
連絡先 = MUJ事業:050-5846-6127 太陽光・不動産:050−5820−7327
代表取締役 = 早間 央
事業内容 = 繊維製品製造販売、ミス・ユニバース日本大会の各種イベント、パーティー、ファッションショーなどの催事企画、制作、管理及び運営


CJビルに注目

http://cjent.jp/aboutus2.html
画像
CJ Entertainment Japan株式会社
会社概要
所在地 = 〒105-0003 東京都港区西新橋2-7-4 CJビル

株主 = 【韓国】 CJ E&M Corp.
役員
代表取締役社長  劉永敏
代表取締役     與田尚志
取締役        鄭泰成
取締役        徐賢東
取締役        倉内均
監査役        具寛謨
監査役        長谷川泰久


https://ja.wikipedia.org/wiki/CJ%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97
画像
CJ Corporation=CJグループ
CJグループ
CJグループとは、大韓民国の企業グループである。会長は李在賢(イ・ジェヒョン)。
日本においては、2002年に現地法人「シージェイジャパン株式会社」を設立。本社所在地は東京都港区西新橋。


韓国CJグループは、会長が脱税をする悪徳企業!

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM29059_Z20C13A5FF1000/
韓国CJグループ会長宅を捜索 脱税などの疑いで
2013/5/29 19:10、日本経済新聞

 【ソウル=小倉健太郎】韓国のソウル中央地検は29日、食品などを手掛ける中堅財閥CJグループの李在賢(イ・ジェヒョン)会長宅を家宅捜索した。検察はCJグループが借名口座に蓄えた秘密資金で株式などの売買を繰り返したとして、脱税などの疑いがあるとしている。21日にはCJグループ本社などを調べていた。李会長はサムスン電子の李健熙(イ・ゴンヒ)会長のおいに当たるが、事業上の関係はない。



ミス・ユニバース・ジャパンのライセンスを所持し、企画・運営を行っている【株式会社HDR】の代表取締役の早間央は、【株式会社アジェット(7853東証第二部)】の代表取締役でもあり、当社の本社所在地は、やはり【〒105-0003 東京都港区西新橋2- 7-4 CJビル6F】 となっている。(ソース

つまり、【株式会社HDR】(ミス・ユニバース・ジャパン)は、韓国でも脱税で捕まるような悪徳韓国企業の日本の現地法人【シージェイジャパン株式会社】CJビル内に事務所を置いている会社だった。

韓国の悪徳企業であるCJグループのCJビル内に事務所を置いている【株式会社HDR】(ミス・ユニバース・ジャパン)も、少なからず韓国の影響を受けている会社であることは、容易に想像がつく。







●関連記事
「人種差別で虐められた。世界に人種問題を伝えたい。」ミス・ユニバース日本代表の宮本エリアナ
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5865.html
(一部抜粋)

宮本エリアナの場合には、日本人とアフリカ系アメリカ人のハーフであることは問題ないとしても、内面に問題があり、普段の生活態度が悪く、人との接し方にも問題がある。

↓こんな奴を選んではいけない。


画像
中卒で16歳から水商売してた?

画像

画像

画像

「人種差別でいじめられた経験があり、世界に人種問題を伝えたい。」

http://www.huffingtonpost.jp/2015/05/07/miyamoto-ariana-interview_n_7229170.html
宮本エリアナさん「人種への偏見、日本と世界からなくしたい」【ミス・ユニバース日本代表】
2015年05月10日 21時43分

画像

(一部抜粋)

ミス・ユニバース日本代表に選ばれた宮本エリアナさん(20)は、長崎県佐世保市の出身で、日本人の母親とアフリカ系アメリカ人の父親を持つ。ハーフとして初めて日本代表になった彼女は「日本と世界から人種への偏見をなくしたい」と訴えている。

ミス・ユニバース日本代表に選ばれた後、「ミス日本は両親が日本人でなければ」などと一部で批判の声が出たことについては、「日本で生まれ、日本で育っているのに、日本人ではないのであれば、ハーフの私たちは何人なのでしょう?」と指摘した。

――宮本さんはアフリカ系アメリカ人のお父さんと日本人のお母さんのハーフですが、そうした理由で子供のころ、日本で苦労された経験はありましたか?

ゴミを投げつけて笑われたり、知らんぷりされたりしました。「色が移る」と言われて、遠足や運動の時間に手をつないでくれませんでした。プールの時間もそう言われました。日本生まれ日本育ちなのに「アメリカへ帰れ!」と言われました。小さい時、5歳くらいまでですが、なぜ自分だけ外見が違うのか疑問を感じていました。

――逆にアメリカの高校ではどうだったでしょう?

アメリカはいろんな国の人がいるので、自分らしく生活ができると思います。アメリカでは多くの人が大らかでフレンドリーでした。また、自分の意見を明確にしっかり伝える人が多いと感じました。

画像

――ハーフの宮本さんが日本代表に選ばれたニュースが、日本や世界で報道され各地で議論が起こりました。このことについて、どう思いましたか?

日本はグローバル化していると言いますが、まだ根本的なことが変わっていないと思います。というのは、例えば、仕事では海外の人を使うのに、いざハーフの人たちが「自分は日本人だ」と言っても否定されてしまうのです。そういったことを見ると「ハーフ=日本人」と、心からは受け入れてもらえていないのでは、と感じます。

画像

――現在、日本とアメリカの二重国籍とのことですね。22歳までにはどちらかの国籍を選ぶ必要が出てきますが……。

私は、生まれも育ちも日本です。アメリカの学校に通っていた時期もありますが、休みのときなどに日本に帰ってくると「あぁ、私は日本人だなぁ」とホッとしました。そんな自分のことを日本人だと思っているので、国籍は日本を選びます。



つまり、宮本エリアナは、高校生活を過ごした『アメリカでは多くの人が大らかでフレンドリーでした』が、日本では『ゴミを投げつけて笑われたり、知らんぷりされたりしました。「色が移る」と言われて、遠足や運動の時間に手をつないでくれませんでした』と主張しており、今後はこれらのことを世界中に訴えるのだという。

日本においても、高校生以上では、人種差別なんて滅多にない。

実際に、最近、宮本エリアナは、黒人と日本人のハーフであることを自慢し、大喜びしている。

画像

いや、いいよ、いいよこれ!!
んー、たまらん!!!!!!
最近本当に自分はブラックで良かったって思う。
今もそうだけど、今まで散々周りから色々言われてきて、日サロ行ってる子とか、ブラックに憧れてる子とか理解できなかったけど、今は自分にすごく自信もててる!!
プライドだって人一倍ある。
だってこの色はいくら焼いたって作り出せないもん!!
本当にブラックの血が入った人じゃないと出せない色。
髪の毛もそう。
カラダ、スタイル、筋肉もそう。
全てをありがとう。


宮本エリアナによる上の記述こそ、人種差別といえるのではないか?!

2013年になったら、宮本エリアナは、完全に「ブラックの血」を優位な血として認識して主張している。

それなのに、今頃ミス・ユニバース日本代表に選ばれて、「日本では子供の頃に人種差別で虐められた。世界に人種問題を伝えたい。」などと言うのは、どう考えてもおかしい!


▼アメリカにおける人種差別の歴史▼

1919年、日本は国際連盟規約宣言の中に人種平等の原則(人種差別撤廃条項)を挿入することを提案し、17票中11票の賛成を得たが、委員長ウィルソン大統領(米)は、「斯かる決議には全員一致を要する」との理由で拒絶。

1922年、アメリカ最高裁が「黄色人種(日本人)の帰化権はない」と判決。すでに帰化した日本人の権利まで剥奪できるとした。

1924年、「絶対的排日移民法」が成立。米国は、ヨーロッパからは毎年何十万人もの移民を入れていた時、日本人移民を一人も入れない法律を作った。

1950年に勃発した朝鮮戦争においても、黒人士官や黒人と白人の混合部隊の実現せず。

1960年代、多くの図書館やスケート場、プールや海水浴場などにおいて、有色人種の入場を拒否したり、人種別の出入り口や人種別の席などを設けたりしていた。

1970年、黒人投票権法にジョンソン大統領が署名(文盲テストの廃止)
1971年、アメリカ南部の半数以上の黒人は、ようやく選挙人登録がなされ、投票権を得た。


<iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=deliciousicec-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4396113986&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1<iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=deliciousicec-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4569824013&ref=qf_sp_asin_til&fc1=000000&IS2=1
左:『21世紀の「脱亜論」――中国・韓国との訣別』 西村幸祐著 2015/4/2
中:『パラオはなぜ「世界一の親日国」なのか〜 天皇の島ペリリューでかくも勇敢に戦った日本軍将兵』井上和彦著 2015/3/12
右:『日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ)』富田安紀子著 2015/5/15

「ミス・ユニバ日本代表が酷すぎる!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

カテゴリ:売国奴、工作員、スパイ

前へ | 次へ

コメントを見る(100)
コメントを書く
トラックバック(9)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン


Powered By FC2ブログ