正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
本当の歴史と外交! 日本国民の生命と財産と自由を守る核武装!取り戻せ、拉致被害者と領土と国家の誇り!がんばれ!維新政党・新風!
201503<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201505
旭日幟がアジア・アフリカ会議(バンドン会議)で翻った!インドネシアGJ!韓国は大統領不参加
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






ジャカルタの旭日旗 旭日幟がアジア・アフリカ会議(バンドン会議)で翻った!インドネシアGJ!不参加の韓国は発狂か
アジア・アフリカ会議(バンドン会議)のジャカルタ会場に翻っていた旭日幟(旭日旗)!(画像


4月19日から4月24日までインドネシアのジャカルタとバンドンで開催されたアジア・アフリカ会議(バンドン会議)で、旭日旗(縦長なので正しくは「旭日幟」というべきか)が掲揚されていた!

愛国画報 from LA」によると、その幟(のぼり)は、巾約50cmで長さ2.5m位の大きさで、上部は紅白のインドネシア国旗が描かれ、中央部分に旭日が描かれていた!

http://yohkan.seesaa.net/article/417988810.html
ジャカルタの旭日旗

(一部抜粋)

ジャカルタにお住まいの読者、Torpicassoさん
「その中で、何だかよくわからない旗もあります。戦国時代の巾約50cmで長さ2.5m位の縦長の旗なんです」
「上部は上が赤で、下が白字になっていて、これはインドネシア国旗を意味しているのだろうと思いますが、その下の縦長部分に何と「旭日旗」をクロップした様な旗の図柄なんですよ!」


うわ、何だか、面白そう。と云うことで、早速、写真を送って頂いた。

ジャカルタの旭日旗 旭日幟がアジア・アフリカ会議(バンドン会議)で翻った!インドネシアGJ!不参加の韓国は発狂か

おおお、コレってまさに戦国武将の旗差し物じゃないか。目にも鮮やかな旭日が、何とも勇ましい。

この旗、日本サッカー協会なら、スタジアムへの持ち込みを禁止するだろう。朝日新聞なら軍靴の音が聞こえ、朝鮮人は発狂する。

インドネシアの独立は、日本が欧米列強の植民地支配を打破したからこそ実現した。大東亜戦争終結後、一部の日本軍兵士は現地に残り、独立戦争に参加し活躍した。

そのあたりの歴史を、インドネシアの人々がしっかり認識してくれているからこそ、旭日旗が登場するのだ。

ジャカルタの旭日旗

素敵な旗を作り、首都に飾ってくれたインドネシアの人々に感謝したい。両国の友情をますます深めたい。そんな気持ちを込めて、上のイラストを描いた。



確かに、上部がインドネシア国旗で、中央部分には旭日が描かれている。
インドネシア国旗
インドネシア国旗

旭日旗
旭日旗

1945年から1949年までの4年5ヶ月に及んだオランダとのインドネシア独立戦争でも、インドネシア独立軍の旗には旭日が描かれていた!
インドネシア独立軍の旗
インドネシア独立軍の旗

記念すべき最初(第1回)のアジア・アフリカ会議は、60年前の1955年に、インドネシアのバンドンで開催され、インドネシア、インド、パキスタン、ビルマ、スリランカ、日本などの29カ国が参加して、反植民地主義と反帝国主義を訴えた。

それから、ちょうど60年の節目の今年、アジア・アフリカ会議発祥の国インドネシアのジャカルタとバンドンで盛大に開催されたのが、今回のアジア・アフリカ会議(バンドン会議)だった。

日本では、安倍晋三首相と習近平支那国家主席との会談ばかり報道されたが、60周年のアジア・アフリカ会議(バンドン会議)は、バンドン会議60周年記念の超大型国際イベントだった。

アジア・アフリカ会議(バンドン会議)日支首脳会談
4月22日の日支首脳会談

その会場に掲揚されていたのが、上部に開催国のインドネシア国旗が描かれ、その下の中央部に旭日が描かれた幟(のぼり)だった!

「インドネシア、GOOD JOB!」としか言い様がない。





では、旭日っぽい物を見ると何でも発狂して大騒ぎする韓国人は、なぜこの旭日幟≒旭日旗(韓国では「戦犯旗」)に発狂して大騒ぎしなかったのか?

実は韓国は、この記念すべき60周年のアジア・アフリカ会議(バンドン会議)を軽視し殆ど無関心だった。

大統領の朴槿恵は、早々とバンドン会議への不参加を決定し、南米4か国の旅に出て、バンドン会議に出席したのは韓国の政権ナンバー4のファン・ウヨ副首相だった。

バンドン会議の招待状を受け取った109カ国のうち32カ国の首脳が1週間前に出席を通知し、その他の77か国も副大統領などナンバー2クラスが率いる代表団を送り込んだ。

しかし、韓国だけは、東南アジア軽視のためか、外交音痴のためか、全く知られていないナンバー4の副首相をバンドン会議に送った。

109カ国最高位級代表団を一堂に集めたのは、記念すべき60周年のアジア・アフリカ会議(バンドン会議)ということもあるだろうが、2億5千万人という世界第4位の人口を持ち、経済的にも現在のGDP世界第16位からトップ10を目指している資源大国インドネシアを重要視しているからだ。

この国際的大イベントに、日本も支那も首脳が参加したというのに、アホ丸出し韓国は、誰も知らないナンバー4を送って茶を濁した。

その頃、韓国大統領の朴槿恵は、南米4か国を訪問して現地在住の韓国人の同胞たちと会うなどしていた。

韓国は、本当にずれている。

考えようによっては、そのお蔭で、記念すべき60周年のアジア・アフリカ会議(バンドン会議)の会場に翻る旭日幟≒旭日旗(韓国では「戦犯旗」)に気が付かなかったから幸せだったのかもしれない。

韓国は、今回のアジア・アフリカ会議(バンドン会議)について、安倍首相の演説に「謝罪がないニダ!」と火病を発症させ、安倍晋三首相と習近平支那国家主席との会談で「ウリナラ(韓国)が孤立の危機ニダ!アイゴー(哀号)!」と嘆いている。


安倍首相は、アジア・アフリカ会議(バンドン会議)の演説で、先の大戦の深い反省をのべたものの、「お詫び」には言及しなかった。

日本政府関係者は、「反省はし続けるものだが、お詫びは何度も必要ない」と説明した。

アジア・アフリカ会議(バンドン会議)の安倍首相演説。ただ、村山富市首相談話に記載されていた植民地支配や被害国への「お詫び」に関しては言及しませんでした。安倍首相は新しい戦後70周年談話から「侵略」と「

安倍首相はバンドン会議で演説「武力行使をしない原則を、日本は、先の大戦の深い反省とともに、いかなる時でも守り抜く国であろうと誓いました」。村山談話の植民地支配や被害国への「お詫び」に関しては言及せず。

安倍首相はバンドン会議で演説「武力行使をしない原則を、日本は、先の大戦の深い反省とともに、いかなる時でも守り抜く国であろうと誓いました」。村山談話の植民地支配や被害国への「お詫び」に関しては言及せず。
(画像等:真実を探すブログ
■動画
「大戦への深い反省」示した安倍総理の狙いとは・・・(15/04/22)
https://www.youtube.com/watch?v=o0_yez1oMMA

テロ朝ニュース
(一部抜粋)
安倍首相はバンドン会議で演説を行い、「(武力行使をしない)この原則を、日本は、先の大戦の深い反省とともに、いかなる時でも守り抜く国であろうと誓いました」と述べ、改めていかなる時でも守り抜く国であることを強調しています。

ただ、村山富市首相談話に記載されていた植民地支配や被害国への「お詫び」に関しては言及しませんでした。安倍首相は新しい戦後70周年談話から「侵略」と「お詫び」の言葉を削除する方針を打ち出しており、安倍首相に疑問や懸念の声が相次いでいます。


↓ ↓ ↓

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150424-00000018-rcdc-cn
安倍首相の「謝罪なし」演説に、韓国が遺憾の意を表明=米国ネットは「日本は国として存在する限り謝罪し続けなければいけないのか?」と批判の声多数
Record China 4月24日(金)8時13分配信
安倍首相の「謝罪なし」演説に、韓国が遺憾の意を表明=米国ネットは「日本は国として存在する限り謝罪し続けなければいけないのか?」と批判の声多数

2015年4月23日、AP通信は、安倍晋三首相が22日、アジア・アフリカ会議(バンドン会議)で行った演説で、第二次世界大戦における日本の侵略行為について謝罪の言葉を述べなかったことについて、韓国政府が遺憾の意を表明したと報じた。

安倍晋三首相は22日、アジア・アフリカ会議(バンドン会議)で行った演説で、第二次世界大戦における日本の侵略行為について、歴代の首相がこれまで使っていた表現のうち「深い反省」を述べたものの、「心からのおわび」という表現を使わなかった。これを受けて、韓国外交部は「安倍首相の演説には、謝罪と反省という重要な表現を省略したことは非常に遺憾である」との見解を示した。また、中国外交部の洪磊(ホン・レイ)報道官は、「日本が侵略の歴史を直視し、反省することで、アジアの近隣諸国と和解し、国際社会の信用を得ることを希望する」と述べた。

この報道に、米国のネットユーザーからは批判の声が多く上がっている。

「なぜ日本は謝罪し続けなければいけないんだ?とっくの昔に謝罪したじゃないか。日本は野蛮な国ではないし、侵略国家でもない。今の世代の日本人は70年前の第二次世界大戦の戦争の罪について謝罪する必要はない。そして中国は今、とても攻撃的で、日本を含む国々の領土を手に入れようとしている。中国こそ、近隣国への嫌がらせを辞めるべきだと思う。日本は他国を植民地支配することに興味を持っていないだろうし、戦争の恐ろしさを知っていると思う」

「中国は毛沢東の肖像画を高く掲げるのをやめたらどうだろう?彼は何千万人もの自国民を絶路に追いやった責任がある」

「習氏はチベットの人たちに謝罪すべきだと思う」

「中国は常に日本のあら探しをしたがっていて、謝罪を求めている。世界中の国々は第二次世界大戦後の日本の貢献に感謝している。中国の計略はうまくはいかないよ。日本は中国の領土拡大に十分注意してほしい。私たちは日本を大切に思っているよ」

「第二次世界大戦の恐ろしいできごとについて十分に謝罪できる人間はいない。記憶にとどめ、過去から学び、未来に向かって歩いて、世界をより良くしていくべきだ」

「今生きている日本人の99%が第二次世界大戦とは関係ない。現代の白人のアメリカ人に対して200年前の奴隷制度について黒人に謝罪するよう求めているようなものだ。過去の罪を関係のない人々に押し付けることはもうやめるべきだ」

「私はアメリカの奴隷制度について謝罪しないよ。なぜなら、奴隷に会ったこともなければ奴隷を家に置いていたこともないんだから。犠牲になった人たちの行為に対して責任を負うつもりはない」

「何百万年も謝罪し続けなければいけないのか?」

「では日本は、国として存在する限りずっと謝罪し続けなければいけないのか?ばかげている」
(翻訳・編集/蘆田)



そして、韓国人どもは、安倍晋三首相と習近平支那国家主席との会談については「ウリナラ(韓国)が孤立の危機ニダ!アイゴー(哀号)!」と嘆いている。
日中首脳会談を報じた23日付の韓国各紙(共同)
日中首脳会談を報じた23日付の韓国各紙(共同)

http://www.sankei.com/world/news/150426/wor1504260007-n1.html
朴槿恵大統領の外遊中に日中歩み寄り…韓国メディア衝撃 孤立に危機感
2015.4.26 06:00更新、産経新聞

 【ソウル=名村隆寛】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は12日間にわたる中南米歴訪を終え、27日に帰国する。大統領の外遊中、アジア・アフリカ会議(バンドン会議)首脳会議が開かれたインドネシア・ジャカルタでは、約5カ月ぶりに日中首脳会談が実現。日中が歩み寄る姿勢をみせ、“韓国の孤立化”が懸念される中での帰国に注目が集まりそうだ。

 朴大統領は今回、コロンビアに次いでペルー、チリ、ブラジルを訪れた。各国首脳とは貿易や投資拡大など経済協力を中心に協議したという。韓国政府は大統領の帰国後、歴訪の成果を強調する見通しだ。

 外遊中の22日には日中首脳が会談し、23日の韓国各紙は、会議での安倍晋三首相の演説に加え、日中首脳会談の様子を写真を添えて1面で報じた。昨年11月の首脳会談では、習主席がぶぜんとした表情で安倍首相とあいさつしており、韓国メディアはこのときと今回の写真を並べて紹介した。

 とりわけメディアが一様に衝撃を受けたのは、中国側、習主席の態度の変わりようだ。歴史認識をめぐり、韓国と対日共闘の姿勢を取っていた中国が融和的ともとれる姿勢に転じたことに、韓国では一種の焦燥感さえ感じられる。

 朝鮮日報は社説で、「日中が5カ月ぶりにまた首脳会談を行ったのに、韓国は孤立を避ける戦略があるのか」と、韓国の外交戦略を問題視した。同紙は他の記事でも、「中国をなだめ、韓国にはそっぽを向く日本」と“日本謀略論”を展開した。


 韓国外務省報道官は、「韓日中首脳会談の早期開催のために韓国は努力している。日中関係が改善するなら、韓国側の努力の助けになる」(23日の定例会見)と“韓国孤立論”を否定した。

 朴大統領は旅客船沈没事故から1年となる16日に出国。その後、側近の裏金疑惑で李完九(イ・ワング)首相が辞意を表明したこともあり、世論は冷めている。「国内が混乱し、日中が再接近しているときに地球の裏側にいるとは」(韓国メディア)と、中南米歴訪の意義さえ疑問視する向きもある。






(参考)
ムルデカ 17805 インドネシア独立と日本軍兵士
■動画
ムルデカ 17805 インドネシア独立と日本軍兵士
https://www.youtube.com/watch?v=3Q_4DuH1K08


ジョージ・S・カナヘレ(アメリカ、ハワイ日本経済協議会事務局長・政治学博士)
日本占領軍がインドネシア民族主義のために行った種々の仕事の中で、最も重要なものの一つは、正規軍及び准軍事組織を創設して、それに訓練を与えた事である。


▼インドネシア人の歴史認識▼

インドネシア・モハメッド・ナチール 元首相
アジアの希望は植民地体制の粉砕でした。
大東亜戦争は私たちアジア人の戦争を日本が代表して敢行したものです。


インドネシア・アラムシャ 元第3副首相
我々インドネシア人はオランダの鉄鎖を断ち切って独立すべく、350年間に亘り幾度か屍山血河の闘争を試みたがオランダの狡知なスパイ網と強靱な武力と苛酷な法律によって圧倒され壊滅されてしまった。
それを日本軍が到来するや、たちまちにしてオランダの鉄鎖を断ち切ってくれた。
インドネシア人が歓喜雀躍し感謝感激したのは当然である。


インドネシア・サンパス 元復員軍人省長官
特にインドネシアが感謝することは戦争が終わってから日本軍人約1000人が帰国せず、インドネシア国軍と共にオランダと戦い、独立に貢献してくれたことである。
日本の戦死者は国軍墓地に祀り、功績を讃えて殊勲章を贈っているが、それだけですむものではない。


日本の戦争目的は植民地主義の打倒であった。
その目的の大半は達成したが、南アフリカ、アジアにまだ残っている。
そんな時に行った村山演説は、植民地主義打倒の悲願を放棄したことになる。
村山さんは日本の果たしてきた歴史を踏まえ、A・A(アジア・アフリカ)の悲願を代表して、まだ残る植民地主義を攻撃すべきであった。
かつての日本は、スカルノ、ハッタ、バー・モウ(アウンサン)、ラウレル、アキノ、汪兆銘、チャンドラ・ボース等を応援したのに、たった一度の敗戦で大切な目的を忘れてしまったのは遺憾である。



プン・トモ=インドネシア人。元情報相。 昭和32年の来日の際の発言より
日本軍が米・英・蘭・仏をわれわれの面前で徹底的に打ちのめしてくれた。
われわれは白人の弱体と醜態ぶりをみて、アジア人全部が自信をもち、独立は近いと知った。
一度持った自信は決して崩壊しない。
…そもそも大東亜戦争はわれわれの戦争であり、われわれがやらねばならなかった。
そして実はわれわれの力でやりたかった。


アリフィン・ベイ=インドネシア人。政治学者。ナショナル大学日本研究センター所長。
日本が戦争に負けて日本の軍隊が引き上げた後、アジアに残っていたのは外ならぬ日本の精神的、技術的遺産であった。
この遺産が第二次大戦後に新しく起こった東南アジアの民族独立運動にとって、どれだけ多くの貢献をしたかを認めなければならない。
日本が敗戦国になったとはいえ、その精神的遺産は、アジア諸国に高く評価されているのである。
その一つに、東南アジアの教育に与えた影響があげられる。
日本は目標達成のためにどれほど必死にやらなければならないかということを我々に教えたのであった。
この必死の訓練が、後のインドネシア独立戦争の時に役立ったのである。


サイデマン・スリヨハデイブロジョ=インドネシア人。陸軍大学長、駐日大使、外務省上級大使などを歴任。
かつて日本は我々に自信と敢闘精神を教えてくれました。
日本軍政の最大の功績はベタを創設したことですが、インドネシア語を普及したことも多種多様なインドネシアの団結に偉大な役割を果たしました。
日本に学べというのは、日露戦争以降今日まで続いているアジアの伝統的な姿勢です。
独立運動の指導者、スカルノとハッタが演説のなかで繰り返し言ったことは、一九〇五年の日露戦争における日本の勝利についてでした。
これこそ我々が白人に勝てる証明だと。


ケマル・イドリス=インドネシア人。ペタ出身。元中将。
日本精神は我々にとって一番。
なぜなら、日本精神で我々はオランダに向かったのです。
我々はこの精神を独立戦争に持ち込み、その結果、独立を達成したのです。
我々は武器はなく、たとえ竹槍で戦っても、勇敢でした。
だから我々は独立戦争の基本となった軍事能力を与えてくれたことに大変感謝しているのです。



■皇紀で記されたインドネシア独立宣言■
インドネシアの10万ルピア札にスカルノとハッタの肖像画の中央に独立宣言文が記載されている。
インドネシアの10万ルピア札にスカルノとハッタの肖像画の中央に独立宣言文が記載されている。
PRIKLAMASI.
 Kami bangsa Indonesia dengan ini menjatakan kemerdekaan Indonesia.
 Hal-hal jang mengenai pemindahan kekoeasaan d.l.l., diselenggarakan dengan
tjara seksama dan dalam tempo jang sesingkat-singkatnja.
 Djakarta, hari 17 boelan 8 tahoen 05
 Atas nama bangsa Indonesia.
 Soekarno/Hatta

年号に注目して頂きたい。
05年とある。
この05年とは皇紀2605年を表している。


独立宣言
 我らインドネシア人民はここにインドネシアの独立を宣言する。
 権力及びその他の委譲に関する事柄は、完全且つ出来るだけ迅速に行われる。
 ジャカルタ、(皇紀26)05年8月17日
 インドネシア人民の名において
 スカルノ/ハッタ

皇紀2605年は西暦1945年だ。




オランダとの独立戦争で指揮を取った多くの日本兵は戦死しました。
インドネシアの独立に戦った日本軍への敬意として、インドネシアの独立記念日に日本軍兵士を英雄として称えています。
独立記念日に多くの「日の丸」を掲げられました。そして日本軍の軍服を着た日本兵士に扮して日本兵を独立式典に迎えました。
日本軍を英雄として称える親日国です。
現在では、このような「日の丸」や「日本軍」の服装をして行う式典はなくなりました。
日本兵を先頭に行進インドネシア
日本兵を先頭に行進
(昔の独立記念日の様子 現在ではこのような光景は見られません)

「日の丸」を掲げ称えるインドネシアの子供達
「日の丸」を掲げ称えるインドネシアの子供達



ジャカルタの旭日旗 旭日幟がアジア・アフリカ会議(バンドン会議)で翻った!インドネシアGJ!不参加の韓国は発狂か
2015年のアジア・アフリカ会議(バンドン会議)のジャカルタ会場に翻っていた旭日幟(旭日旗)


――――――――――
維新政党・新風より、統一地方選挙の結果を報告します。
応援、投票、ありがとうございました。


前半戦
当選!島根県議会:小沢秀多氏5727票(6.7%)現職
落選 名古屋市議会:筬島直人氏876票(1.2%)新人
落選 広島市議会:伊藤真二氏1338票(1.2%)新人

後半戦
落選 船橋市議会:川畑賢一氏1356票(0.8%)現職
落選 中央区議会:白須夏氏500票(1.0%)新人
当選!港区議会:赤坂大輔2359票(3.6%)現職
落選 枚方市議会:川東大了氏1226票(0.8%)新人
落選 明石市議会:藤本昌弘氏1095票(1.0%)新人
――――――――――



左:『21世紀の「脱亜論」――中国・韓国との訣別』 西村幸祐著 2015/4/2
右:『パラオはなぜ「世界一の親日国」なのか~ 天皇の島ペリリューでかくも勇敢に戦った日本軍将兵』井上和彦著 2015/3/12

「アジア・アフリカ会議で旭日幟!インドネシア、ありがとう!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:国際政治 - ジャンル:政治・経済

TBSがワ支局長を左遷!韓国軍向けベトナム人慰安婦をスクープの山口敬之TBSワシントン支局長
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






TBSのワシントン支局長だった山口敬之
TBSのワシントン支局長だった山口敬之は、韓国軍がベトナム戦争でベトナム人慰安婦を使った慰安所を設置していたことを証明する米公文書などを発見。
TBSでスクープしようとしたが、却下されたため、「週刊文春」に記事を掲載したら左遷された!


TBSが韓国軍のベトナム人慰安婦をスクープしたワシントン支局長を左遷

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150426/dms1504261140005-n1.htm
TBS支局長“左遷”のナゼ 『文春』で「韓国軍慰安所」スクープ
2015.04.26、zakzak

TBS支局長“左遷”のナゼ 『文春』で「韓国軍慰安所」スクープ
スクープを物にした社員に不可解な人事異動を通告したTBS

 韓国軍がベトナム戦争中にサイゴン(現ホーチミン)に「慰安所」を設けていた-とするスクープ記事を「週刊文春」に掲載したTBSの山口敬之ワシントン支局長が、同社から15日間の出勤停止処分を受け、営業局ローカルタイム営業部への異動を内示されていたことが25日、分かった。関係者の間では、取材の成果を他社の媒体に発表したため左遷されたという見方も広がっている。

 記事は3月26日発売の文春に掲載された。山口氏が米国内で発見した公文書に「韓国軍による韓国兵専用の慰安所」の存在が明示されていたとする内容で、これを裏づける元米軍海兵隊幹部の証言も盛り込まれている。

 朝日新聞が大誤報を認めたことで、日本の慰安婦問題の核心である「強制連行」の根拠は崩壊したが、いまだに韓国は筋違いな「解決」を求め続けている。韓国軍の慰安所の存在が明らかになれば、これまでの日本への批判は天に唾するものだったことが白日の下にさらされることになる。

 まさに「意義あるリポート」(ジャーナリストの室谷克実氏)といえるが、これだけの歴史的スクープをなぜ自社で報道しなかったのか。そして、なぜスクープを物にした有望社員が突然、異動の憂き目にあったのか。

 TBS関係者は「ローカルタイム営業部というのは関東ローカルの番組を扱う部署で、花形とは言いがたい。門外漢である記者、しかも海外支局長クラスを送り込むというのは、嫌がらせとしか思えない」と述べ、今回の異動が出勤停止処分と併せた事実上の左遷であるとの見方を示す。

 TBS広報部は、夕刊フジの取材に「人事についての詳細は公表しておらず、お答えできない」としているが、憶測は広がるばかりだ。



>韓国軍がベトナム戦争中にサイゴン(現ホーチミン)に「慰安所」を設けていた-とするスクープ記事を「週刊文春」に掲載したTBSの山口敬之ワシントン支局長が、同社から15日間の出勤停止処分を受け、営業局ローカルタイム営業部への異動を内示されていたことが25日、分かった。関係者の間では、取材の成果を他社の媒体に発表したため左遷されたという見方も広がっている。


TBSワシントン支局長だった山口敬之は、TBS「ニュース23」の筑紫哲也に何度も反抗したために、米国に飛ばされたそうだ。(ソース

TBSワシントン支局長だった山口敬之は、ワシントンに赴任する直前の2013年、外交関係者から「韓国軍がベトナムで慰安所を経営していた情報がある」と聞き、ワシントンに赴任後、ワシントンなどの公文書館や、各地の米軍基地付属の図書館や資料館を訪ねて、関連する文書を精査した。

ワシントン支局長となった山口敬之は、ベトナム戦争において韓国軍がベトナム人を慰安婦にした慰安所「トルコ風呂」(Turkish Bath)を設置していたことを知り、米国の公文書でも確認した。

山口敬之は、このスクープを報道しようとしたが、TBS局内では無視され続け、結局は「報道しない」と回答されたため、当該スクープ記事を3月26日発売の『週刊文春』(4月2日号)に掲載した。

そもそも、日本の国益となるスクープなのに、自社で報道しなかったTBSが異常だったのだ!

TBSは、「国民の知る権利」を完全に踏み躙った!

なお、山口敬之は、自身のFacebookで、次のとおり説明している。

TBS支局長“左遷”のナゼ 『文春』で「韓国軍慰安所」スクープ - コピー
山口 敬之

今日の夕刊フジの記事についてたくさんのお問い合わせをいただいたので、この場でご説明させて下さい。

私が4/23付でTBSワシントン支局長の任を解かれ、営業局への異動を命じられたのは事実です。ですから、もう私は「TBSの記者」ではありません。

なお、この異動と懲戒処分に際しては、私の週刊文春への寄稿内容ではなく、寄稿に至る手続きが問題とされました。見解の相違はありますが、今回の懲戒処分がTBSの報道姿勢に直接リンクするものではない事は、ご理解をいただけたらと思います。

PS:
自分の異動に関する新聞記事を読みながら食べる餃子は、不思議な味がしました。うまかったけど…
4月25日






>記事は3月26日発売の文春に掲載された。山口氏が米国内で発見した公文書に「韓国軍による韓国兵専用の慰安所」の存在が明示されていたとする内容で、これを裏づける元米軍海兵隊幹部の証言も盛り込まれている。


ベトナムで韓国軍がベトナム人を慰安婦にした慰安所「トルコ風呂」(Turkish Bath)には、韓国軍大佐の署名入り書類に「韓国軍による韓国兵専用の慰安所である」と記載されているため、韓国軍の公式施設と断定された。

さらに、山口敬之ワシントン支局長は、ベトナム戦争に参戦しあ元米軍海兵隊幹部へのインタビューの結果、次の証言も得た。
(1)韓国軍の慰安所は確かにサイゴン市にあった
(2)サイゴン市内にはさらに大きい別の慰安所もあった
(3)これらの施設は内部が多くのブロックに分かれていて、1区画に20人前後のベトナム人女性が働かされていた


山口敬之ワシントン支局長は、地道な取材努力を重ねて、米国の公文書や関係資料などの証拠とともに、歴史的スクープをTBSで報道する予定だった!

韓国軍のためにベトナム人慰安婦がどのように慰安所「トルコ風呂」に連れてこられたのか、給料に係る詳細などは、今のところ不明のようだ。

山口敬之が3月26日発売の『週刊文春』(4月2日号)に掲載した【米公文書が暴いたベトナムの「韓国軍慰安所」】については、週刊文春WEBの他、概要については産経新聞でも紹介されている。

http://www.sankei.com/politics/news/150329/plt1503290011-n1.html
「韓国軍が慰安所設置」 ベトナム戦争時 米公文書に記述
2015.3.29 21:44更新、産経新聞

 韓国がベトナム戦争時、サイゴン(現ホーチミン)市内に韓国兵のための「トルコ風呂」(Turkish Bath)という名称の慰安所を設置し、そこでベトナム人女性に売春させていたことが29日、米公文書で明らかになった。韓国軍がベトナムで慰安所経営に関与していたことが、公文書として確認されたのは初めて。韓国が朝鮮戦争時に慰安婦を「第5種補給品」として部隊に支給していたことはすでに知られているが、外国であるベトナムでも慰安婦を運用していた実態がうかがえる。

 文書は米軍からベトナム駐留韓国軍最高司令官、蔡命新将軍に宛てたもので、日付は記載されていないものの1969年ごろの通報とみられる。韓国陸軍幹部らによる米紙幣や米軍票などの不正操作事件を説明したもので、その調査対象の一つとして「トルコ風呂」が登場する。

 その中で米軍は、ベトナムの通関当局と連携した調査の結果として「トルコ風呂は、韓国軍による韓国兵専用の福祉センター(Welfare Center=慰安所)」と断じた。また、その証拠として韓国軍のスー・ユンウォン大佐の署名入りの書類を挙げた。

 その上で確認事項としてベトナム人ホステスがいることや「売春婦は一晩をともにできる。料金は4500ピアストル(38ドル)。蒸気風呂とマッサージ部屋は泊まりの際のあいびき部屋として利用できる」ことなどを指摘している。

 この米公文書は、週刊文春(4月2日号)でTBSの山口敬之ワシントン支局長が最初に発表した。

 現代史家の秦郁彦氏「ベトナムにおける韓国軍の住民虐殺、強姦はつとに知られていたが、その陰に隠れて慰安所経営にかかわっていたことが判明したのは、公文書では初めてだと思う。引き続きさまざまな公文書が出てくることを期待する。今後、米国にいるベトナム難民移住者らが声を上げる可能性もあり、韓国に旧日本軍のことを言う資格はないという意見も出るだろう」



韓国は、朴槿恵大統領の父、朴正煕(パク・チョンヒ)大統領時代の1964年、ベトナム戦争に参戦した。

1973年までの8年間で、延べ約32万人を派兵したが、北岡正敏、俊明兄弟が現地調査のうえで執筆した『韓国の大量虐殺事件を告発する-ベトナム戦争「参戦韓国軍」の真実』(展転社)は、膨大な民間人虐殺やレイプが行われたと指摘している。


『韓国の大量虐殺事件を告発する―ベトナム戦争「参戦韓国軍」の真実』北岡俊明著, 北岡正敏著(2014/06)

ベトナム戦争で、韓国軍は、上記の大虐殺や大量レイプをした他にも、TBSワシントン支局長だった山口敬之が報道したように、ベトナム人女性の慰安所まで設置していたのだ。


左:『21世紀の「脱亜論」――中国・韓国との訣別』 西村幸祐著 2015/4/2
右:『パラオはなぜ「世界一の親日国」なのか~ 天皇の島ペリリューでかくも勇敢に戦った日本軍将兵』井上和彦著 2015/3/12

「TBSは、韓国のための反日テレビ局だ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:TBS - ジャンル:テレビ・ラジオ

おいなりさん無残な姿!警固神社の4体壊される(福岡)・神功皇后の三韓征伐を勝利に導いた神祀る
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






おいなりさん無残な姿!警固神社の4体壊される(福岡)・神功皇后の三韓征伐を勝利に導いた神祀る 首の部分が壊されたキツネの石像=同日午前9時45分
神功皇后による【三韓征伐】を勝利に導いた警固大神を祀った警固神社のお稲荷さん(キツネ)の首が無惨にも壊され落とされた!

警固神社の「おいなりさん」4体破壊 深夜の天神で犯行か

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_toshiken/article/165148
おいなりさん無残な姿… 警固神社の4体壊される 福岡・天神 [福岡県]
2015年04月25日(最終更新 2015年04月26日 01時17分)、西日本新聞

倒された警固神社境内のキツネの石像=25日午前10時すぎ、福岡市中央区
倒された警固神社境内のキツネの石像=25日午前10時すぎ、福岡市中央区

首の部分が壊されたキツネの石像=同日午前9時45分
首の部分が壊されたキツネの石像=同日午前9時45分

 25日午前1時ごろ、福岡市中央区天神2丁目の警固神社で、境内にあるキツネの石像4体が壊されていると110番があった。福岡中央署は器物損壊容疑で調べている。石像は土台ごと倒されたり首が折られたりしており、何者かが工具などを使って犯行に及んだ可能性も浮上している。

 警固神社などによると、4体は境内南側の「今益稲荷神社」の拝殿前にあり、高さは約1・2~1・5メートル。いずれも首が折れており、うち1体は土台ごと倒されていた。巡回中の防犯ボランティアの男性が発見した。前日午後10時ごろには異常がなかったという。

 署によると、奈良県や京都府を中心に寺社などに油のような液体がまかれる事件が相次いでいるが、破壊された石像からは油性反応は出ていないという。

 石像は、福岡県篠栗町の石彫師、国広晴峰さん(76)と父親の故石峯さんが作った。健康で仕事ができることへの感謝を込めて奉納したという晴峰さんは「月1回お参りしている大事な、おいなりさん。どうしてこんなひどいことができるのかまったく理解できない」と怒りをあらわにしていた。

=2015/04/26付 西日本新聞朝刊=

おいなりさん無残な姿… 警固神社の4体壊される 福岡・天神


「おいなりさん」キツネ石像4体破壊 福岡・警固神社
「おいなりさん」キツネ石像4体破壊 福岡・警固神社(朝日新聞より)
.「おいなりさん」キツネ石像4体破壊 福岡・警固神社



>健康で仕事ができることへの感謝を込めて奉納したという晴峰さんは「月1回お参りしている大事な、おいなりさん。どうしてこんなひどいことができるのかまったく理解できない」と怒りをあらわにしていた。


そもそも、お稲荷さんの祟りや天罰が恐ろしくて、日本人には到底できない。

神社仏閣へ油をかけたりしている一連の犯行も神仏を恐れぬ民族の仕業で間違いない(99%)だろうが、今回の「お稲荷さんの首落とし」は99.9999%も日本の神を恐れぬ民族の仕業で間違いない。

しかも、この警固神社は、神功皇后による【三韓征伐】を勝利に導いた警固大神を祀った神社だ!

警固神社
社伝では神功皇后による三韓征伐の際、皇后の船団を守護し勝利に導いた警固大神を福崎(現在の福岡城本丸周辺)の地に祀ったのが始まりとされる。


三韓征伐とは、神功皇后(仲哀天皇の后で応神天皇の母)が新羅に出兵し、百済と高句麗をも含む朝鮮半島の広域を服属下に置いた遠征をいう。

三韓征伐については『古事記』『日本書紀』に記載されている他、朝鮮や支那の歴史書にも関連記述がある。


新羅が降伏した後、百済と高句麗も相次いで日本の支配下に入ったために『三韓征伐』と呼ばれる。

朝鮮遠征。1880年月岡芳年
朝鮮遠征。1880年月岡芳年。

神功皇后は、夫の仲哀天皇の急死(西暦200年)後、神功皇后が201年から269年まで政事を執り行なった。

神功皇后は、妊娠したまま(のちの応神天皇)を海を渡って朝鮮半島に出兵して新羅の国を攻めた。

新羅は、戦わずして降服して朝貢を誓った。

神功皇后のもとに、新羅王を悔い改めさせた
神功皇后率いる堂々たる皇軍を見た新羅王は大いに驚き、一戦も交えずして降参し、『たとえ太陽が西より出て、川の水さかさまに流るるとも叛くまじく、毎年貢物を献上つかまつるべし』と申し出で、皇軍の八十艘に金銀財宝を積み献上したので、皇后はこれをお許しになり、以来毎年貢物されるようになった。

その後、高句麗と百済も朝貢を約したといわれている。

神功皇后は、三韓征伐からの帰国後、筑紫の宇美で応神天皇を出産した。

そして、神功皇后が畿内に帰るとき、神功皇后の皇子(応神天皇)の異母兄たちが畿内にて反乱を起こしたが、神功皇后軍はこれを平定した。

以上が『古事記』及び『日本書紀』に共通している内容だ。

『日本書紀』には、新羅に加えて、高句麗と百済も服属を誓ったことや新羅王が王子を人質にだしたことも記載されている。

以下は、『百済記』より、ほんの一部を抜粋。

――――――――――
神功51年(西暦251年)3月、百済は久氐を派遣し、日本に朝貢した。
神功52年(西暦252年)9月10日、百済王は、百済と倭国の同盟(済倭同盟)を記念して神功皇后へ七子鏡と七枝刀を献上した。
――――――――――



ちなみに、韓国人は、「神功皇后は新羅人だったニダ!神功皇后は新羅の部族長の娘の一人だったがお家騒動で日本に追放され、日王(天皇)と結婚して復讐の軍を率いて新羅に戻って来たニダ!」と主張しているという。

日本の学者にも、「神功皇后は、架空の人物であって、かつて存在したことはない」などと、躍起になって神功皇后の存在を否定する者がいる。

つまり、韓国人や反日左翼にとって、3世紀から日本が朝鮮半島を支配していた事実を物語る神功皇后の『三韓征伐』は不都合な真実であり、消し去りたい悪夢なのだ。

日本の保守・右寄りと言われる人たちの中にも、「実は日本は3世紀には早くも朝鮮半島を侵略していた」などとと言われたりするのが嫌なためか、神功皇后の三韓征伐の話を持ち出さない人が多い。


神功皇后 (1881年~)
1881年から流通した神功皇后が描かれたお札。
1876年に「日朝修好条規」を結んで朝鮮を開国させた2年後の1878年に刷られ、1881年から流通した。
原版はイタリア人技術者エドアルド・キヨッソーネが作成したので、西洋風の美人に描かれている。



いずれにせよ、4世紀になれば、日本が朝鮮半島に進出して、朝鮮を支配していた事実は既に確定している。

4世紀の日本(倭国)の朝鮮半島進出は、広開土王碑や七支刀などの考古物や支那及び朝鮮の文献など、全く別の史料によって実証されている。

有りえないことだが、仮に神功皇后が架空の人物だったり神功皇后が新羅人だったり『三韓征伐』が作り話だとしても、その100年~200年位後には、日本が完全に朝鮮半島を支配していた事実は否定できない。

どんなに韓国人が、日本による7世紀までの朝鮮半島支配という事実を消し去ろうとしても、絶対に無理だ!


百万歩譲ってどんなに遅くても4世紀頃に、朝鮮半島は九州などと同様に日本(倭国)の一部となった。(7世紀「白村江の戦い」まで)。

高句麗の「広開土王碑」には、「391年、日本が海を越えて、百済や新羅を破って服属させてしまった」と記されている。

広開土王碑

広開土王碑

百殘新羅舊是屬民由來朝貢而倭以辛卯年來渡海破百殘加羅新羅以為臣民。

そもそも新羅・百残(百済)は(高句麗の)属民であり、朝貢していた。しかし、倭が辛卯年(391年)に海を渡り百残・加羅・新羅を破り、臣民となしてしまった。
広開土王碑


日本(倭国)が任那(伽耶)や百済や新羅などを属国にして支配していたことは、この高句麗の『広開土王碑文』の他、日本の『日本書紀』や、支那正史の『宋書』や朝鮮の史料である『三国史記』でも述べられているので100%確実だ。

『三国史記』(百済本紀)
397 倭国と国交を結び王子の腆支を人質とする
399 高句麗攻撃のための徴発により人々が新羅に逃げる
402 倭国に使者を送り大珠を求む(大珠の意不明)
403 倭国の使者を特に手厚くねぎらう
405 腆支王即位テンシ(直支、映、枕流王の子)人質となっていたとき枕流王が死去、弟を殺した末弟が王となったために乞うて倭国の護衛により海中の島にて待機してのち王となる
406 晋に朝貢
409 倭国の使者が夜明珠を送る 厚く礼遇する(夜明珠の意不明)



百済の「武寧王」も、その父の「東城王」も、朝鮮半島で生まれたのではなく、日本(九州)で生まれて日本から朝鮮半島に渡って行った人物だ。

ちなみに、日本から朝鮮半島に渡って行った「武寧王」の子「純陀太子」は、日本に人質として来て、その子孫はそのまま日本に住み着いた。


百済の文斤王がなくなり、天皇は昆支王の五人の子の中で、二番目の末多王が、幼くとも聡明なので、内裏へ呼んだ。親しく頭を撫でねんごろに戒めて、その国の王とし、武器を与え、筑紫国の兵五百人を遣わして国に送り届けた。これが東城王である。…
『日本書紀』雄略紀


(廿三年夏四月、百済文斤王薨。天王、以昆支王五子中、第二末多王、幼年聡明、勅喚内裏。親撫頭面、誡勅慇懃、使王其国。仍賜兵器、并遣筑紫国軍士五百人、衛送於国。是為東城王。…)


こうして479年、東城王(末多王)が百済王に即位したが、この即位も日本(天皇)によって決められたことが判る。

『日本書紀』武烈四年条(502年)には、この東城王(末多王)の暴虐が記され、武寧王即位が記されている。


「是歳、百済の末多王、無道して、百姓に暴虐す。国人、遂に除てて、嶋王を立つ。是を武寧王とす。」


こうして、百済王に「武寧王」が即位したのだが、「武寧王」も九州(佐賀県)生れの日本人(倭人)だった。

つまり、百済王は、天皇によって決められ、日本(九州など)生れの「東城王(末多王)」や「武寧王」などが日本(九州など)から朝鮮半島に渡って行って即位していたように、百済というのは昔から日本(倭国)の一地方だった。

663年、日本(倭国)は、「白村江の戦い」で、唐・新羅の連合軍に敗れ、朝鮮半島に有していた勢力圏を失った。

百済王族は日本列島に亡命し、それ以降は大和朝廷の単純な手下となった。

桓武天皇の在位期間(781~806年)、桓武天皇の命令を受けた百済王の子孫たちは、東北地方(陸奥)の征服を何度も試みたが、大惨敗を繰り返した。



左:『21世紀の「脱亜論」――中国・韓国との訣別』 西村幸祐著 2015/4/2
右:『パラオはなぜ「世界一の親日国」なのか~ 天皇の島ペリリューでかくも勇敢に戦った日本軍将兵』井上和彦著 2015/3/12

「おいなりさんの破壊、許せない!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:痛いニュース - ジャンル:ニュース

在日に「本名使え」で慰謝料支払い命令!静岡地裁・履歴書に偽名記入を認めた「日立就職差別事件」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






在日社員に本名強要で社長に賠償命令 静岡地裁
社員に「本名を使いなさい」と言った社長に対して、慰謝料を支払うよう命令した静岡地裁

http://www.asahi.com/articles/ASH4S5W0SH4SUTPB01B.html
在日男性に本名強要、慰謝料支払い命令 静岡地裁
2015年4月24日20時38分、朝日新聞

 静岡県の40代の在日韓国人の男性が、勤務先の社長に日本での通名ではなく本名を使うよう強要され、精神的苦痛を受けたとして、社長に慰謝料330万円を求めた訴訟の判決が24日、静岡地裁であった。大久保正道裁判長は、社長に55万円を支払うよう命じた。社長側は控訴する方針。

 判決によると、男性は日本で生まれ育った。通名を使用していたが、2012年11月と13年1月に勤務先で社長から「朝鮮名で名乗ったらどうだ」などと言われた。判決で大久保裁判長は、通名を使うことは男性のアイデンティティーの中核を成していると指摘。社長の発言について「著しく不快感を与えるもので、自己決定権及びプライバシー権を実質的に侵害する」と男性側の主張を認めた。

 判決後、男性は「金額の問題ではなく、自分の主張が認められて満足している。自分は日本人だと思っているし、これからも通名を名乗っていきたい」と話した。



>静岡県の40代の在日韓国人の男性が、勤務先の社長に日本での通名ではなく本名を使うよう強要され、精神的苦痛を受けたとして、社長に慰謝料330万円を求めた訴訟の判決が24日、静岡地裁であった。


本名を使うのは当たり前のことだ!

会社の社長が社員に対して「偽名ではなく本名を使いなさい」と言うことは当然すぎることだ!

それなのに、偽名を使いたい在日が「精神的苦痛を受けたニダ」として慰謝料を請求して提訴した!

平成25年(2013年)7月29日付け当ブログ記事では、その驚くべき提訴について取り上げた。

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5145.html
「本名使え」で苦痛!在日韓国人が社長を提訴・【反日極左と不逞外国人から川崎を護るデモ】

(一部抜粋)

社長が「偽名ではなく、本名を使用するように」と言うのは、当然と言えば当然だろう。

本名を使用するように言われて「屈辱と精神的苦痛を味わった」と裁判所に訴えるなんて狂っている。

本名の使用でそれほど屈辱と精神的苦痛を感じるなら、親を訴えるか、朝鮮半島に帰るか、会社を辞めるべきだ。

「本名を隠して偽名を使わせなかったから、屈辱と精神的苦痛を味わった」と提訴するなんて、傍若無人もいい加減にしろ!

日本人は居住する区や市町村に通名を登録できない。

しかし、在日朝鮮人や在日韓国人は通名を登録することが可能であり、住民票に記載され、法的効力を持ち、登記などの公的手続に使用することが認められ、 契約書など民間の法的文書にも使用できる。

こんな「在日特権」=「日本人差別」がいまだに罷り通っている日本は異常だ。


日本は本当に法治国家と言えるのか?!

通名の変更には制限が無いため、東京23区内では1人が最高で32回の通名変更を行った事例があり、犯罪で逮捕されても、NHKなどがその都度「通名」(偽名)で報道してくれるから、在日は凄く気が楽だ!




この一審判決が、まさかこんな結果になるとは驚いた!

社長側は、「在日韓国人らは誇りを持って本名を名乗るのが本来の在り方と考え問いかけただけだ」と反論していた。

それなのに、この在日は、「これからも通名を名乗っていきたいニダ」と話している。

本当に狂っている。





会社における偽名(通名)使用については、【日立就職差別事件】という、やはり驚くべき結果となった裁判があった。

当該裁判が、その後において、在日の偽名(通名)使用について悪影響を与えている可能性が高い。

━━━━━━━━━━
朴鐘碩【日立就職差別事件】

【日立就職差別事件】

在日朝鮮人の朴鐘碩(パクチョンソク)は、昭和45年(1970年)3月に高校を卒業し、職を転々とした後、同年8月末ごろ、日立製作所戸塚工場がソフトウェア工場従業員を募集していたのでこれに応募した。

応募の際、朴鐘碩は、履歴書の氏名欄には本名ではなく常々名乗っていた「新井鐘司」という通名(偽名)を記載し、本籍欄についても、正直に「韓国」とは書かずに、父母の住所の市までを記入し、後は「以下略」と書いて誤魔化した。

身上書についても、履歴書と同様に、「新井鐘司」と通名(偽名)を記入し、本籍欄にも「韓国」ではなく履歴書と一致するように記入した。

身上調書の末尾には「この調書に私が記載しました事項はすべて真実であり、偽り、誤り、重要な事項の記入漏れがありません。もし、偽り、誤り、重要な事項の記入漏れがありました場合は採用取消解雇の処置を受けても異議を申し立てません」旨が明記されており、朴鐘碩も同記載を承知で必要事項を記載し署名捺印していた。

朴鐘碩は、採用試験に合格し、9月4日に採用通知書が届き、同月21日が初出社日となった。

採用通知書には、戸籍謄本等の必要書類の提出の必要があることが記載されていた。

困った朴鐘碩は、同月15日、ソフトウェア工場に電話をし、『自分の名は履歴書に書いた「新井鐘司」ではなく「朴鐘碩」である。戸籍謄本は朝鮮人のため取れないので提出できない』旨を述べた。

それから2日後の9月17日、日立製作所ソフトウェア工場は、朴鐘碩に対して、就業規則に基づき内定取り消しを行った。

逆切れした朴鐘碩は、同年12月、横浜地裁に日立製作所を提訴した!

裁判で朴鐘碩は、本件解雇は公序良俗に反しかつ国籍ないし社会的身分を理由として差別的取り扱いをしたものであり無効であると主張した。

一方の会社側は、「朴鐘碩が本名と本籍のみならず、職歴も偽っており反省の弁もなかった。これにより採用の要件を充足せず内定を取り消したのである」と主張した。

3年半にも及ぶ横浜地裁の裁判の判決では、日立製作所側の民族差別に基づく不当解雇が全面的に認められ、履歴書や身上書に偽名を書いて応募した朴鐘碩が大勝利した!

日立製作所側は、なぜか控訴しなかった。

この判決は、あまりにも理不尽極まりないため、日立製作所が控訴して逆転していれば、その後の在日韓国人や在日朝鮮人の偽名(通名)使用のあり方は大きく変わっていたはずだ。

この裁判は、在日の偽名使用という「在日特権」に大きなお墨付きを与えてしまった。

アッサリと一審の横浜地裁のマジキチ判決(石藤太郎裁判長)を受け入れ、控訴をしなかった日立製作所の姿勢は、大いに問題だ。


その後、朴鐘碩は22歳で日立製作所に入社した。

この裁判は、仙谷由人が弁護士として初めて担当した裁判だった。
仙谷由人

日立製作所に入社した朴鐘碩は、定年退職まで居座った。

朴鐘碩は、退職後も、日本と日立製作所の足を引っ張る活動を続けている。

在日社員・朴鐘碩さんがアピール:原発メーカー日立の小国リトアニアからの撤退を!
在日社員・朴鐘碩さんがアピール:原発メーカー日立の小国リトアニアからの撤退を!
━━━━━━━━━━


なお、世論調査によると反原発派の過半数が日本が嫌いであり、【日本が好きと回答した反原発派は 1%】だった。

http://jpnews.blog.jp/archives/1012931735.html
反原発派の半数以上、「日本が嫌い」  世論調査
2014年11月04日

【11月4日 JPN】反原発派の半数以上が、日本を嫌いと考えているとの世論調査が4日、判明した。
JPNが行った世論調査によれば、反原発派の52%が日本を嫌いと回答した。また、その3分の1以上は、民主党を支持していると回答した。一方、日本が好きと回答した反原発派は 1%だった。
世論調査はJPNが10月に実施。調査対象は反原発活動に参加した18歳以上の100人で、大阪・名古屋・東京の3都市で行われた。
原発停止による電力不足への対策で最も多かったのは「無回答」で84%だった。次いで「経済活動の縮小」で10%だった。









(参考)

▼日本に密入国して、履歴書や身上書には日本人風の偽名(通名)を記入して、虚偽記載がばれて採用を取り消されると、裁判所に提訴し、なぜか大勝利する在日朝鮮人・在日韓国人の実態▼

「なぜ朝鮮半島出身者が今でも多く日本に居るのか?」といえば、それは朝鮮人が日本に密航(密入国)して来て違法に日本に住み着いているからだ。

朝鮮人は、自らの意思で日本に密航し、自らの意思で日本に残り、「帰れ」と言われても帰らない連中だ。

もちろん「強制連行」なんて一切無かった。

外務省の資料は昭和34年7月11日付で、徴用で日本に来て日本に留まっている245人について「みな自分の自由意思によって日本に留った者または日本生まれだ。日本政府が本人の意志に反して日本に留めているような朝鮮人は犯罪者を除き一名もいないと結論付けている。


上記外務省の昭和34年(1959年)7月11日付資料は、朝日新聞1959年7月13日付の記事となり、ネット上では良く見かけ、拙ブログでも過去に何度か掲載している。

大半、自由意思で居住

大半、自由意思で居住
外務省、在日朝鮮人で発表
戦時徴用は245人

1959年7月13日 朝日新聞

在日朝鮮人の北朝鮮帰還をめぐって韓国側などで「在日朝鮮人の大半は戦時中に日本政府が強制労働をさせるためにつれてきたもので、 いまでは不要になったため送還するのだ」との趣旨の中傷を行っているのに対し、外務省はこのほど「在日朝鮮人の引揚に関するいきさつ」について発表した。
これによれば在日朝鮮人の総数は約61万人だが、このうち戦時中に徴用労務者として日本に来た者は245人にすぎないとされている。主な内容は次の通り。

一、戦前(昭和14年に日本内地に住んでいた朝鮮人は約100万人で、終戦直前(昭和20年)には約200万人となった。増加した100万人のうち、70万人は自分から進んで内地に職を求めてきた個別渡航者と、その間の出生によるものである。
 残りの30万人は大部分、工鉱業、土木事業の募集に応じてきたもので、戦時中の国民徴用令による徴用労務者はごく少数である。
 また、国民徴用令は日本内地では昭和14年7月に実施されたが、朝鮮への適用はさしひかえ、昭和19年9月に実施されており、朝鮮人徴用労務者が導入されたのは、翌年3月の下関-釜山間の運航が止るまでのわずか7ヶ月間だった。

一、終戦後、昭和20年8月から翌年3月まで、希望者が政府の配給、個別引揚げで合計140万人が帰還したほか、 北朝鮮へは昭和21年3月、連合国の指令に基づく北朝鮮引揚計画で350人が帰還するなど、終戦時までに在日していたもののうち75%が帰還している。戦時中に来日した労務者、復員軍人、軍属などは日本内地になじみが薄いため終戦後、残留した者はごく少数である。
 現在、登録されている在日朝鮮人は総計約61万人で、関係各省で来日の事情を調査した結果、戦時中に徴用労務者としてきた者は245人にすぎず、現在、日本に居住している者は犯罪者を除き、自由意思によって在留した者である。
(昭和34年7月13日 朝日新聞)



このネット上でお馴染みの朝日新聞1959年7月13日付記事が、2010年3月1日放送のテレビ朝日「たけしのTVタックル」(是か非か外国人参政権・日韓併合と強制連行の真偽&在日差別の現実、国境マル秘危機)で取り上げられた!
TVタックル大半、自由意思で居住
大半は本人の自由意志で在留
2010年3月1日放送テレビ朝日「たけしのTVタックル」

さらに念のため付け加えると、当時は、日本に滞在せず、朝鮮半島に帰ろうと思えば簡単に帰ることが出来た。
―――――
マッカーサー元帥のGHQは「在日」の韓国人・朝鮮人の"帰国(引揚げ)"に過剰なほどの支援をなした。
すべての希望者に帰国のための無料の船便を提供した。

日本の官僚に対して「全員帰国を達成せよ」と厳しく命じた。

つまり、現在の在日韓国人・朝鮮人とは、このとき、たとえ政治的に差別されようとも"外国人"として日本に残った方が経済的に有利であるとか、日本の方が相対的に好きとか、の自由意志を頑なに貫き、GHQの「好意」を断固拒絶したもの、およびその子供や孫たちである。

自ら"外国人"の値を選択したのが故の「在日」であり、その子孫である。
それなのに"外国人"として扱われることを「差別」と称するのは、詐欺そのものだろう。

『歴史を偽造する韓国――韓国併合と搾取された日本』中川八洋著
―――――




●証拠資料
―――――
吉田茂氏がマッカーサーに宛てた「在日朝鮮人に対する措置」文書(1949年)

朝鮮人居住者の問題に関しては、早急に解決をはからなければなりません。
彼らは総数100万にちかく、その半数は不法入国であります。

私としては、これらすべての朝鮮人がその母国たる半島に帰還するよう期待するものであります。

その理由は次の通りであります。

(1)現在および将来の食糧事情からみて、余分な人口の維持は不可能であります。
米国の好意により、日本は大量の食糧を輸入しており、その一部を在日朝鮮人を養うために使用しております。
このような輸入は、将来の世代に負担を課すことになります。

朝鮮人のために負っている対米負債のこの部分を、将来の世代に負わせることは不公平であると思われます。

(2)大多数の朝鮮人は、日本経済の復興に全く貢献しておりません。

(3)さらに悪いことには、朝鮮人の中で犯罪分子が大きな割合を占めております。
彼らは、日本の経済法令の常習的違反者であります。彼らの多くは共産主義者ならびにそのシンパで、最も悪辣な政治犯罪を犯す傾向が強く、常時7000名以上が獄中にいるという状態であります。

--中略--

さて、朝鮮人の本国送還に関する私の見解は次の通りであります。

(1)原則として、すべての朝鮮人を日本政府の費用で本国に送還すべきである。

(2)日本への残留を希望する朝鮮人は、日本政府の許可を受けなければならない。
許可は日本の経済復興の貢献する能力を有すると思われる朝鮮人に与えられる。 

上述のような見解を、原則的に閣下がご承認くださるならば、私は、朝鮮人の本国帰還に関する予算並びに他の具体的措置を提出するものであります。

敬具 吉田 茂

(田中宏「在日外国人」より)

―――――

22-衆-法務委員会-23号 昭和30年(1955年)06月18日
法務委員会委員長 世耕 弘一(世耕弘成参院議員の父)

○小泉純也政府委員

 神近先生(社会党)がおっしゃいましたように、日本に住まいたい者を住まわせて、韓国に帰りたい者は返す、こういうふうに参りますと事は最も簡単で、いろいろの難問題が漸次解決をするのでありますが、問題はそう簡単でなく、極端かもしれませんけれども、六十万と推計をせられる朝鮮_人のうち、日本から母国に帰りたいという者は一人もいないといっても大した言い過ぎではない。

一方向うからは、入れれば、それこそ手段方法を選ばず、命がけでも密航をして、方法さえつけば怒濤のごとくどんどん入ってくる。そしてこちらから強制送還をしようといたしましても、韓国の政府がこれを容易に受け付けないというところに、人道問題だけでは解決しない大きな国と国との外交問題と申しますか、もう入国管理局だけでは手に負えない大きな外交問題となってここに横たわっておるのは、私が申し上げるまでもなく、御理解をいただいておると思うのであります。

ですから、要するに、こちらは国際的ないわゆる紳士としての態度をもって韓国に接しましても、韓国の方は、紳士的でないとは申しませんが、御承知の通り李承晩ライン、その他漁船の拿捕の問題、こちらから、密航した者を密航したという確証をあげて韓国に申し入れましても、その送還を容易に受け付けない、こちらは向うから出てきた者を受け入れっぱなし、不法入国であろうが何であろうが、返すことができないで、大村収容所にはますます人員がふえていく、それをみな国費で、国民の血税で養ってやらなければならない、その取扱いについても、きわめて懇切丁寧にしなければ、人権じゅうりんというような問題まで起きてくる。

これを大まかに考えますと、一体日本のためにやらなければならないのか、日本国民の血税の犠牲において、韓国人をまず第一義として大事にしてあげなければならないかというようなところまで、考え方によっては行く問題であると私は思うのであります。

小泉純也(小泉純一郎の父)政府委員はこのとき法務政務次官


【要約】

六十万と推計をせられる朝鮮_人のうち、日本から母国に帰りたいという者は一人もいないといっても言い過ぎではない。

向うからは、入れれば、それこそ手段方法を選ばず、命がけでも密航をして、方法さえつけば怒濤のごとくどんどん入ってくる。

こちらから強制送還をしようといたしましても、韓国の政府がこれを容易に受け付けない

密航した者を密航したという確証をあげて韓国に申し入れましても、その送還を容易に受け付けない


―――――

衆議院 - 第022回国会 法務委員会 - 23号 昭和30年06月18日」の国会答弁

○椎名(隆)委員

朝鮮人は戦勝国といっていばりにいばり抜いておる。

これは日本があまり待遇をよくするから、朝鮮人の連中は、向うで食うに困ったならば日本に行った方がいい、日本に行きさえすれば待遇がいい、日本に行きさえすれば生活ができるというようなところからどんどん入ってくるのじゃないかと思うのであります
―――――



実際に、在日朝鮮人には、戦後になってから日本に密入国して来た者が非常に多い。

これについても2010年3月1日放送テレビ朝日「たけしのTVタックル」で取り上げてくれた!
TVタックル外国人参政権、朝鮮人は戦後も大量密入国
「TVタックル」朝鮮人は戦後も大量に日本に密入国

戦後も大量の朝鮮人が日本への密入国を続けた大きな原因の1つに、いわゆる「済州島4.3事件」がある。

済州島で1948年4月3日、米軍政下で南朝鮮での単独選挙に反対した島民(北寄りの共産主義者が多かった)が武装蜂起したことをきっかけに、韓国軍や警察などによる一連の島民虐殺事件が起きたが、この事件の際、3万人から6万人の島民が虐殺され、4万人以上が日本に逃れたという。

その後も長年に亘って島民(共産主義者)に対する弾圧は続き、1948年には28万人だった済州島の人口が、1958年には3万人に減少してしまい、かわりに在日朝鮮人が大幅に増加した。

密航




〓〓 まとめ 〓〓

●日韓併合以降、200万人以上の朝鮮人が自由意思で日本へ渡航した
 ※「日帝の差別や虐待のせいで朝鮮に住めなくなった」というのであれば、日本に来るのはおかしい

●戦時徴用は、日本人(内地人)や台湾人には1939年から終戦までの6年間適用したのに対し、朝鮮人には1944年9月から1945年3月までのたった7ヶ月間しか適用しなかった。

●戦時徴用で日本に渡航したのは約22万人
 ※そもそも徴用は国民の義務であり、当時は「強制連行」や「強制徴用」とは言わず、「強制連行」「強制徴用」などと言い始めたのは戦後何十年も経ってからだ。

●戦後、GHQの命令で朝鮮人の帰還事業が日本政府の支出で行なわれた。
 ※つまり、朝鮮に帰りたい人はアゴアシ付きで帰国出来た。

●その結果、日本に残った朝鮮人は210万人中60万人だった。

●その日本に残った60万人のうち、戦時徴用で来日した数は245人のみだった。
 ※彼らは自分の意志で日本に残った。
 ※また、GHQの命令による帰還事業が終わった後も、彼らの自由意思による帰国を日本政府は禁止していない。
 ※更に、1959年~1984年には北朝鮮への「帰国事業」も行われ、朝鮮総連が在日朝鮮人に対して「地上の楽園」への帰国を盛んに奨めたが、それでも大半の在日朝鮮人は頑なに日本に残った。


     1945年当時日本に居た朝鮮人  1959年当時日本に残っていた朝鮮人
全体    210万人            61万人
徴用     22万人          たった245人







維新政党・新風
「維新政党・新風」公認・推薦・支持候補者一覧☆

しらす夏
東京都中央区議会議員選挙
投票日 4月26日
新人
推薦
HP 
http://shirasu-natsu.net/

赤坂大輔
東京都港区議会議員選挙
投票日 4月26日
現職
支持
HP http://akasaka-daisuke.com/index.html

赤坂大輔
いよいよ港区議会議員選挙が迫って参りました。
先立ちまして「赤坂大輔 活動報告会」を行います。

13日(月)19時~(18時半開場)青山いきいきプラザ(南青山2-16-5)1階敬老室
14日(火)19時~(18時半開場)赤坂いきいきプラザ(赤坂6-4-8)1階敬老室

川畑賢一
千葉県船橋市議会議員選挙
投票日 4月26日
現職
推薦
HP http://kawabatakenichi.blogspot.jp/


川東大了
大阪府枚方市議会議員選挙
投票日 4月26日
新人
公認
ブログ http://kawahigashi-d.jugem.jp/

川東大了【大阪府枚方市議会議員選挙】新人【公認】投票日4月26日
川東大了【大阪府枚方市議会議員選挙】【公認】投票日4月26日
川東大了【大阪府枚方市議会議員選挙】【公認】投票日4月26日
川東大了【大阪府枚方市議会議員選挙】【公認】投票日4月26日

藤本まさひろ
兵庫県明石市議会議員選挙
投票日4月26日
新人
推薦
twitter https://twitter.com/1208toratora



左:『21世紀の「脱亜論」――中国・韓国との訣別』 西村幸祐著 2015/4/2
右:『パラオはなぜ「世界一の親日国」なのか~ 天皇の島ペリリューでかくも勇敢に戦った日本軍将兵』井上和彦著 2015/3/12

「偽名使用を認めなんて不当判決だ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

第3回【右方向に頭悪いブログ】へ・9カ国条約を破ったのは支那と米国・支那も認めた豊台駐屯
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






ジョン・アントワープ・マクマリー原著『平和はいかに失われたか』(原書房、アーサー・ウォルドロン編、北岡伸一監訳、衣川宏訳
平和はいかに失われたか―大戦前の米中日関係もう一つの選択肢


▼2015/04/21(火) の記事▼
【右方向に頭悪いブログ】とやらへ・北支分離工作、通州事件の犯人、上海戦などの正しい歴史認識
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5802.html


↓ ↓ ↓

▼2015/04/23(木)の記事▼
続き★【右方向に頭悪いブログ】とやらへ・蒋介石政府は満州国を承認した!侵略なし!正しい歴史認識
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5804.html


↓ ↓ ↓

【右方向に頭悪いブログ】の最新の反論(妄言)▼
――――――――――
アホ管理人は、都合良い脳内世界を作ってるw

アホ管理人「塘沽協定によって敵対行為を終わらせた以上は蒋介石政府も満州国を承認と解すべき」
あくまで停戦に過ぎず、国家承認では無い。だから後の日中戦でも満州国の承認を求めてる。
停戦というのは”喧嘩中だが殴り合いは止めよう”な妥協だから、妥協策で一定の交流も計るだろう。

アホ管理人「内モンゴルであり、満洲国に組入れられた地域と同様に支那の領土ではなく」
清~中華民国で主権委譲、日本など列強各国も九カ国条約で中国主権を承認。
満州事変時も、国際連盟は満州地域の主権は中華民国にあるとし、日本は主張を通せずに脱退。
「日本が何度も何度も”やめよう。やめよう。”」なら中国軍と衝突する軍事作戦を認可する訳ない。

アホ管理人「最初から冀東防共自治政府(通州)の保安隊を寝返らせる目的でデマ報道」
日本敗走デマを流したのは事実だが、明確に保安隊に働きかける根拠とは言えない。
同じ主張してる歴史研究家の名前を出して見ろ。
100歩ゆずって寝返り目的でも、通州虐殺を起こせなる指示とは違うし。デマ放送=虐殺犯とかアホ。

アホ管理人「(華北分離工作を)マトモな人々は正当化する」
盧溝橋の前から軍事衝突を含む分断工作、政権を建てて密貿易の拠点、これらも全て正当、
と言ってるまともな歴史研究家の名前を出して見ろ。

アホ管理人「日本軍は、”北京議定書”によって、双方合意の上」
盧溝橋の原因の豊台増派駐留は、北京議定書で定めた地点では無く、中国の抗議を無視した駐留。
それに関するトラブルもあった。
そもそも盧溝橋の前から主権侵害の介入してたし。

2015/04/23(木) 01:17:11 | URL | 右方向に頭悪いブログ #NZQiNEV. [ 編集 ]

――――――――――



またまた嘘出鱈目のオンパレードなので、アホ管理人【右方向に頭悪いブログ】とやらへ、またまた反論する。





>あくまで停戦に過ぎず、国家承認では無い。だから後の日中戦でも満州国の承認を求めてる。


事実上の承認だよ。

蒋介石政府が塘沽協定の後に満州国を認めたことは、既に前回のブログ本文で証明済みだから、モウアキラメロン!

それと、お前が「だから後の日中戦でも満州国の承認を求めてる。」と述べていることについて、思い当たることは幾つかあるが、具体的にいつ、どこで、誰が、何をしたのか述べろよ。

俺は、その辺、きちんと示しているだろ。

お前も少しは俺を見習えよ。

まずは、「日中戦でも満州国の承認を求めてる。」って、いつ、どこで、誰が、何をしたか示せ!馬鹿!






>清~中華民国で主権委譲、日本など列強各国も九カ国条約で中国主権を承認。


で、何を言いたい?

9カ国条約(ワシントン体制)などの条約を良く守ったのは日本だったが、9日カ国条約などの条約を散々破って崩壊させたのは、支那とアメリカだった。

そもそも、9カ国条約(ワシントン体制)は、支那の主権を守る条約ではなく、支那の主権侵害を維持するための条約だった。


【右方向に頭悪いブログ】は馬鹿だから、「日本など列強各国も九カ国条約で中国主権を承認」などと頓珍漢なことを書いているが、実態は完全に違っていた!

中国からみれば、九ヶ国条約は中国の主権を保障するどころか、否定するものだった。
何よりも先ず、中国における西欧列強の特権的地位を「固定化」し「合法化」するための合意である。
これらの条約は、中国にとって、屈辱的であるばかりでなく、恒常的な不安定要因であった。
中国は何年にも亙って、不平等条約を解消しようとしてきた。
条約に抵抗して1925年、イギリス排斥運動を起こした。
1927年、中国革命軍は九江と漢口のイギリス租借地を武力で奪取した。
1928年、蒋介石は列強が行動を起こさなければ、1931年までに自分の責任に於いて、条約を破棄すると通告した。


ヘレン・ミアーズ著『アメリカの鏡・日本』P280-1



 また、ジョン・アントワープ・マクマリーも、満州事変や大東亜戦争の前に、条約を一切守ろうとしなかったのが支那や米国などだったことを指摘している。

ジョン・アントワープ・マクマリーという人物は、国際法の専門家で、ワシントン会議では米国代表団の主要メンバーだった。

彼は、専門的知識と外交上の知恵で他の人々から頼りにされる類の人物だった。

そのマクマリーも、支那や米国などが条約を破りまくって日本を追い詰めたと指摘していた。

 米国の大部分の人々はそのころ、日本がアジアを戦争に巻き込むドラマの悪役であると信じていたが、マクマリーはこの考えに賛成ではなかった。
日本の1930年代の新しい強引な政策は、一方的な侵略とか軍国主義のウィルスに冒された結果などではなく、それに先立つ時期のアメリカを含む諸国の行為がもたらしたものだと熱心に説いたのである。

 ワシントン会議は、確かにアジアでの国際協力を達成することのできる枠組みを決定した。

しかし1920年代において、日本がワシントン条約の条文と精神を厳密に守ろうとしているのに、この合意のもう一方の当事者、特に中国と米国が条約諸規定の実施を繰り返し阻害したり、拒否する事実のあったことを彼は指摘した。

このように米国に教唆された中国は、自らの国際的地位を保証してきた法的な枠組みを一貫して軽視し、それによって日本の激しい怒りを招く結果となった。

日本にワシントン条約を遵守させるのはなかなか難しかったのだから、日本の態度は評価されるべきだったとマクマリーは主張した。
しかしそうした評価が得られず、日本が自発的に参加した国際システムの全体が崩壊して自国の利害を脅かされると感じたとき、日本は「東アジアにおける正当な地位を保障するための強力な軍備」に頼るようになっていったとマクマリーは考えたのである。

 1930年代の中頃、マクマリーは事態が重大化したと考え、もし米国が日本の苦情を認めないで中国への肩入ればかりを続けるならば、結果的には間違いなく「日本との戦争」になってしまうと予言したが、彼の外交官仲間たちの多くはこの意見に賛成しなかった。
日米戦争が勃発したのはこれが書かれた6年後である、マクマリーは、まさに先見の明があったというべきであろう。


ジョン・アントワープ・マクマリー原著『平和はいかに失われたか』(原書房、アーサー・ウォルドロン編、北岡伸一監訳、衣川宏訳)、6~7頁


 そして中国に好意をもつ外交官達は、中国が、外国に対する敵対と裏切りを続けるなら、遅かれ早かれ一、二の国が我慢しきれなくなって手痛いしっぺ返しをしてくるだろうと説き聞かせていた。中国に忠告する人は、確かに日本を名指ししたわけではない。しかしそうはいってもみな内心では思っていた。中国のそうしたふるまいによって、少なくとも相対的に最も被害と脅威を受けるのは、日本の利益であり、最も爆発しやすいのが日本人の気性であった。
しかしこのような友好的な要請や警告に、中国はほどんど反応を示さなかった。返ってくる反応は、列強の帝国主義的圧迫からの解放を勝ちとらなければならないという答えだけだった。それは中国人の抱く傲慢なプライドと、現実の事態の理解を妨げている政治的未熟さのあらわれであった。

 このような態度に対する報いは、それを予言していた人々の想像より、ずっと早く、また劇的な形でやってきた。国民党の中国は、その力をくじかれ、分割されて結局は何らかの形で日本に従属する運命となったように見える。破局をうまく避けたかもしれない、あるいは破局の厳しさをいくらかでも緩和したかもしれない国際協調の政策は、もはや存在していなかった。

 協調政策は親しい友人たちに裏切られた。中国人に軽蔑してはねつけられ、イギリス人と我々アメリカ人に無視された。それは結局、東アジアでの正当な地位を守るには自らの武力に頼るしかないと考えるに至った日本によって、非難と軽蔑の対象となってしまったのである。

ジョン・ヴァン・アントワープ・マクマリー原著『平和はいかに失われたか』アーサー・ウォルドロン編・181-2頁



上記報告書(1935年に米国務省にマクマリーが提出)は、国際法の専門家で、ワシントン会議では米国代表団の主要メンバーだった米国務省の外交官が現地で見た事実を基に作成したものだ。

事実上、「九カ国条約」(ワシントン体制)は、支那の横暴と、それを助長した米国の政策によって崩壊した。

これらの現実を無視して、ただ「日本が9カ国条約を破った」とする見解は、考察を怠り、戦勝連合国のプロパガンダを鵜呑みにする見解だ。

九ヵ国条約を無残に破壊したのは支那であり、各種条約を一切遵守しなかったから、日本も条約を遵守することができなくなった。

1931年に日本が満州事変を起したのも、条約を破りまくった支那に堪えかねてのことだった。






>満州事変時も、国際連盟は満州地域の主権は中華民国にあるとし、日本は主張を通せずに脱退。


それは既に決着済みの議論なのに、何故そんなにしつこいの?!

その後に、蒋介石政権は、事実上、満州国を承認した。

そして、国連加盟国も、約半数は、満州国を正式承認した。

【右方向に頭悪いブログ】とやらは、自分の主張にとって最も都合の良い時点で時計を止めるな!


塘沽協定によって敵対行為を終わらせた以上は蒋介石政府も満州国を承認と解すべきであり、実際にその後、蒋介石政府は、関税や郵便や電信や鉄道について【満州国】【取り決め】を結んだ。

蒋介石政府が満州国を承認していなかったら、関税、郵便、電信及び鉄道について【満州国】【取り決め】を結ばないよ!

その後、蒋介石政府官憲は、関税、郵便、電信、および鉄道に関して、満州国と取極めを結んだ。
1935年6月に蒋介石は日本を対象として敦睦邦交令を公布した。
岡田内閣の外相広田氏は中国と交渉して、満州ならびに華北における「現状」の承認をふくむ「広田三原則」を公表し、またこの原則にもとづいて細目を論議することについて中国政府の同意をえた。

東京裁判研究会編『共同研究 パル判決書(下)』(講談社、昭和59年2月、第一刷)より


           _
           |
       ,、‐''''´ ̄ ̄``''''-、,
     /  \/      ::\  
    /  \/\/     ::::::ヽ   
    / \/\/\/    :::::::ヽ    
    |ヽ/\・∀・ /\/   ::::::::| モウアキラメロン
    |./\/\/\/\   :::::::::|    
    ヽ  \/\/\    :::::::::/
    ヽ /\/\    ::::::::::/
     \ /\    :::::::::::::::/
       `''-、、,,:::::::::::,,、、‐''´






>日本敗走デマを流したのは事実だが、明確に保安隊に働きかける根拠とは言えない。
>同じ主張してる歴史研究家の名前を出して見ろ。
>100歩ゆずって寝返り目的でも、通州虐殺を起こせなる指示とは違うし。デマ放送=虐殺犯とかアホ。



まだ、そんな頓珍漢なことを言っているのか?

支那国民党の南京政府の御用放送局(南京放送)は、最初から冀東防共自治政府(通州)の保安隊を寝返らせる目的でデマ報道を北支に流したんだよ。

他に、どんな理由で、あんなデマ放送を流すんだよ?!

デマ放送の内容を読めば、冀東防共自治政府(通州)の保安隊を寝返らせる目的でデマ放送を流した以外に理由はない。

何度も同じことを言わせるな!


【7月27日頃、北京特務機関がキャッチした南京放送ニュース】

日本軍は盧溝橋の戦場に於いて、我が優勢な29軍と交戦の結果、支離滅裂の敗戦に陥り、豊台と郎坊とは完全に我が手に奪還してしまった。
(略)
なお、最近北京における軍事会議の結果、蒋委員長は近く29軍を提げて、大挙冀東を攻撃し、偽都通州を屠り、逆賊殷汝耕を血祭りにして、満州失地恢復の第一声を挙げる事を決議した。


日本軍を撃破した支那軍(宋哲元軍=29軍)が、冀東防共自治政府(通州)に攻め込んで来れば、今まで親日だった支那保安隊は漢奸として処刑される。

そこでの支那保安隊の連中は、日本人を大虐殺し、親日の冀東防共自治政府の殷長官を捕らえ、これを手土産にして北京の宋哲元へ馳せ参ずることを決意した。






>盧溝橋の前から軍事衝突を含む分断工作、政権を建てて密貿易の拠点、これらも全て正当、と言ってるまともな歴史研究家の名前を出して見ろ。


「まともな歴史研究家」の定義が不明。

既に、零崎涼介さんが、かなり丁寧に説明してくれていた。






>盧溝橋の原因の豊台増派駐留は、北京議定書で定めた地点では無く、中国の抗議を無視した駐留。
>それに関するトラブルもあった。
>そもそも盧溝橋の前から主権侵害の介入してたし。



「北京議定書」により、日本も北京-山海関の重要な地域に日本軍を駐屯させることとなった。

日本の支那駐屯軍は、港が近い天津に軍司令部を置き、そこに支那駐屯歩兵第1連隊第2大隊、支那駐屯歩兵第2連隊等を配置。

また、北京には北平部隊が置かれ、支那駐屯歩兵旅団司令部および支那駐屯歩兵第1連隊等が配置された。

具体的な部隊配置場所は、黄村=北京(豊台)、郎房、楊村、天津、軍糧城、塘沽、蘆台、唐山、樂州、昌黎、秦皇島、山海関とされていた。

【右方向に頭悪いブログ】は馬鹿だから、「豊台増派駐留は、北京議定書で定めた地点では無く」などと言っているが、黄村と豊台は同じ北京市内であり、豊台は黄村の間近で京滬線の隣駅だ。

東京で言えば、渋谷と原宿、有楽町と銀座、東京と大手町のようなものだ。

したがって、黄村=北京(豊台)は、北京議定書によって日本軍の駐屯が認められた地点だ。

当時(1937年)は「北京議定書」(1901年)から30年以上が経っており、支那の治安と平和を維持するための日本の駐屯軍の人数も増えた。

実際に盧溝橋事件が発生した1937年当時の日本と支那の間の認識は次のとおりだ。

盧溝橋城内通過に関しては昨年豊台駐屯当初においては我が部隊の通過を拒否することがあったのでこれに抗議し通過に支障ないようにした。
特に豊台事件以後においては支那軍の態度が大いに緩和し日本語の解かる将校を配置して誤解ないように努めたことを認めるが、最近になって再び我が軍の城内通過を拒否しその都度交渉する煩瑣を要した。

『支那駐屯歩兵第一連隊戦闘詳報』(coffeeが現代文に訳)
(注)豊台事件は1936年6月26日と9月18日に起こった。


更に1937年7月当時の状況は次のとおり

 日本側に、冀察政務外交専員の林耕宇から「空砲で演習する場合でも、あらかじめ中国側に通告して欲しい」との要請があり、特務の方で検討する事になりました。
 北清議定書では、実弾射撃の場合は通報する事になっていますが、空砲の場合は規定されていません。
 「日本だけ勝手に規定を変える事はできない、ここは他の列強と協議してからでなければ」

 「しかし、今、不穏なこの時期、間違いがあれば大変な事になる」
 「ここは一時的に彼らの要求を通したら」
という事で、『7月6日、7日、9日、10日の4日間、日本軍が盧溝橋の原で昼夜空砲を使って演習する』という通告が、その日の晩に、中国側に通達されました。
『盧溝橋事件』寺平忠輔著(読売新聞社刊)


上記の資料から、1937年時点において支那は、日本軍の豊台駐屯を認め、また日本軍の盧溝橋城内通過も認め、さらには日本軍が盧溝橋の原で演習することも認めていたことは明白だ!






維新政党・新風
「維新政党・新風」公認・推薦・支持候補者一覧☆

しらす夏
東京都中央区議会議員選挙
投票日 4月26日
新人
推薦
HP 
http://shirasu-natsu.net/

赤坂大輔
東京都港区議会議員選挙
投票日 4月26日
現職
支持
HP http://akasaka-daisuke.com/index.html

赤坂大輔
いよいよ港区議会議員選挙が迫って参りました。
先立ちまして「赤坂大輔 活動報告会」を行います。

13日(月)19時~(18時半開場)青山いきいきプラザ(南青山2-16-5)1階敬老室
14日(火)19時~(18時半開場)赤坂いきいきプラザ(赤坂6-4-8)1階敬老室

川畑賢一
千葉県船橋市議会議員選挙
投票日 4月26日
現職
推薦
HP http://kawabatakenichi.blogspot.jp/


川東大了
大阪府枚方市議会議員選挙
投票日 4月26日
新人
公認
ブログ http://kawahigashi-d.jugem.jp/

川東大了【大阪府枚方市議会議員選挙】新人【公認】投票日4月26日
川東大了【大阪府枚方市議会議員選挙】【公認】投票日4月26日
川東大了【大阪府枚方市議会議員選挙】【公認】投票日4月26日
川東大了【大阪府枚方市議会議員選挙】【公認】投票日4月26日

藤本まさひろ
兵庫県明石市議会議員選挙
投票日4月26日
新人
推薦
twitter https://twitter.com/1208toratora



左:『21世紀の「脱亜論」――中国・韓国との訣別』 西村幸祐著 2015/4/2
右:『パラオはなぜ「世界一の親日国」なのか~ 天皇の島ペリリューでかくも勇敢に戦った日本軍将兵』井上和彦著 2015/3/12

「正しい歴史認識が重要だ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

copyright © 2015 Powered By FC2ブログ allrights reserved.